為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

「安全資産」売りか買いか、ついに決着へ。
今は悲観論から楽観論への転換の最中か

2011年10月21日(金)東京時間 12:51

 引き続き、欧州の債務危機をめぐって一喜一憂する展開となっています。しかし、それもそろそろ終わりに近いのかもしれません。

 悲観論継続で「安全資産」買いとなるのか、楽観論が広がって「安全資産」売りとなるのか、決着のときが近づきつつあるのではないでしょうか?

■悲観論から楽観論への転換はどのように起こる?

 悲観論から楽観論へ転換していく過程では、基本的に、株と金利が上がります。ただ、それが超悲観論から転換する場合、金利上昇が一筋縄のものにはならないということは、何となく想像できるところです。

 絶望的な悲観論が転換する局面では、しばらく悲観論と楽観論が交錯します。

 「良くなってきた」として金利が上がるわけですが、「そんな簡単に良くならないだろう」として金利が下がり、そのような一進一退がしばらく続きます。そして、かなり時間が経ってから、すでに局面が転換していたことが広く認識されるわけです。

 それでは、そのような絶望的な悲観論からの転換は、どのように展開するのでしょうか? それについて、「100年に一度の危機」が転換していく過程での米国金利の上昇を例にとって確認してみたいと思います。

 「100年に一度の危機」における米国の長期金利(10年債の金利)の大底は、2008年12月18日でした。そこから金利上昇が始まったのですが、再び金利が低下すると、「2番底」をその8営業日目に記録しました。

 そして、あらためて金利は上昇したのですが、「悲観論」への揺り戻しが起こると、その19営業日目に「3番底」を記録したのです。

 このように見ると、「100年に一度の危機」が転換し、米国金利の上昇が鮮明になるのは、カレンダー的には、1カ月程度の楽観論と悲観論の交錯による一進一退の後だったのです。

■「3番底」が確認できれば、相場が反転する可能性は高い

 さて、欧州の債務問題などを理由に世界経済への絶望的な悲観論が広がった中で、史上最低を更新して低下してきた米国の長期金利ですが、これまでのところ、底打ちした形となっているのは9月22日(木)です

 それから上昇に転じた米国の長期金利の「2番底」は、「資料1」のように7営業日目に記録しました。そして、19営業日目が10月19日(水)でした。

資料1

 前述のように、「100年に一度の危機」に伴う超悲観論からの転換局面では、まさに19営業日目に「3番底」を確認した後、楽観論への転換が一般化するところとなったのです。

 その意味では、今回、もし超悲観論からの転換が始まっているとしても、このタイミングで悲観論への揺り戻しが起こるのは、理屈抜きで「そんなもの」ということなのでしょう。

 そして、このタイミングでも米国の長期金利が2%を大きく割り込まず、数日以内に反発へ転じて「3番底」を確認したら、いよいよ楽観論への転換が一般的に認識されるのかもしれません

 もちろん、ここで「3番底」を確認できなければ、まだ超悲観論が続いているということになります。

 いずれにしても、足元はそのような重大局面に差し掛かっているということになりそうです。

■豪ドル/米ドルの上がり過ぎ懸念はかなり修正された

 さて、夏以降に金融市場で悲観論が広がり、リスク回避が拡大したため、通貨のリスク資産と位置づけられている高金利通貨も一時急落しました。

 ただし、この結果、高金利通貨の割高感はかなり修正されたようです。

 悲観論が続いて「100年に一度の危機」が再来しないかぎり、さらなる高金利通貨の下落の可能性は限られると思うのですが、はたして、どうでしょうか?

 豪ドルの対米ドル相場で5年移動平均線からのカイ離率を見ると、一時は3割近くまで拡大していました。これは「資料2」のように、経験的に、上がり過ぎ懸念がかなり強いことを示すものでした。

 その意味では、一時1.1ドル台まで「豪ドル高・米ドル安」となった動きは、行き過ぎだった可能性がありそうです。

資料2

 ただ、9月末に豪ドルが1ドルを大きく割り込んだところで、このカイ離率は1割程度まで縮小しました。その意味では、対米ドルでの豪ドルの上がり過ぎ懸念はかなり修正されたと言えそうです。

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 66505人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で8000円! インヴァスト証券[シストレ24]

インヴァスト証券[シストレ24]

通常最大1万円に加えてザイFX!限定でさらに8000円+今ならダイヤモンドZAi12月号別冊付録

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

4年連続でFX取引高世界第1位を達成! ザイFX!限定3000円キャッシュバック

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](2月28日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](2月28日まで)
  • 最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[トライオートFX](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](3月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.39112.85

USDJPY

豪ドル/円-0.6086.53

AUDJPY

トルコリラ/円+0.2431.05

TRYJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム








 
02月13日更新


ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門