為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

ギリシャの悲劇は、まだ開演したばかり。
ユーロ/ドルは来年にもパリティ割れとなる

2011年11月04日(金)東京時間 18:25

■危機の連鎖が広がるリスクが高まっている

 為替マーケットは再び、米ドル高の基調に戻ってきた。

 日本政府・日銀の円売り介入、FOMC(米連邦公開市場委員会)後の量的緩和含みの声明、ECB(欧州中央銀行)の利下げ、ギリシャの国民投票をめぐる混乱など、今週は目まぐるしく材料が噴出した。

 そのような中、財政悪化懸念のあるギリシャ、イタリアなどの国債価格が下げ止まらない。米金融大手のMFグローバル・ホールディングスが経営破綻したが、これにより、危機の連鎖が広がるリスクが高まっている。

ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足

 ユーロのソブリン危機に関する新たな材料として、次の2点に注目しておきたい。

 まず、ギリシャの首相が突然、独仏との相談なしで国民投票案を持ち出したように、EU(欧州連合)の決定に対して、必ずしもEU内部の「主権国家」が従うとは限らないということだ。

 今後も、EUの決定が遂行されるか否かということとその効果については、各国の政治事情に左右され続けるだろう。

 つまり、危機とその対応策しだいでは、このようなEUの構造的な欠陥が、結束どころか「離心力」として作用してくる恐れさえある。

 また、中国の胡錦濤国家主席が訪欧した際、サルコジ仏大統領が胡錦濤主席に資金拠出を直に要請したが、このことで、EUがソブリン危機に対応できるだけの資金力を持っていないことが明らかになった。

 この点について、ドイツやフランスといったEUの「優等生」の資金力からすると、この見方が必ずしも正しいとは限らないが、「優等生」の出し惜しみでEU自体が「金欠」の状況にあることは間違いない

 中国などの発展途上国に資金援助を乞うサルコジ大統領の姿勢は、「安易な道に逃げこむ」という言葉そのものであろう。

 個人から企業、そして国家まで、安易な道を選んだのは、打開策に困り、あせって決断したためであるだろうが、だからこそ、明るい将来は描きにくい。

中国が安易にEUを助けることはまずない

 ところで、中国は世界2番目の経済大国に成長してきたが、そうは言っても、EUを救えるだけの体力は持っておらず、その意欲もないだろう。

 そもそも、都会に住み、中産階級に属する中国人の年収(1人平均ではないことに注意していただきたい。貧富格差の大きい中国では平均年収はあまり意味をもたないため、ここでは中産階級のみを取る)でも、ドイツ人の6分の1ぐらいしかない。

 EUの「富裕層」が出し惜しみする中、中国がヘタに首を突っ込むと、国民の反発を招くと見込まれる。

 また、EUは中国の市場経済地位の認定を拒み、武器やハイテク技術の対中輸出封鎖を続けており、人権問題に関するあつれきも多い中で、EUの譲歩を引き出せないうちに、中国が安易にEUを助けることはまずない

 そのあたりはEUのほうも承知しているようで、EU高官は「資金援助を引き出すための対中譲歩なし」と強調し、「対中ハト派」をけん制している。

 したがって、サルコジ大統領が片思いだけで送った「秋波」は、「秋」というタイミング(季節)は合っていても、実らないだろう。

 そうなると、最後の頼りは「EFSF(欧州金融安定化基金)」しかないため、そのレバレッジ化が応急措置として導入されたのだ。

 しかし、EFSFのレバレッジ化は、より深刻な、場合によっては破滅的な結果を招く恐れがあることを見逃してはならない「EU債務危機対応策に問題あり!壊滅的な結果を招くリスクも!!」を参照)

 サブプライムという金融商品を思い出していただきたい。

 買い手にとって、サブプライム債券は魅力的に見えていたが、その中身は不良債権のかたまりであった。当初、購入者にその中身が見えなかったのは、サブプライム自体がレバレッジ化され、中身が見えづらかったからだ。

 結果的に、サブプライム危機は商品のレバレッジ化によって数十倍、数百倍に拡大され、その後、リーマン・ショックを引き起こしたことは記憶に新しい。

EFSFのレバレッジ化は市場の信頼が得られていない

 レバレッジ化されたEFSFは、政府債券に対して協議で定められた範囲内で、一定の損失を提供する機能を持っている。いわば「保険」のようなものだ。

 だが、EFSF自体がトリプルA格付けの国家の信用と担保に依存している以上、レバレッジ化が主権債務をデリバティブ商品化し、価値の算定を難しくしている。

 サブプライム問題の際も、サブプライム債券の購入者が、そのほとんどが機関投資家であったにも関わらず、商品価値を「本当に」計算できなかったのは、そのためである。

 したがって、レバレッジ化された後のEFSFはサブプライムに近い仕組みとなる。そのため、たとえばフランスなど、信用を担保していたトリプルAの国が最高格付けを失えば、商品価値を正当に評価できなくなり、一層の疑心暗鬼を招くことになる。

 つまり、担保国の信用の消滅はEFSFの最高.格付けの消失を意味するため、事態がますます悪化する可能性が高い。

 最近のマーケットを見ていても、イタリア国債の利回りはユーロ導入後の最高水準を超えてきており、このことが示すように、EFSFをレバレッジ化するといった案が市場の信頼を得ているとは言いがたい

 むしろ、財政懸念のある「PIIGS」の国々が独自に発行した国債価格が下落し、ある水準を超えた損失になると、EFSFと担保国にとっては全額損失となってしまう。そのため、レバレッジ化されたEFSFが発端となって、サブプライム問題と同じような危機へと拡大する公算は大きい。

来年には、ユーロ/米ドルはパリティ割れか?

 もはや、ユーロのソブリン危機は、テクニカル手法によって解決することはできないだろう。

 このコラムでも何度か指摘しているように、本質的に、ユーロの問題は政治問題である。それだけに、独仏などの大国主導の抜本的な改革がなくては、すべての方策は問題の先送りとなってしまう。それは結果的に、より大きな「災難」を招くだろう。

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!/ザイ・オンライン関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](2月28日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)・セントラル短資FX[ウルトラFX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)・インヴァスト証券[シストレ24](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)・インヴァスト証券[トライオートFX](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](1月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

通常5000円に加えて3000円追加キャッシュバックが貰えるのはザイFX!だけ

link

限定含めて1万8000円!

インヴァスト証券[トライオートFX]

通常の最大1万円+ザイFX!限定で特別に8000円

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.30114.55

USDJPY

ユーロ/円+0.06122.52

EURJPY

英ポンド/円-0.09141.63

GBPJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム






 
01月16日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門