FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

過去最大に近い売られ過ぎ!
ユーロ/円への為替介入はあるのか?

2012年01月20日(金)東京時間 13:19

【DMM FX】ザイFX!限定! 口座開設+初回取引で4000円キャッシュバック

■ユーロ圏諸国の国債格下げ後のユーロ高、その理由は?

 ユーロ安は欧州の国債格下げ後もすぐに行き詰まり、格下げ前よりむしろユーロ高へ戻ってきたわけですが、それはなぜだったのか?

 まず、考えられるのは、金融緩和などユーロ売りの環境にあるとはいっても、それにしてもユーロはさすがに極端な「売られ過ぎ」だったのではないかということです。

 「資料1」は、投機筋のユーロのポジションです。

資料1

 ユーロは「売られ過ぎ」といったことを、このコーナーで私もかなり前から言ってきたような気がしますが、この資料のように、最近にかけてついにユーロ売り越しは15万枚程度といった空前の規模に拡大していたのです。

■最近のユーロ売りは2007年の円売りの状態に近い!

 人間の感覚として、「売られ過ぎ」と言われながらも、いつまでもユーロ売りが止まらないと次第に鈍感になり、感覚が麻痺してくるかもしれません。しかし、無限ということはなく、いつかは終わりが来るわけです。

 ユーロと円で違う点はあるでしょうが、かつて円売りが終わらないような錯覚も出てきた中で、結果的には「バブル」の状態になり、ついには二度と再び到達することがないかもしれないピークに達したのは、2007年6月。そのときの投機筋の円売り越しは18万枚でした(「資料2」参照)

資料2

 最近のユーロ売りがそれに近づいていたということは、ちょっと気になるところです。

■ユーロ売りが「バブル」につながる可能性は?

 金融を緩和し、そして、債務危機の中で財政政策も引き締めざるを得ない欧州では、経済政策の組み合わせ、つまりポリシーミックスの上では教科書的に通貨安、つまりユーロ安に誘導するのは当然の結果です。

 にもかかわらず、そんなユーロの対米ドルでの適正価格、購買力平価は1.2ドル程度ですから、最近のユーロ/米ドルはまだまだ適正価格より「割高」と考えられるわけです。

 ユーロ安政策をとり、なおかつ、まだユーロが「割高」なら、ユーロの下落は当然過ぎる結果といえるでしょう。

 ただ、気をつけなければならないのは、そんなふうに誰が考えてもケチのつけようのない局面でこそ、むしろ「バブル」が起こるものだということです。

 売り買いが賛否両論の中では、「バブル」は起こりません。100人中100人すべてが売りとなれば、それはバブルへの懸念が出てきます。

 最近のユーロ売りがそこまでのものかはともかく、ちょっと気になる点ではあったでしょう。

■欧州格下げは事前予想ほど悪い内容ではなかった

 もう1つ、純粋に今回の欧州格下げは、事前に予想されたより悪い内容ではなかったということもあると思います。

 それを「資料3」として、簡単にまとめてみました。

資料3

 まず、事前には、ユーロ圏の加盟国すべてが格下げの対象とされていたのですが、結果的にはドイツなどの格下げは行われませんでした

 そして、最大の焦点となっていたフランス国債の…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2279人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 85245人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

ビットコイン/円0.00392084.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル-0.10003556.0000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ-1.40003125.2000

XBTEUR
Powered by kraken
ザイFX!Twitter
ザイFX!facebook

4日続伸で、110円の大台に迫ってきた米ドル/円。一気に節目越えなるか!? 1日21(月)~1月25日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

年初の急落後、109円まで戻してきたものの、越えられずに108円割れまで下落した米ドル/円。1月14日(月)~1月18日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

大波乱の株式市場を尻目に、わずか10円ほどの値幅しかなかった2018年の米ドル/円。新年早々急落となった2019年の終値は2018年の終値と比べてどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






 
01月21日更新






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果








サクッとわかるFX入門