FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

「問題児」ユーロの反発が続くワケは?
切り返し一服との性急な判断は避けたい

2012年02月03日(金)東京時間 17:09

■言われるほど、QE3を危惧したドル売りは見られない

 為替市場では、米ドル安の基調が続いている。ドルインデックスは78.62まで反落し、円をはじめ、主要通貨は対米ドルでの高値圏をキープしている。

 先週のFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果を踏まえた米ドル売りであるが、そのような中、2月3日(金)の米国雇用統計は注目される。結果が芳しくなければ、「QE3(量的緩和策第3段)」の蓋然性が一段と強まり、さらなる米ドル売りにつながるといった見通しや解説をよく耳にする。

 しかし、少なくとも投資家動向に関する最近の統計を見ると、「QE3」の可能性を危惧した米ドル売り・外貨買いの傾向はあまり見られない。むしろ、多くの投資家は米ドルの調整で押し目買いを断行しているようだ。

 ちなみに、ここで言う「投資家」には、プロとアマチュア、機関投資家と個人投資家の両方が含まれる。一般論として、IMMの先物市場における投機筋はプロ、店頭市場のデリバティブ(FX)を行う投機筋はアマチュアとされる。

 だが、最近は一概に、そうとも言えない側面がある。店頭市場にプロの機関投資家が参入してくるケースも見受けられるのだ。

 これは、ヘッジファンドをはじめ、手の内を見せたくないプロが先物市場の利用を避ける傾向にあるためだが、それでも、大まかな見方としては通用するだろう。

 なお、彼らの行動パターンが、通貨ペアによって異なっていることも付け加えておく。

■FOMC当日のユーロ/ドルは、なぜ大きく上昇したのか?

 さて、ユーロ/米ドルをIMMデータで見ると、1月24日(火)時点の統計では、ネット・ショートは17万1347枚まで増加し、史上最高レベルを再更新した

 その翌日にFOMCが行われているため、この数字にはFRB(米連邦準備制度理事会)の政策の影響は織り込まれていないと見られるものの、その後のユーロ/米ドルの値動きを考慮すれば、市場参加者のユーロ売りの意欲はFOMC後も弱まっていないと思われる。

IMMのユーロのポジション動向

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:シカゴIMM通貨先物ポジションの推移

 ここで、筆者が2月1日(水)午後に発行したレポートの一部をご覧いただきたい。ユーロ/米ドルの値動きの特徴をよくとらえており、市場センチメントを探るヒントが隠れていると思っている。

 「昨日ユーロは急落した。高値更新できなかったことを受け、一部ロング筋の手仕舞いが主因と思われるが、圧倒的にショート筋が多い局面では、教科書通りに動くかどうかは慎重な姿勢でフォローしていきたい。

 図示のように、28日高値をトップとしたヘッド&ショルダーズ(三尊型)といったフォーメーションが形成され、昨日の安値がそのネックラインを一時破っていた。通常のケースでは、素直に下放れし、安値更新して同フォーメーションのターゲット(1.2930前後)に照準する公算は高い(黄色矢印の指示通り)。

ユーロ/米ドル 1時間足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 「しかし、切り返しのトレンドが強い場合、所謂『ダマシ』のサインもよく見られ、『ダマシ』というシグナル自体の存在がその後のトレンドを更に推進する原動力になるケースもある。

 前例として24日から25日にかけて時間足に形成された『トリプルトップ』フォーメーションの形成とその後の上放れ(ダマシ)が挙げられ、1.2623を起点とした上昇チャネルの再規定もあり、1.3025/40にサポートされ、再度切り返す可能性も注意しておきたい(赤色矢印の指示通り)。

 なお、1.2623を起点とした上昇変動は18日以来、初めて200時間線まで反落しており、一旦サポートされるケースも多い。

 何れにせよ、短期スパンでは状況は流動的で、本日臨機応変で対応したいが、仮に『三尊型』の通りに下放れしたとしても、売りポジションの多さに鑑み、1.2623を起点とした反騰を終焉させるではなく、大型調整をもってスピードを緩める公算が高いと見る。ドルの底打ちはなお先か」

 実際のところ、ユーロは1.3026ドルの安値をつけてから、1.3218ドルまで大きく反発した。

 このレポートを発行した2月1日(水)は、ユーロの「三尊型」を売りサインととらえる分析がたくさん出ていたので、多くのトレーダーが新規で売り参入してきたと見ている。ゆえに、ユーロは下がらず、大きく反発した。

プロもアマも、戻り売りばかりを狙っている

 教科書どおりに行かないのが「相場の常」である。とはいえ、「問題児」のユーロが連続で「ダマシ」を出して続伸し続けられるのは、1つの原因しか考えられない。

 それは、すなわち…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 145人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 76634人 ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で6000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.3銭!いま当サイト限定キャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高5年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で5000円キャッシュバック!

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
DMM.com証券[DMM FX]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.31110.81

USDJPY

ユーロ/円+0.20135.62

EURJPY

ユーロ/米ドル-0.00171.2239

EURUSD
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS


相場を見通す 超強力FXコラム

 
01月17日更新




 
01月15日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門