為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

続・これがドル/円の基調転換判定法だ!
今週末に80.5円を超えているかが大問題

2012年02月21日(火)東京時間 12:59

 いよいよ、米ドル高・円安への基調転換を試す動きになってきました。

 私は、基調転換を判定する最初の目安は、米国金利が上昇するか、否か、そして、今週末に80.50円を超えられるかだと見ています「米ドル高・円安へ基調は転換したのか?52週移動平均線との関係で判定できる!」を参照)

■52週移動平均線で、基調転換を判定することができる

 久しぶりに、米ドル高・円安となってきました。

 足元では79円を超える米ドル高・円安となっていますが、これは「資料1」のように、2010年春以来の52週移動平均線の上放れを試す動きということになります。

資料1

 ちなみに、この52週移動平均線には、いわゆる「ダマシ」が少ないという特徴があります。

 「資料1」に、米ドル高基調の中での一時的な52週移動平均線からの下ブレと、米ドル安基調の中での一時的な52週移動平均線からの上ブレの局面、すなわち「ダマシ」に「○印」をつけてみました。

 すると、最大でも4%以上カイ離しておらず、最長でも1ヵ月以上続いていなかったことがわかります。

 これを参考にしてみましょう。もし、まだ米ドル高へと基調転換しておらず、この動きが米ドル安・円高基調の中の一時的な米ドル高、すなわち「ダマシ」に過ぎないなら、今週末の終値が80.50円よりも米ドル高になることは難しそうです。

 ましてや、82円以上になるのはまず無理で、3月中旬までに再び79円を大きく割り込んでいくといった計算になります。

 逆に言えば、米ドルがすでに大底を打ち、米ドル高への基調転換が始まっているならば、前述のような条件が、ことごとく否定されていくことになります。

 つまり、今週末の終値が80.50円を大きく上回り、82円を超えて、3月中旬以降まで1ヵ月以上にわたり、52週移動平均線を上回るならば、経験的には「ダマシ」ではないことになります。

■今週末の終値が80円を大きく上回っているかがカギ

 さて、今回の米ドル安・円高の基調は5年目に入っていますが、昨年秋の75円台で終了し、ついに米ドル高・円安へと転換したのでしょうか? それとも、それはまだなのでしょうか?

 改めて「資料1」を見てみると、そもそも、52週移動平均線の大きな「ダマシ」は、1つの基調の中でそう頻繁に起こるものではなかったようなのです。

 その意味では、今回の「ダマシ」の見極めは早く決着できそうです。つまり、今週末の終値が80円を大きく上回るようならば「ダマシ」ではない可能性が高まるし、逆に言うと「ダマシ」ならば、今週中にも米ドル高が一服し、伸び悩みが鮮明になる可能性が高いのではないでしょうか?

 つまり、米ドル安基調がまだ続いているのか、米ドル高へと基調転換したのか、その「審判の時」は、それほど遠い話ではないと私は考えています。

 そして、どのような「審判」が下るのか、そのカギを握っているのは米国の金利ではないでしょうか?

■基調転換には、米2年債利回りが0.3%を上回ることが必要

 「資料2」は、日米の2年債の利回り差と米ドル/円を重ねたものです。これを見ると、2年債利回り差の米ドル優位が拡大している状況に比べて、米ドル高・円安の進み具合が少し早過ぎるように見えます。

 米ドルが52週移動平均線を完全に上振れる動きを、日米金利差が正当化するためには、具体的には、米国の2年債利回りが0.3%を大きく上回り、それを受けて、金利差の米ドル優位が0.2%を大きく上回っていくことが必要でしょう。

資料2

 もう一度、上に示した「資料1」に戻って、前回、米ドルが一時的ながらも52週移動平均線を上振れた局面を見てみると、2010年4~5月でした。この時は、FRB(米連邦準備制度理事会)がいわゆる「出口政策」を模索したものの、ギリシャ危機の拡大によって白紙に追い込まれた局面でした。

 以上から、52週移動平均線をめぐる攻防で、米ドル高への基調転換を試す局面では、FRBが利上げへの政策転換を試し、米ドルの市場金利の上昇見通しが広がる必要があると言えそうです。

 今回の場合も、このような条件が、これからどれだけ追随できるかがカギになると思います。

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 68588人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](4月30日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](4月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+最大10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](5月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](6月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[ウルトラFX](6月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](5月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](4月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](4月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引で+1,000円、10万通貨以上の新規取引で+1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で+1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](5月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
DMM.com証券[DMM FX]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.14111.39

USDJPY

豪ドル/円+0.1383.22

AUDJPY

NZドル/円+0.0476.56

NZDJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム






 
04月24日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門