FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

三角保ち合い下抜け後、米国雇用統計で
乱高下した米ドル/円。今後の戦術は?

2012年06月06日(水)東京時間 16:50

■79.50円のサポートを割り込んだ米ドル/円

 米ドル/円は下値79.50円近辺がサポートになっていたが、セオリーでは下値79.50円近辺を「明確に」下に割り込む場合は、米ドル/円のロング(買い持ち)はいったん損切りを敢行するべきところであった。

 そして、2012年5月17日(木)のニューヨーク市場で、明確に79.50円を割り込んだ。

 正攻法で、米ドル/円をロング(買い持ち)にして、ストップ・ロスを79.30-40円水準に置いていた場合は、この時点(5月17日)でそのストップ・ロスが遂行された状態だ。

 いったん損切りを敢行したその後は、目先はスクエア(ポジションなし)にして次の展開を見極めるところ、と考える。

 2012年5月17日(木)以降の値動きでは、一時、79.00円を割り込み、78円台を見ている。この78円台後半が目先の安値になる可能性もあった。

 この目先の安値(あるいは安値の少し下)にストップ・ロスを置いて、少額の「米ドル買い・円売り」を行うのも、戦術の1つであると考えた。

 ただし、この時点ではまだ底値を確認したとは言い難く、78円台後半にストップ・ロスを置いて「買う」戦術は、見切り発車的なギャンブルと言える。 

 「相場はしょせんギャンブルにすぎない」と考えるならば、この78円台後半が目先の安値になる可能性に賭けることも、可(よし)である。ただしその場合には、新値更新ですぐに損切りを敢行すべきだ。

 そして結局、78円台後半を下に抜けて目先の安値を更新したので、上述のギャンブルは失敗に終わっている。

■三角保ち合い(ウェッジ)を下抜けした米ドル/円

 ここで、米ドル/円の1時間足チャートをご覧いただきたい。

 下の1時間足チャートには、補助線を描いて「三角保ち合い(ウェッジ)」を表示している。

米ドル/円 1時間足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 このウェッジは時間の問題で、いずれ必ずどちらかに抜けるのが明白であったが、上に抜けても80円台ミドルがレジスタンスで待ち構えているし、下に抜けても78円台後半がサポートになっていた。

 80円台ミドルを明確に上に抜ける場合が「買いシグナル」、78円台後半を明確に下に抜ける場合が「売りシグナル」である。

 よって、現状は短時間のチャートで見る限りでは、78円台後半を明確に下に抜けて、「売りシグナル」が発せられた状態になっている。

 現状をどう考えるかであるが、米ドル/円に関しては、「目先はスクエア(ポジションなし)にして、次の展開を見極める」に徹した方が良いと考えている。

■ユーロ/円の下落が米ドル/円に影響を及ぼした

 今回の米ドル/円の下落の原因に、「ユーロ/円下落の影響」がある。

 「ユーロ/円の下落」は、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)の下落の引鉄(ひきがね)になっており、英ポンド/円や豪ドル/円も、大きく下落している。

 このようなクロス円での「売り」が、米ドル/円の「売り圧力」になっている。

クロス円の下落傾向はまだ収まっておらず、引き続き米ドル/円に「売り圧力(プレッシャー)」を与える、と考える。そう考えると、米ドル/円の取引は、目先では敬遠した方が良いと判断する。

■1時間足ではらみ寄せを形成するもセオリーどおりにいかず

 米ドル/円相場は、2012年6月1日(金)の米国雇用統計(米国失業率)を材料に、短時間で(=1時間で)、「安値77円台後半程度~高値78円台後半程度」の大きな上下動を示している。

米ドル/円 1時間足(再掲載、クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 その後の1時間足チャートは、「安値77円台後半程度~高値78円台後半程度」のレンジ内にスッポリと収まっているので、その形状から言えば「はらみ寄せ」を作っていた。

 よって、「はらみ寄せ」のセオリーに従うのならば、

 ・「安値77円台後半程度」を下に抜ける場合は「売り」
 ・「高値78円台後半程度」を上に抜ける場合は「買い」

 となる。

 上のチャートを見てわかるとおり、「はらみ寄せ」の高値を上に抜けたので、目先「買いシグナル」を発したのだが、「ピンクの破線」で示した78円台後半で上値を抑えられた形になっている。

 よって、78円台後半を明確に上に抜けて79円台に乗せる場合は、改めて「買いシグナル」と考える。

 ただし、こういった「はらみ寄せ」のセオリーは、短時間のチャート分析では外れるケースも多々ある

 つまり、このようなセオリーは日足チャートやもっと長期のチャートで使うべきで、1時間足チャートの場合は、あくまでも目安として意識する程度のものなのだ。

 では、次のページから、月足、週足、日足の順にご覧いただこう。

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75798人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
DMM.com証券[DMM FX]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.00113.56

USDJPY

豪ドル/円+0.3685.83

AUDJPY

トルコリラ/円-0.0629.51

TRYJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム


 
12月12日更新



 
12月11日更新







ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門