FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

ギリシャはユーロを離脱すると思う?
ギリシャ再選挙前に個人投資家の見方は?

2012年06月12日(火)東京時間 12:00

■個人投資家は、ギリシャのユーロ圏離脱をどう見ている?

マネックス証券が定期的に実施しているマーケット環境に対する顧客の意識調査「個人投資家サーベイ」の中で、興味深いデータを発見!

 意識調査では、個人投資家の株式市場に対する見方も示されていますが、今回注目したいのは、「ギリシャはユーロを離脱するか?」というもの。

 先行き不透明なギリシャ問題。直近では、スペインの債務問題がクローズアップされることも多いようですが、6月17日(日)に再選挙を控え、再びマーケットのギリシャに対する関心は、高まっていると言えそうです。

 ちなみに、今回の調査は、2012年5月25日(金)~28日(月)までの期間で、マネックス証券に口座を持つ顧客を対象に実施され、回答数1109件を元に結果が発表されています。

■6割の投資家がギリシャはユーロ圏を離脱しないと予想

 さて、個人投資家は、ギリシャのユーロ圏離脱についてどのように見ているのでしょうか。

マネックス証券の調査によると、「ギリシャはユーロ圏から離脱すると思うか」との問いに対し、離脱すると答えた投資家は38.7%、反対に離脱しないと答えた投資家は、61.3%

ギリシャは、ユーロ圏から「離脱しない」というのが、個人投資家の多数派意見になっているようです。

■その後のユーロ、株式市場はどうなると思う?

 また、ギリシャがユーロ圏から「離脱した場合」「離脱しなかった場合」それぞれにおいて、その後の「ユーロや株式市場はどうなると考えるか」との問いに対しては、以下の回答を示しています。

「離脱する」と回答した投資家のうち、53.8%「あく抜けして底打ちする」と回答。

 “あく抜け”、つまり“悪い材料”が出尽くすことによって、ギリシャ問題はひと段落し、マーケットは回復に向かうのではないかと考えている模様。

「大混乱に陥って下落する」と、さらなる事態の悪化を懸念しているのは、34.7%に留まっています。

一方「離脱しない」と回答した投資家のうち、51.8%「依然不透明材料が残り相場の低迷が続く」と回答しており、36.3%「当面ユーロへの残留が明らかになれば底打ちして上昇する」を押さえて、過半数を占める結果に。

 「離脱しない」と回答した投資家は、「離脱する」と回答した投資家よりも、ギリシャがユーロ圏に残留するかどうかが明らかになった後も、この問題が「長期化する」と見ていることがわかります。

 「離脱する」と回答した投資家の方が、「離脱しない」と回答した投資家よりも、残留可否決定後のマーケット環境を楽観視している割合が高いとみることもできそうです。

 連日、メディアでもセンセーショナルにギリシャのユーロ圏離脱について取り上げられていますが、個人投資家のみなさんは、意外と冷静です。

■学識者やマーケット関係者の反応は?

 では、個人投資家以外のマーケット関係者の反応はどうでしょうか。

マネックス証券チーフストラテジストである広木氏は、「個人投資家サーベイ」の中で次のような見解を示しています。

 広木氏によると、ヘッジファンドや運用会社のコメントを見ると、離脱するかしないかが半々くらいで、拮抗しているとのこと。

 一方、学識者の意見は、ノーベル経済学賞受賞者であるポール・グルーマン氏が「ギリシャは恐らく6月にもユーロ圏を離脱するだろう」との見解を示すなど、「離脱する」との意見が多数を占めているようです。

 もろもろ勘案すると、マーケットの認識は、「離脱する」が38.7%、「離脱しない」が61.3%と回答した個人投資家の認識と近いのではないか? と広木氏は述べていますが、果たして、ギリシャはどちらを選択するのでしょうか?

 引き続き、今後の動向に注目していきましょう!

■ギリシャ、ユーロ圏離脱の可能性は10%以下との見解も

 また、ギリシャ問題に関してザイFX!編集部では、ソシエテ ジェネラル証券の島本氏に取材を行いました。

 ズバリ、ギリシャのユーロ圏離脱の可能性について、何%くらい? とストレートな質問をぶつけたところ、「せいぜい10%もない」との回答が。

 離脱の確率が現時点で50%以上あるようなら、今ごろギリシャの銀行では取り付け騒ぎが起こっているはずだ、とも。

 島本氏からは、ギリシャにユーロ離脱のメリットなし! との見解が示されています。

 上述の学識者とは、まったく異なる意見。マーケット関係者の間でも意見が分かれているという広木氏の見解が、裏づけされるようです。

 それだけ、この問題の先行きを判断するのは難しいということなのでしょうか。

 興味深い内容ですので、あわせてチェックしてみてください。

【参考記事】
ソシエテ ジェネラル島本幸治さんに聞く(1)ギリシャがユーロを離脱する確率は何%?
ソシエテ ジェネラル島本幸治さんに聞く(2)ユーロ圏全体の財政は実はあまり悪くない
ソシエテ ジェネラル島本幸治さんに聞く(3)ユーロはジリ安が続くが、暴落はない

 さて、冒頭に記載したとおり、直近の注目イベントとしては、6月17日(日)のギリシャ再選挙が挙げられます。

 ギリシャは、ユーロ圏を離脱するのか、しないのか。また、その後のマーケットはどのように変化をしていくのか…

 まだまだ目が離せませんね。

(ザイFX!編集部・向井友代)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 72076人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.26109.33

USDJPY

豪ドル/円-0.3686.34

AUDJPY

トルコリラ/円-0.0831.25

TRYJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
08月21日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門