為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報
バックナンバー

FOREX.com Japan[MetaTrader4]が、
10通貨ペアのスプレッドを縮小!

2012年07月26日(木)東京時間 12:26

FXトレード・フィナンシャルは当サイト限定で3000円キャッシュバック!

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 今回は、FOREX.com Japan[MetaTrader4]のスプレッド縮小をピックアップしたいと思います。

FOREX.com Japanと言えば、ゴルゴ13のイメージが強いという方もいるかもしれませんが、米大手FX会社ゲイン・キャピタルグループのグループ会社です。

 そんなFOREX.com Japanが、2009年10月よりサービス提供を開始した[MetaTrader4]口座が、2012年6月に口座開設数25,000件を突破しました。

 これは、口座数を公開している主要FX会社のメタトレーダー(MT4)口座の中ではトップとなります。

MT4取扱い会社口座数比較

 そして、口座数が大台に乗せたことを機に、2012年7月9日(月)より、FOREX.com Japan[MetaTrader4]10通貨ペアのスプレッド縮小を実施しました。

FOREX.com Japan[MetaTrader4]新旧スプレッド

 いずれもメジャー通貨ペアばかりで、内容もかなり大胆な縮小となっています。

 以前のFOREX.com Japan[MetaTrader4]は、他社と比べてスプレッドが広めなところが懸念点ではありましたが、今回の縮小によってそのハードルは低くなりました。

 というわけで、手数料無料の国内メタトレーダー(MT4)口座における、主要通貨ペアスプレッドを比較してみましょう。

MT4口座の米ドル/円スプレッド比較 (2012年7月26日現在)
MT4口座のユーロ/円スプレッド比較 (2012年7月26日現在)
MT4口座の英ポンド/円スプレッド比較 (2012年7月26日現在)
MT4口座の豪ドル/円スプレッド比較 (2012年7月26日現在)
MT4口座のNZドル/円スプレッド比較 (2012年7月26日現在)

【参考コンテンツ】
メタトレーダー(MT4)が使えるFX会社徹底比較!:取引コストで比べる「米ドル/円」スプレッドの狭い順
メタトレーダー(MT4)が使えるFX会社徹底比較!:取引コストで比べる「ユーロ/円」スプレッドの狭い順
メタトレーダー(MT4)が使えるFX会社徹底比較!:取引コストで比べる「英ポンド/円」スプレッドの狭い順
メタトレーダー(MT4)が使えるFX会社徹底比較!:取引コストで比べる「豪ドル/円」スプレッドの狭い順
メタトレーダー(MT4)が使えるFX会社徹底比較!:取引コストで比べる「NZドル/円」スプレッドの狭い順

 こうして比べてみると、米ドル/円はまだ上がいますが、そのほかのクロス円通貨ペアはトップ水準となっていることがわかります。

 通常口座だけでなく、メタトレーダー(MT4)口座のスプレッド競争から目が離せません。

 ちなみに、FOREX.com Japan[MetaTrader4]のスプレッドには、[レギュラースプレッド][Proスプレッド]の2種類があり、上記のスプレッドは新規口座開設者に適用される[Proスプレッド]となっています。

 [Proスプレッド]のほうが[レギュラースプレッド]よりも狭く、両者の違いはスプレッドのケタ数にあります。

 [レギュラースプレッド]は米ドル/円、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)が下2ケタ、それ以外の通貨ペアは下4ケタ、[Proスプレッド]は米ドル/円、クロス円が下3ケタ、それ以外の通貨ペアは下5ケタの表示となっています。

(※キャンペーンの詳しい条件などについては、FOREX.com Japanのウェブサイトなどで必ずご確認ください)

>>>FOREX.com Japan[MetaTrader4]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください

(ザイFX!編集部見習い・葉那子)

MT4が使えるFX会社徹底比較!
ザイスポFX!about Meta Trader
ザイFX!編集部

このコーナーではザイFX!編集部がメタトレーダー(MT4)に関する、あらゆる最新情報をお届けします。
そのジャンルは「FX会社のキャンペーン」「FX会社の新サービス」「MT4インディケーター」「MT4便利ワザ」「MT4最新情報」の5つ。5つのジャンルごとにバックナンバー一覧も表示可能。メタトレーダー好きなトレーダーさん必見のコーナーです。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

記事ジャンル別バックナンバー

  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報


>>>バックナンバー一覧

MT4が使えるFX会社徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

ザイ オンライン
ザイFX!に戻る
超図解メタトレーダー入門

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)

    ・IG証券[ミニ取引](2月28日まで)

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)

    ・IG証券[標準取引](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)

    ・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)

    ・セントラル短資FX[ウルトラFX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)

    ・トレイダーズ証券[みんなのFX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)

    ・インヴァスト証券[シストレ24](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)

    ・インヴァスト証券[トライオートFX](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)

    ・ヒロセ通商[LION FX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)

    ・JFX[MATRIX TRADER](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)

    ・FXプライム byGMO[選べる外貨](1月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。