FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

サポート・ラインを割り込んだユーロ/円。
一段下のサポートを割り込めば売り乗せ!

2012年09月26日(水)東京時間 16:44

■急上昇したユーロ/円だが欧州経済はさらに悪化の可能性

 今回はユーロ/円の分析を行なう。

 まず、下の4時間足チャートをご覧いただきたい。

 ユーロ/円は、「緑の破線(太線)」で示したサポート・ラインに従って上昇していたが、101円台ミドルを上に抜けると、その上昇スピードを加速させている(「緑の破線(細線)」は「緑の破線(太線)」の平行線)

101円台ミドルから102円台に乗せたあたりに、ストップ・ロス(損切り)が集中していた、と考える。

ユーロ/円 4時間足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 直近の上昇に注目すれば、「ピンクの破線(太線)」で示したサポート・ラインに従って上昇していた、と言える。

 大局で考えれば、ユーロ危機(欧州債務危機)はいまだに解決策が示されておらず、ギリシャに端を発した危機はスペインに波及した、と考える。

 そして、今後もヨーロッパ経済は、もう一段悪化するだろう

 解決策がない(提示されていない)のならば解決するはずがなく、さらに悪い状態になると考えることが常識的、論理的な発想だと思う。

■サポートラインを割り込んだら「ユーロ売り」が正攻法

 欧州経済がもう一段悪化するのならば、いずれ目先のサポート・ライン「ピンクの破線(太線)」を割り込み、さらに、目先のサポート・ライン「緑の破線(太線)」も割り込み、ユーロ/円は下落する、と考えてきた。

 そして、下のチャートを見ればわかるように、目先のサポート・ライン「ピンクの破線(太線)は、すでに割り込んだ

 このサポート・ライン「ピンクの破線(太線)」を下に割り込むのを待って、「ユーロ売り・円買い」をするのが正攻法と考えていた。

ユーロ/円 4時間足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

「ピンクの破線(太線)」を割り込み、さらに「緑の破線(太線)」も割り込む場合は「売り乗せ」と考える。

 このところの相場を振り返るならば、ユーロ/円は下のチャートに「紫の破線」で示した小さなボックス相場を上に抜けて「買いシグナル」を発し、上昇している。

 また、100.00円を中心としたもう1つの小さなボックス相場(赤の破線)を作っていたが、これも上に抜けて「買いシグナル」を発し、急上昇した。

ユーロ/円 4時間足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 目先の上値のレジスタンスであった、102.00円近辺を越えると、ストップ・ロスを巻き込んでもう一段急騰し、高値は103円台ミドルをみている。

 しかし、100円を上に抜けた水準からは、「ユーロ買い」でついていくのではなく、QE3(米量的緩和政策第3弾)の影響を見極めながら、「ユーロをどこで売るのか?」を考察するべきところ、と判断している。

 「大局でのユーロ下落」に変化はない、と考えるからだ。

改めて100.00円を割り込む場合は、下落スピードが加速する可能性もある、と考える。

■長期トレンドで見る現在のユーロ/円は下落トレンド

 次に、下の月足チャートでユーロ/円の長期トレンドをご確認いただきたい。

 ユーロ/円は、2008年に約170円(正確には、169.95円)の高値をつけてから、下落に転じた。

 そして、月足チャートで見ると、2008年の高値を起点としたレジスタンス・ライン(ピンクの破線)を上に抜けたのだが、結局トレンド転換が起こらなかったと判断したので、今回の高値に合わせたレジスタンス・ラインを一番右の「緑の破線」で表示している。

ユーロ/円 月足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM なお、ユーロが発足した1999年より前のチャートはECU(欧州通貨単位)を代わりに使ったチャートになっている模様(ザイFX!編集部))

 つまり、ユーロ/円は下落トレンドのままで、上昇トレンドに転換していない、と考える。要するに、現在のユーロ/円のトレンドは下落トレンドである、ということだ。

■2008年半ばにヘッド&ショルダー完成後、大暴落

 次に、週足チャートをご覧いただきたい。

 ユーロ/円は、2006年半ばから2008年半ばにかけて、下限149円程度、上限170円程度の「ボックス相場」を作った。

 この「ボックス相場」は、結果的に「ヘッド&ショルダー(※)」を完成し、その後の大暴落(クラッシュ)の原因となった。

 下のチャートでは、この「下限149円程度、上限170円程度のボックス相場」をピンクの枠で囲った。

(※編集部注:「ヘッド&ショルダー」はチャートのパターンの1つで人の頭と両肩に見立てたもの。天井を示す典型的な形とされている。「三尊型」「三尊天井」などとも呼ばれる)

ユーロ/円 週足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 2008年の大暴落(「ヘッド&ショルダー」のクラッシュ)の後…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75952人

ザイFX!のtwitterをフォローする
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.21112.62

USDJPY

ユーロ/円0.00132.39

EURJPY

英ポンド/円-0.90150.07

GBPJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
12月15日更新



 
12月11日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門