FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

FX業界再編の勢い加速か? 国内系も、
外資系も止まらないFX会社の統廃合!

2012年11月21日(水)東京時間 12:31

■2011年~2012年にかけて業界再編の勢いが加速!?

近年、FX業界再編の動きが活発化しつつある状況ですが、ここ数カ月の間にもいくつか事業譲渡や撤退・廃業といった業界再編に関するニュースがありましたので、まとめてご紹介します。

 ちなみに、当コーナーでこれまでに紹介したおもなFX業界再編に関するニュースは以下のとおり。2011年~2012年にかけて業界再編の勢いが加速している(!?)様子がうかがえますね…。

【参考記事】
FX業界再編の動き。FXCMジャパン証券がフォーランドフォレックスの買収を完了!
東日本大震災の打撃を受けたひまわり証券が外為オンラインと同一グループへ
連続してFX業界再編の大きな動き!GMOクリックHDがFXプライムへTOB!
FX業界再編へ! スター為替と三田証券がくりっく365などインヴァスト証券へ事業継承
社名も新たに、驚愕のスプレッド縮小!外為ジャパンFXが米ドル/円0.2銭固定に!

 それでは、さっそく最近の業界再編状況についてご紹介します。

■サクソ系の2商品をサクソバンクFX証券へ譲渡

 まずは、メジャー通貨からマイナー通貨まで取扱い通貨ペア数が多く、週明け月曜日のオープン時刻が他のFX会社よりも早いなど特徴あるサービスを提供してきたカカクコム・フィナンシャルについて。

カカクコム・フィナンシャルウェブサイト

 11月7日(水)、食べログや価格.comなどのサイトを運営するカカクコムを親会社に持つカカクコム・フィナンシャルは、2013年1月21日(月)をもって、OTC(相対取引)FXの「kakakuFX」とCFD「カカクキン」をサクソバンクFX証券に事業譲渡すると発表しました。

 カカクコム・フィナンシャルには、上述の「kakakuFX」、「カカクキン」のほかにシステムトレードにも対応した「kakakuFX Mk-2」という商品がありますが、今回事業譲渡が決まったのは、サクソ系(デンマークに本社を置くサクソバンク)の取引システムを採用している「kakakuFX」、「カカクキン」のみ。デューカスコピーバンクの取引システム(J forex)を採用している「kakakuFX Mk-2」については、事業譲渡の対象外です。

 ちなみに、譲渡先であるサクソバンクFX証券は、サクソバンクの日本法人であり、同社の100%子会社。

サクソバンクFX証券ウェブサイト

 余談ですが、サクソバンクは、チームサクソバンク・ティンコフバンクという世界トップクラスの自転車ロードレースチームのスポンサーとしても自転車ロードレースファンの間で有名。興味のある方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

【参考記事】
街全体が競技場! 熱狂の都市型自転車ロードレースでサクソバンクが優勝!

■「kakakuFX」と「カカクキン」の口座はどうなるの?

 事業譲渡にあたって、「kakakuFX」と「カカクキン」については、サクソバンクFX証券へ口座が移管されます。サクソバンクFX証券でも同じサクソ系の取引システムを採用していますので、取扱通貨ペアや操作方法に変更はありません。

 これまでの事例を見る限り、事業譲渡などで別のFX会社へ口座が移管される際は、大きく分けて以下の2パターンに分かれるようです。

・ 取引システムやルールが移管先のFX会社の商品と同化され、まるっと変わってしまうパターン
・ 移管前の取引システムやルールが移管先のFX会社に引き継がれ(もしくは、もともと同じシステムを使っている)、ほぼ同じ条件で取引を継続できるパターン

 取引システムやルールが変更されることで操作性が向上したり、スプレッドが狭くなるなど取引環境が整備されるケースもありますので、一概にマイナス面ばかりを取り上げることはできませんが、それまで利用していた環境から大きく変わってしまう前者のパターンだと、新しい取引システムやルールに慣れるまでに時間がかかるなど、正直なところ、ユーザーから見ると不便に感じる場面もありそうです。

【参考記事】
ひまわり証券が全面リニューアル! アイネット証券とソックリになった!?

 今回のサクソバンクFX証券への口座移管は、後者のパターンですから、少なくとも、取引システムの操作性やルールについては、大きな変化を感じることはなさそう。比較的スムーズに新しい口座へ移行し、取引を続けることができそうですね。

 ただ、すべての口座が自動的にサクソバンクFX証券への移管対象となるのではなく、所定の条件にあてはまらない場合は、口座解約手続きが行われるようです。「kakakuFX」と「カカクキン」の口座を保有している方は注意が必要ですよ。詳しくは、カカクコム・フィナンシャルのウェブサイトなどで確認してください。

■CMCマーケッツジャパンは廃業へ

 次に、業界再編の動きとして最近注目されたのは、2012年11月30日(金)付けで実施されるCMCマーケッツジャパンの廃業。こちらは、事業譲渡ではなく廃業ですので、同日をもってすべての口座が解約されます。

CMCマーケッツジャパンウェブサイト

 CMCマーケッツジャパンのウェブサイトを見ると、保有ポジションや口座残高については、廃業の1週間前までに決済および出金依頼をおこなうように、と記載されていました。期日を過ぎると、同社の裁量で順次ポジションの決済および返金が行われるようですので、口座を保有されている方は注意が必要です。

 もともと英大手金融グループであるCMC Marketsの日本法人としてスタートし、FXやCFDなどのデリバティブ商品を提供してきた同社ですが、「CMC Marketsグループの世界全体における事業展開見直しの結果」、CMCマーケッツジャパンの廃業を決定したそうです。

日本国内のFX業界再編の波紋は、外資系FX会社にも広がっているようですね。

 廃業…ということは、もう日本国内でCMC Marketsの取引システムは使えないの(!?) と思いきや、CFDについては、現在ひまわり証券がCMC Marketsの取引システムを採用したサービスを提供しています。引き続きCMC Marketsの取引システムを使いたい! という方は、ひまわり証券のCFD口座を開設するという方法を検討しても良いかもしれません。

【参考コンテンツ】
NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

■ことりFXとレクセム証券も…

 また、愛くるしいキャラクター「ことりん」が印象的なフェニックス証券は、2012年12月14日(金)をもって、同社ことりFXのサービスを終了すると発表しました。

フェニックス証券ウェブサイト

 口座保有者は、希望すれば同系の取引システムを採用しているヒロセ通商[LION FX]に口座を移管できます。

 はじめに紹介した「kakakuFX」や「カカクキン」と同様、移管先であるヒロセ通商[LION FX]取引システムが類似していますので、移管後もシステムの使い勝手などに不便さを感じることはなさそうです。

ヒロセ通商ウェブサイト

 しかも、ことりFXの取扱通貨ペアが23ペアなのに対し、ヒロセ通商[LION FX]50通貨ペアですので、移管すると取引できる通貨ペアが一気に2倍以上になります。

これはもしかすると、口座移管により、取引環境が向上する(!?)ケースと言えるかもしれませんね。

 口座移管の手続き方法は、フェニックス証券のウェブサイトに記載されていますので、口座を保有されている方は確認してください。

 このほかレクセム証券が、2012年10月20日(土)をもってOTC(相対取引)FXの取扱いを終了しました。

レクセム証券ウェブサイト

 引き続き、保険業務やM&A仲介業務については継続していますが、FXからは完全に撤退。他のFX会社へ口座が移管されることはなく、自動的に解約処理が実施されているようです。

■業界再編の勢いは、さらに加速する!?

 さて、今回は一挙に4社分、FX業界再編に関するニュースをお伝えしましたが、冒頭でもお伝えしたとおり、短い期間で次々と事業譲渡や廃業、口座移管などのニュースが出てくると、いよいよ業界再編の勢いも加速してきたのか? と感じずにはいられませんね。

 果たして、今後どのような展開が待ち受けているのでしょうか? 引き続き、FX業界再編に関する動きがありましたら、当コーナーでもお伝えしたいと思います。

(ザイFX!編集部・向井友代)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 74185人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
GMOクリック証券[FXネオ]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.00113.47

USDJPY

ユーロ/円-0.01133.31

EURJPY

英ポンド/円+0.00149.75

GBPJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム

 
10月23日更新






 
10月13日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門