為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

“Buy on dip”の米ドル/円、買い時は
81円台後半か。では損切りはどのあたり?

2012年12月05日(水)東京時間 10:57

■野田首相の「衆議院解散」発言で米ドル/円は急上昇

 今回は米ドル/円の分析を行なう。まずは下の4時間足チャートをご覧いただきたい。

 11月14日(水)に野田首相が「11月16日(金)に衆議院を解散する」と発言したことをきっかけに、米ドル/円が急上昇している。

米ドル/円 4時間足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 11月14日(水)の衆院解散決定で、ガラリと雰囲気が変わった。

 通常は、日本の政治を材料に外国為替相場が大きく動くことは、非常にまれである。

 「日本の政治」は世界から軽視されており、ほとんど無視されている状況だからだ。

 ゆえに、解散総選挙をめぐるゴタゴタや新政権の誕生は、日本株市場には影響しても、外国為替市場のテーマにはならないし、いずれにせよ解散総選挙は来年の話だろう、と考えていた。

 ところが、想定外のタイミングで衆院解散が発表されたので、大きなインパクトがあった、と考える。

 現状で解散総選挙となれば、民主党の政権維持は難しい、と考える。

 だから、自民党が次期政権の中心となるのならば、日銀に対する追加緩和圧力が増す、といった思惑が働き、それが円安材料となった。

 もちろん、唐突感のある解散総選挙なので、政局の混乱に対する不安心理を材料に円が売られた、と言っても良いのだろう。

■「弱い日本を材料にした円安」は今後も懸念される

 外国為替市場では、日本の政局を材料にすることが過去に少なかったことを踏まえると、いつまでもこのこと(日本の政局)を材料にするとは考えていない。

 しかし、実質的に日本経済が弱くなっていること、言い換えれば、アジアの中で、日本の立場が低下していることを材料にした「相対的な円安」は今後もあり得る、と考えている。

 もちろん、世界経済の中では、日本は経済大国だと思う。

 しかし、福島原発事故以降、エネルギー資源の輸入が拡大していること、その一方で、日本の自動車や家電などの輸出は韓国、中国、台湾などに押され、実質的にはアジア諸国に負けている状況を考慮すると、「弱い日本を材料にした円安」の「賽(さい)の目」が映る。

 つまり、目先の政局混乱を材料にした円安はそれほど長続きはしないかもしれないが、日本経済の弱体化を材料にした円安は、今後可能性が出てくるのではないか、と考えている。

■直近の値動きからすると、“Buy on dip”を行なうべき

 衆院解散の決定(11月14日)以降の値動きに注目すると、米ドル/円の典型的な上昇相場の特徴が出ている、と考える。

 相場には、“Buy on dip(バイ・オン・ディップ)”という、ことわざ(英語の格言)がある。

 この「ディップ(dip)」の説明をしよう。

 米ドル(米ドル/円相場)の傾向として、上下動をしている際に、軽くストンと落ちる値動きをすることがよくある。

 そういった相場の動きを指して、比喩的に「ディップ(dip)」と呼ぶ。
 「ディップ(dip)」は、もともとは「浸る・沈む」といった意味である。たとえば、ドーナツを食べるときには、コーヒーに「ワン・ディップ」して食べたりする。

 再掲載した下のチャートをご覧いただくとわかるとおり、直近の米ドル/円の値動きには、こういった特徴が色濃く現れている、と感じる。

意味もなく(特に、ニュースや材料がないのに)、軽く下落するのだが、下落の動きが止まると安値で底堅い値動きに変化し、その安値水準で上下動を繰り返した後に、目先の高値(上値の軽い抵抗水準)を上に抜けると急に上昇する、といった値動きだ。

米ドル/円 4時間足(再掲載、クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 つまり、直近の米ドル/円の値動きから思いつくことは、すでに「米ドル/円は上昇トレンドに転換した」と判断して、“Buy on dip”を行なうべきだ、ということだ。

 上記は言い換えれば、必ず下値の重要なポイントにストップ・ロス(損切り)を置いて、米ドル/円の「買い」から入る、ということである。

 必ず下値の重要なポイントに、ストップ・ロス(損切り)を置いておけば、万一、「まだ、米ドル/円が、上昇トレンドに転換しておらず、下落トレンドが継続している場合」であっても、致命的な損失になることは有り得ない。

 ストップ・ロス(損切り)を置く下値の重要なポイントは、現状から分析するならば、まず第一は、その上昇過程で重要なレジスタンスだった、「80円台ミドル」を明確に下に抜ける場合だ。

 つまり、まずは80.20円-40円のゾーンと考える。

 余裕があるのならば、80.00円を明確に下に抜けるポイントとして、79.80円近辺が、的確なストップ・ロス(損切り)水準と考える。

 もう一段下のストップ・ロス(損切り)水準を考察するならば、以下のようになる。

 衆院解散の決定(11月14日)が、今回の上昇のきっかけになっている。

 その直前の安値では、79.00円に届いていない。

 よって、本格的なストップ・ロス(損切り)水準は、78.80-90円程度と考える。

 しかし、すでに上値(今回の高値)は、82円台後半まで見ているのだから、米ドル/円の「買いポジション」を持つ場合に、本格的なストップ・ロス(損切り)水準の78.80-90円程度まで引っ張る必要はさらさらない、と考える。

 参考までに、下の1時間足チャートを…

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で8000円! インヴァスト証券[シストレ24]

インヴァスト証券[シストレ24]

通常最大1万円に加えてザイFX!限定でさらに8000円+今ならダイヤモンドZAi12月号別冊付録

限定含めて最大1万6000円 ヒロセ通商[LION FX]

ヒロセ通商[LION FX]

米ドル/円0.3銭原則固定など低スプレッド! 高級黒毛和牛などグルメキャンペーンも

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!/ザイ・オンライン関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](2月28日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)・セントラル短資FX[ウルトラFX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)・インヴァスト証券[シストレ24](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)・インヴァスト証券[トライオートFX](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](1月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FXトレード戦略指令!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円+580.50103980.50

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+2.6100902.7200

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+1.8890846.3100

XBTEUR
Powered by kraken
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム






 
01月16日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門