為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

GFT系システムはまだ使えるか徹底調査。
PLANEX TRADE.COMなどで使えます!

2012年12月25日(火)東京時間 16:49

■GFT本店が突然のリテール部門撤退宣言!

 2012年12月2日(日)、GFT(Global Forex Trading)は、米国本店および東京支店のリテール(個人)部門におけるサービスの終了を発表。これに伴い、翌日12月3日(月)からは、GFT東京支店のFX、CFD口座においても、新規口座開設や新規取引ができなくなりました。

 案内によると、12月22日(土)午前7時をもって保有ポジションは強制決済し、口座の閉鎖と出金を行うとのことで、同日まで決済取引は、引き受けるとされていました。

GFT東京支店のウェブサイト

 突然のリテール部門からの撤退ということで、口座を利用できなくなったユーザーはもちろん、FX業界にも少なからぬ衝撃を与えましたね。

【参考記事】
米国FX業界に衝撃! 米GFTがリテール部門の取引サービス終了を決定!

 これまでGFT系システムを採用していた日本国内のFX会社、証券会社はどうなったのか!? GFT東京支店のその後とともに調べてみました。

■GFT東京支店の口座はあるFX会社に引き継がれた?

 2012年12月25日(火)現在、GFT東京支店のウェブサイトを見ると、「12月22日(土)午前7時をもち、リテールFX及びCFD取引を終了」したと掲載されています。事前にアナウンスされていたとおり、保有ポジションは同日をもって強制決済されたようです。

 ただし、GFTでは強制決済の案内と同時に、PLANEX TRADE.COMというFX会社へ口座を引き継ぐ(ポジション移管も含む)ことができるという案内も行っていました。

PLANEX TRADE.COMのウェブサイト

 口座の移管を希望するユーザーは、12月21日(金)午前7時までにGFT東京支店まで電話をするか、口座の移管同意書の必要事項を記入し、所定のアドレスまで返送するようにとのことだったようです。

 有無を言わさず、保有ポジション強制決済そして、口座廃止! というよりは、口座移管という選択肢がある方がユーザーとしては救われる気がしますね…。

 当記事執筆時点(2012年12月25日現在)では、すでに強制決済の期日を過ぎていますので、希望したユーザーについては、移管手続きが行われているはずです。

 ただし、移管作業には数日の時間を要するとのことですので、ご注意を。くわしくは、GFT東京支店のウェブサイトをご覧ください。

 ところで、移管先として挙げられているPLANEX TRADE.COM? なんてFX会社聞いたことがない! という方もいらっしゃるのではないでしょうか? ご存知ない方のために、PLANEX TRADE.COMについて簡単にご紹介しましょう。

■GFT系のシステムはPLANEX TRADE.COMで使える!

PLANEX TRADE.COMは、GFT系システムを採用しているFX会社。

 GFT東京支店からの口座移管においては、移管先のPLANEX TRADE.COMでもGFT系システムを利用できますので、FX会社は変わってもシステムの使い心地という点では、ストレスを感じることはなさそうですね。

 ちなみに、PLANEX TRADE.COMのスプレッドは、以下のとおり。

PLANEX TRADE.COMの主要通貨スプレッド(2012年12月25日現在)

 業界ダントツでトップ水準! とはいきませんが、上位に食い込む水準であることは間違いない低スプレッド! なかなかの水準。これなら、コストを抑えたトレードができそうです。

 そして、取り扱い通貨ペア数が多いのがGFT系の特長。PLANEX TRADE.COMの取り扱い通貨ペアはなんと132! メジャー通貨はもちろん、DKK(デンマーククローネ)やHUF(ハンガリーフォリント)、TRY(トルコリラ)などのマイナー通貨も取り扱っていますよ!

 GFT系のシステムが使いたいという人にはPLANEX TRADE.COMといういい選択肢ができました。

■PLANEX TRADE.COMの前身は、あの有名FX会社!?

 実は、このPLANEX TRADE.COMは、2012年8月末まで「外為ジャパン」という名称のFX会社でした。その社名なら知っている! という方も多いのではないでしょうか?

 旧外為ジャパンのFX事業は、DMM.com証券へ譲渡され、「外為ジャパンFX」として存続しています。この点については、以前、当コーナーでもご紹介したとおりです。

【参考記事】
社名も新たに、驚愕のスプレッド縮小!外為ジャパンFXが米ドル/円0.2銭固定に!

PLANEX TRADE.COMは、設立自体は1971年(昭和46)年で、意外と歴史の長い会社。もともとは、金融商品を取り扱う会社ではなかったようですが、その後、FXを扱うようになり(当初の社名は「MJ」)、2007年には、第三者割当増資を引き受けたプラネックスホールディングのグループ傘下へ入りました。

 2011年に社名をMJから「外為ジャパン」に変更し、さらに、2012年のDMM.com証券へのFX事業譲渡を経て、社名をPLANEX TRADE.COMに変更しています。いろいろ紆余曲折があったようですね。

■GFT系システム採用FX会社はどうなるの?

 さて、GFT系システムを採用しているFX会社の状況を確認しておきましょう。

 まずは、efx.com。同社は、GFT系システムを採用しているFX会社としては、まず名前が挙がるFX会社ですね。

 残念ながら、現在新規口座開設は受付けておらず、GFT東京支店の案内と同じ内容の案内がウェブサイトにて行われています。

efx.comのウェブサイト

 希望者については、GFT東京支店と同じ方法で、PLANEX TRADE.COMへ口座移管が行われたようです。

 なお、理由は定かではありませんが…同じくGFT系の取引システムを採用している内藤証券、安藤証券、エイチ・エス証券、岩井コスモ証券については、これまでどおり各社でGFT系システムを使ってトレードを継続できる模様。

 ちなみに、安藤証券については今回のGFT米国本店のリテール部門撤退と関係があるのかないのか不明ではあるものの、「諸般の事情により」2013年3月16日(土)をもって、同社の店頭FX「外貨24Plus」のサービスを終了するそうです…。

■Deal Bookには根強いファンも多い!?

 GFTが提供していた取引ツール「Deal Book」には、一部で根強いファンも多い!? と言われています。

 米国本店がリテール部門から撤退するからといって、今後日本国内のFX会社で一切GFT系システムが使えないということではありません。

 efx.comのように新規口座開設がストップしてしまっているFX会社もありますが、口座の移管先とされるPLANEX TRADE.COMやご紹介したその他のFX会社では、今後もGFT系システムを利用することが可能です。

 これからもGFT系システムを利用したい! という方は、今後そうしたFX会社の口座を利用すると良いかもしれません。

 もう2012年も終わりに近づきつつありますが、業界再編に関するドタバタ劇は、2013年はさらに加速するかも(!?) 引き続き、注目したいと思います。

(ザイFX!編集部・向井友代)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 67745人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定キャンペーン実施中!

YJFX![外貨ex]

取引でTポイントが貯まる。今ならザイFX!限定3000円がもらえるキャンペーン中!

link

ストラテジー数世界NO.1

インヴァスト証券[シストレ24]

最大1万円+ザイFX!限定ワントレで8000円+今ならダイヤモンドZAi12月号別冊付録

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円+497.20116997.20

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+18.83201058.6830

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+16.6790969.6700

XBTEUR
Powered by kraken
為替の取れたてニュース
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
03月27日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門