FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

FXプライム:PrimeNavigatorの一目均衡表
を使う「あと出しじゃんけん的逆張り手法」

2013年05月04日(土)東京時間 09:30

 みなさん、こんにちは。FXトレーダーのボリ平です。

 今回はFXプライム[選べる外貨]の取引ツール、「PrimeNavigator」、「iPad版 PRIMEアプリS」で、一目均衡表を使った「あと出しジャンケン的逆張りトレード」の解説をします。

【作成日時:2013年4月21日→最終確認・更新日:2013年5月2日】

>>>FXプライム[選べる外貨]のスペック詳細はザイFX!の比較コンテンツでご覧ください

■トレーダーは相場予想を間違えても利益が出ればOK!

 ご存じのとおり、私は数分~数秒で取引を完結させる「スキャルピング」という超短期トレードを専門としています。

 だから、米ドル/円が100円に乗せようが、50円になろうが、トレード的には関係ありません。「現在の円安相場がいつまで続くのか?」、そんな予想もしません。

 それよりも、今直面しているチャートから「いかに利益を出すか?」、これが大切です。

 相場予想が当たっても「エントリー」していなければ、私にとっては意味なし。さらに言えば、たとえ投資戦略が間違っていても結果がついてくれば、ある意味オッケーなのです。

 そんな私がトレードで心がけているのが、「シンプルさ」「率直さ」です。

■「一目均衡表」に改めて注目! そのワケは?

 私はPCのみならず、スマートフォンやタブレットも使ってトレードをしています。

 すべてスキャルピングなのですが、自分のオリジナル手法である「ボリ平ドラゴン式」のチャートが、スマホでは作成できません。なので、仕方なく(笑)使い出したのが、各スマホアプリチャートについている「定型的なテクニカル分析ツール」。

 そこで改めて見直したのが「一目均衡表」だったのです。

■一目均衡表は難しい?

 もともと「ボリ平ドラゴン式」のドラゴンは、一目均衡表の「遅行スパン」を単体として抜き出したものです。

【「ボリ平ドラゴン式」の参考記事】
ネットでウワサの「ボリ平ドラゴン式」。そのカギは“遅行スパン”の使い方にアリ!

 そこで、「エントリー判断をこの遅行スパンで行っているんだから、オリジナルの一目均衡表をそのまま使えばいいじゃん?」という発想になったわけです。

 しかし、一目均衡表は奥が深く、難しい…。

 ご存じのとおり、「一目均衡表」は一目山人さんという人が1937年(昭和11年)に考案した“世界に誇る日本のテクニカル理論”です。一目均衡表はチャート上には5本の線で表されます。なんだか複雑そうな、ごちゃごちゃしたチャートなんです。

 一目均衡表の各ラインの定義は以下のとおりです。

【一目均衡表の5本の線(5役):日足の場合】
(1)転換線=過去9日間の高値と安値を足して2で割ったもの
(2)基準線=過去26日間の高値と安値を足して2で割ったもの
(3)先行スパン1=転換線と基準線を足して2で割ったものを26日先の未来に描いた線
(4)先行スパン2=過去52日間の高値と安値を足して2で割ったものを26日先の未来に描いた線
(5)遅行スパン=直近の終値を26日過去に描いた線

 しかし、今回は、その理論や各ラインの読み方などは抜きにします!

 それどころか、「一目均衡表っていうくらいだからFXプライム「ぱっと見テクニカル」のように「一目(ひとめ)で均衡(バランス)がわかる」んじゃないの~?」という逆転の発想で、注目してみました。

■一目均衡表のチャートは「航空図」や「海図」だ

 もともと私は、ボリ平ドラゴン式で、ドラゴンが上昇する様を「サンダーバード1号トレンド」と呼び、ドラゴンが下落する様を「イエローサブマリントレンド」と呼ぶなど、チャートを擬人化するのが得意です(笑)。

 そうやって見ると、一目均衡表のチャートは、まるでドラゴンが「空を飛んだり、海に潜ったりしている」ように思えてきました。 

FXプライム・PrimeNavigator 米ドル/円 15分足(クリックで拡大)

 上昇トレンドのときは、雲の上を気持よく飛び、下落トレンドのときは、海深く潜っているように見えるのです。

 さらによ~く見ると、トレンドが継続しているときは5本の線がみな同じ方向を向いています。

 逆にローソク足やドラゴンが雲の中にあると、「視界不良」で進みにくい。

 5本の線はそれぞれ各局面で「サポート」「レジスタンス」ラインになっている!

 このように、トレードが進むにつれ、いろいろなことに気がつき始めたのです。

 一目均衡表って楽しい♪

 私が一目均衡表トレードで利用しているのはFXプライム[選べる外貨]PrimeNavigator(プライムナビゲータ)です。

FXプライム「約定力100%、スリッページなし」(※)を誇るFX会社。

スキャルピングはわずかなPIPSを稼ぐトレードを何度も繰り返すので、「滑らずに、キッチリ約定」しなければ勝つことはできません。

 それでは、「あと出しじゃんけん的逆張り手法」、行ってみましょう~!

(※編集部注:レート提供元(複数の金融機関)のすべてに異常レートが発生した場合、FX会社(この場合はFXプライム)は顧客に適正なレート表示ができなくなるため、その間は取引ができなくなる。また、流動性が著しく低下する場合などについては、スプレッドの拡大、およびスリッページが発生する可能性もある)

■相手の動きを見て、あとからポジションを取る!

 下の画面は、4月19日(金)22:30前後のチャートです。 

FXプライム・PrimeNavigator ユーロ/米ドル 1分足(22:41、クリックで拡大)


 NY市場の寄付きから、ユーロ/米ドルは急上昇しています。

 だからと言って、この時間帯ではすぐに逆張りショートをしてはいけません!

 NY時間は1日のうちで最も相場参加者が多く、値動きも大きい、何が起こるかわからない相場です。

 特に、NY市場の寄付きは要注意ですし、トレードのチャンスでもあります。

「相手(相場)の動きを見て、あとからポジションを取る」という方法の実行です。

 私は、ユーロ/米ドルの…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75844人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX取引ツールを本音でレビュー
FX会社研究室

FX会社研究室…そこはFX会社が提供する取引ツールの使い勝手を研究する場所。研究員はアクティブにFXをトレードして、利益を上げている実力者ばかりだ。FX取引ツールの善し悪しは実際使ってみないとなかなかわからないもの。「Z社の新チャートは使えるか?」「A社が約定率100%って本当?」「I社のスプレッドは指標発表時にどれだけ拡がる?」といった疑問に対して、個人トレーダーが本音でレビューする!

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.23113.32

USDJPY

豪ドル/円-0.0585.76

AUDJPY

トルコリラ/円-0.0929.41

TRYJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム



 
12月13日更新


 
12月11日更新







ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門