為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

「ミセス・ワタナベ」のルーツを探れ(2)
なぜ佐藤、鈴木ではなくワタナベなのか?

2013年05月21日(火)東京時間 14:35

(「「ミセス・ワタナベ」のルーツを探れ(1)実は90年代半ばに英国で生まれた言葉?」からつづく)

■エコノミストに掲載された90年代半ばの時代背景に注目!

 「ミセス・ワタナベ」という言葉が誕生したのは90年代半ばの英国ではないか?

 この仮説に対して、元インターバンク・ディーラーの松崎美子さんが一番はじめに注目されたのは、エコノミスト誌で「ミセス・ワタナベ」という言葉が使用された1990年代半ばの日本の金融業界の状況でした。

 その当時、日本では、「1995年に米ドル/円が70円台に突入し、超円高に苦しんでいた。そこで、少しでも日本の機関投資家に外債投資(つまり円売り)が出るような取引を促進させようと国が動き、投資顧問解禁、年金基金の運用規制撤廃など大幅な金融改革が行われた」のだそうです。

米ル/円 月足

(出所:米国FXCM

 「そして、時を同じくして日本の個人投資家に、外債投資が推奨され、少しでも円売り要因が増えるような施策が進められていた。だから、その当時のエコノミスト誌でミセス・ワタナベという言葉が使われているとすると時代背景からしても納得できる」とのこと。

 実際に当時は、一部の日本の個人投資家の間で外債投資が流行っていたようで、その様子について書かれているのが、前回紹介したエコノミスト誌の記事になります。

参考:エコノミスト誌 1997年頃の記事

 そうした時代背景を聞くと、当時、日本の個人投資家の動向が注目されていたという点については、想像できますね。

■なぜ、スズキでもサトウでもなく「ワタナベ」なの?

 しかし、注目されていたのは良しとして、どうして日本の個人投資家を「ミセス・ワタナベ」と呼んだのか? その疑問は晴れません。

 そもそも、なぜもっと日本で一般的な姓である「タナカ」、「スズキ」、「タカハシ」などではなく、「ワタナベ」という姓が使われたのでしょうか?

 せっかくなので…日本の姓ランキングを見てみると、日本でもっとも多い姓は「サトウ(佐藤)」、次いで「スズキ(鈴木)」、「(タカハシ)高橋」とよく耳にする姓が続きます。「ワタナベ(渡辺)」も上位にランクインしているものの、1位、2位に比べると、そこまで圧倒的に数の多い姓ではありません

(参考資料:名字由来net)

 この疑問に対し、松崎さんは、そもそも論として「英国人は、日本人の代表的な姓なんて、ほとんどの人が知らない」ということを教えてくれました。

 つまり、「サトウ」も「スズキ」も「タカハシ」も、そもそも知らないんですね! となると…ますます「ワタナベ」という姓が広まった理由が気になってきます。

■元祖「ワタナベ」さんは外為法改正の根回しに奔走!?

 続けて松崎さんは、「はっきりしたことはわからないが…」と前置きしつつ、「実は、外為法改正に伴い、主要各国へ根回しのために動いていた当時の財務省担当者の名前が『ワタナベ』だったらしい、という話を何かで読んだことがある」とのこと。

 なに!? 「ワタナベ」!? まさか、その人物が元祖「ミセス・ワタナベ」なのでしょうか!?

 後述のとおり、実際、1998年に外為法は改正されました。国内法ではありますが、きっと世界各国の金融、経済に影響を与える可能性をはらんだ大きな出来事だったのだろうと想像できます。

 1990年代半ばに、財務省の担当者として、「外為法改正のための根回し」という国の経済を左右する大きな役割を担い、各国を走り回った「ワタナベ」さんがいた(らしい)。ちなみに、性別は不明。

 そして、その「ワタナベ」さんが外為法改正の根回しのために東奔西走するうち、本来であれば決して歴史の表舞台に出てくることはないはずだった「姓」だけが、英国をはじめ各国の金融業界に広がっていった

 ──こう考えると(あくまで推測ですが)、日本人の姓なんてまったくと言っていいほど知られていない英国にあって、あえて「ワタナベ」という姓で日本人の個人投資家を呼ぶようになったことに、納得がいきます。

■知られざる英国文化、財布のヒモは夫が握る!?

 ここまでで、「ワタナベ」姓が広まった点については、推測できましたが、財務省にいたと思われる「ワタナベ」さんが「ミスター」だったのか「ミセス」だったのかは不明なままです。

 某有名ドーナツチェーン店も、合鍵作成や靴の修理で有名なあのチェーン店も、さらにはヒット曲を連発するあの人気バンドも、冠に使っている呼称は「ミスター」(これは日本国内の話なので、関係ないかもしれませんが…)。

 本来であれば、個人投資家の呼称も「ミスター・ワタナベ」となりそうなものですが、あえて「ミセス」と呼ばれているのには理由があるはず! この点について松崎さんは、日本では意外と知られていない英国文化を踏まえて、とても興味深い話をしてくれました。

 ちょっと話の本筋からは脱線しますが…「ミセス・ワタナベ」という言葉生誕の地と思われる英国の文化的背景ですので、カンタンに押さえておきましょう。

 まず、大前提として英国では、「この10年(特にリーマンショック以降)で、女性の社会進出が進んだとはいえ、まだまだ『外で働くのは男性、女性は家を守るもの』というイメージを持っている人が多い」とのこと。

 実際に松崎さんが英国で勤めていた銀行のディーリングルームは、圧倒的な男性社会。そこにいた同僚の男性たちは、「家庭において、夫が財布のヒモを握ることに疑問を持つ、ということ自体理解できない」という雰囲気だったそうです。

「英国の家庭では、財布のヒモを握るのは一般的に夫」なのだそう。日本では、財布のヒモを握るのは、妻であるケースが多いようですが(お小遣い制の男性も多いと聞きますし…)、国によって、家庭の財布事情は大きく異なるんですね。

 そんな英国では、日本人女性に対しても、「あまり自己主張せず、社会に出て何かをするというよりは、静かに家を守っているもの」というイメージが強いようです。

 これには、ちょっと驚き! 記者の勝手なイメージでは、欧米各国では日本よりもずっと女性の社会進出が進んでいるのかと思っていましたが…そうでもないようです。むしろ、日本の女性が強い、いや、世界の中でも特に「しっかり者」なのかも(!?) しれません。

 話を本筋に戻しましょう! 上述のような…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 66834人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](3月31日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](3月31日まで)
  • 最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)+最大10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)または、最大10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[トライオートFX](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](4月2日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](4月2日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](3月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円!

サクソバンク証券

月曜早朝3時から取引可能!週末ニュースを収益チャンスに

link

ストラテジー数世界NO.1

インヴァスト証券[シストレ24]

最大1万円+ザイFX!限定ワントレで8000円+今ならダイヤモンドZAi12月号別冊付録

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.93113.66

USDJPY

ユーロ/円+0.65119.90

EURJPY

英ポンド/円+0.07139.65

GBPJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
02月27日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門