FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

くりっく365は手数料無料化して大丈夫?
税制優遇復活の兆しも見え隠れするが…。

2013年09月18日(水)東京時間 14:00

■くりっく365の取引振興策で手数料無料実現へ!

 東京金融取引所の取引所FX、くりっく365から、2013年9月4日(水)、見逃せないニュースが発表されました。それは、10月1日(火)より、「手数料引き下げを目的とする取引振興策を実施」するというもの。これにより、「無料を含む画期的な手数料引下げが実現」するというのです!

くりっく365は、ウェブサイトで「前例のない」取引振興策を実施すると宣言しており、その意気込みは、かなりのもの。

 店頭FXにおいては、数年前から手数料無料が常識! と言って良いほど浸透していましたが、くりっく365では、2005年のオープン以来これまでずっと、スプレッドとは別に手数料の徴収を行ってきました。

 取引所ならではの「安心、透明、信頼」を謳うくりっく365ですが、ここのところ取引量は減少傾向にあったのは事実…。2012年に行われた店頭FXと取引所FXの税制一本化によって、取引所FXに税制面での優遇がなくなったことが、くりっく365の取引量減少を加速させる決定的な要因になったとの見方もあります。

(くりっく365「全通貨取引数量/建玉推移(~2013年8月)」・クリックで拡大)

(出所:くりっく365)

 上のグラフを見ると、ピーク時からずいぶん急激に減少してしまっているのがわかりますね。

【参考記事】
税理士・三瀬氏に聞く2012年確定申告(1)FXで損している人も確定申告でお得に!?
税理士・三瀬氏に聞く2012年確定申告(2)海外FX口座は税率20%でなく最大50%!?

 取引所ならではの安心感や信頼感は感じるものの、実際にトレードするとなると、もっとも重視するのは「コスト」という方は多いのではないでしょうか? 昨今、スプレッドを拡大するFX会社も散見されますが、それでも、やはり純粋に「コスト」を重視するなら、手数料があるくりっく365は選びづらい状況でした。

【参考記事】
相次ぐスプレッド拡大でランキングに変化。スプレッド争い実質トップに立ったのは?

 これが、手数料無料化や大幅な減額につながれば…! 10月以降、くりっく365の人気が爆発するかもしれません! ここにきて、取引所FX・くりっく365が大幅巻き返しなるかも!? 注目ですね。

■さっそく手数料無料化を発表したFX会社も!

 今回の取引振興策を受けて、さっそく、くりっく365を提供しているいくつかのFX会社がウェブサイト上で、10月1日(火)から、くりっく365手数料を無料化すると発表しています。

 たとえば、取引ツール「はっちゅう君365」が人気のGMOクリック証券(くりっく365)

参考:GMOクリック証券のウェブサイト

 同社は、2010年8月にくりっく365の取り扱いを開始。取引振興策を受けて、「『より安く』取引できる環境をご提供すべく」手数料無料化に踏み切ることにしたそうです。

 ほかにも、FXトレーディングシステムズ(くりっく365)の[スタンダードコース]、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、大和証券などが相次いで、10月1日(火)から、くりっく365手数料を無料化すると発表しています。

 東京金融取引所のくりっく365取引振興策発表以降、続々と手数料無料化を発表するFX会社が出てきている模様。東京金融取引所が発表したのは、取引振興策であって、実際に手数料をどうするかは、くりっく365を取り扱っているFX会社に一任されているようです。

 9月18日(水)現在、くりっく365を取り扱っているFX会社は、以下の18社ですが…今後の動向が気になります!

参考:くりっく365参加18社

■実は業界最狭水準のスプレッド!?

 そして、もっと気になるのが、手数料無料化や引き下げが実現する10月1日(火)以降、くりっく365スプレッドがどうなるかということ。くりっく365のスプレッドは基本的に非公表ですので、実際の取引レートを見て判断するしかないのですが、実は、通貨ペアによっては業界最高水準で提供される可能性もないとは言えないのです。

 というのも、くりっく365は、2012年10月から米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円のクロス円主要3通貨ペアのスプレッドの最小変動幅を0.01円(1銭)から0.005円(0.5銭)に変更。「スプレッドの縮小を目指します」と宣言していました。

【参考記事】
くりっく365の米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円のスプレッドが0.5銭~に!

 最小変動幅変更後、2013年4月に発表された実績値は、以下のとおり。

2013年4月に発表された米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円のスプレッド実績値

(出所:くりっく365)

 2013年4月に発表された実績値(2013年3月1日~29日:取引日)ですので、少し古いデータではありますが…特にユーロ/円、豪ドル/円のスプレッドが0.5銭~というのは、原則固定ではないとはいえ業界最狭水準! 見逃せない数値です。

【参考記事】
ドル/円50%超、豪ドル/円32%超を0.5銭で提示! くりっく365のスプレッド実績!

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる「ユーロ/円」スプレッドの狭い順
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる「豪ドル/円」スプレッドの狭い順

 手数料無料化や引き下げが行われても、このようなスプレッド水準が維持されるのか? 注目したいところです。

 それにしても、くりっく365は手数料無料化に踏み切って…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 71176人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円+1495.80308491.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+17.91202773.8100

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+4.89602392.3850

XBTEUR
Powered by kraken
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム

 
07月24日更新









ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門