為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
為替市場は眠らない
自分の好きな時間にトレードできるのがFXの魅力

■日本が祝日でも為替市場は動く

 FXのいいところであり、悪いところでもあるのが、「為替市場は24時間動く」こと。日本株だったら株価が動くのは基本的に朝9時から午後3時まで。それに祝日はお休みにもなる。それがFX会社ならシステムをメンテナンスする早朝を除いて24時間取引できるし、日本が祝日でも為替市場は動いているから注文できる。

 為替市場にはどこかに大元になる取引所があるわけじゃないから、時間を問わず世界のどこかで取引されて為替レートが動くのだ。世界でいちばん早く市場が始まるのはニュージーランドのウェリントン市場。ちなみに「ウェリントン市場」といっても、実際にどこかに市場があるのではなくて、ニュージーランドの市場参加者が取引の中心となる時間だから便宜的に呼ばれているだけだ。

 

■上級者が注目する「ウェリントン市場」

 ウェリントン市場はときに大きな注目を集めることがある。為替市場がお休みとなる週末に選挙やG20のような首脳会合、あるいはテロなど為替に影響するイベントのあったときだ。そんなときは月曜日、いちばん早く始まるウェリントン市場でどんな価格がつくかを見るために、日本の為替ディーラーは早起きするし、ロンドン勢は夜更かし、ニューヨーク勢は残業して、市場を注視することになる。

 ウェリントン市場が始まってしばらくたつとオーストラリアのシドニー市場が始まり、またしばらくすると東京市場が動き出す。世界の三大市場は東京、ロンドン、ニューヨーク。東京市場が動き出すと、本格的な市場の始まりだ。

■24時間ダラダラ取引に気をつけて

 さらに日本時間の午後3時頃にはロンドン市場も始まって、やがて20時を過ぎると世界最大の為替市場であるニューヨーク市場がオープン。この時間帯にはまだロンドン市場も動いているし、市場が注目するアメリカの経済指標が発表されたりもして、為替市場の値動きがもっとも活発な時間帯となる。

 日本で日が昇るころにはニューヨーク市場も終わり、為替市場的には「一日の終わり」。とはいえ、そのころにはもうウェリントン市場が始まるので、終わりと同時に「一日の始まり」ともなるのだが――。

 自分のライフスタイルのなかで好きな時間に取引できるのがFXの魅力だけど、いつでも取引できちゃうのはデメリットにもなる。負けたときには、「もう1取引、あと1万円取り戻すまで」と熱くなって、きづいたら朝……なんて人も。熱くなってダラダラ取引を続けると損失もふくらみがち。「○時になったら取引終了」とか「一日○万円負けたらやめる」とか、自分なりのルールを決めておこう。
 

次の記事>> 実需? 投機筋? 為替市場に集まる参加者の思惑

ザイ オンライン
ザイFX!トップへもどる
ZaiFX! Beginners

TOPICS