FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

2014年は「米ドル高」がメインテーマ!
年明け1月2日、3日の相場に注目を!

2013年12月25日(水)東京時間 15:33

■テーパリング(量的緩和策の縮小)が決定

 12月18日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、テーパリング(量的緩和策の縮小)が決まった。

 FRBが債券購入額を毎月850億ドルから750億ドルに縮小する方針が示された。

 12月のテーパリング実施に関しては、市場参加者の事前予想は「五分五分」だった、と考える。

 12月に発表された雇用統計には改善傾向が見られ、各種経済指標も全体として良好と言えるが、しかし、それをもって12月のFOMCで「実施が決まる」とは、断言できない状況だったからだ。

 だから、このニュースは「織り込み済み」にはならず、テーパリング実施が発表された直後のマーケットは大いに反応した。

外国為替市場は、ストレートに「米ドル買い」に反応した。

 しかし、米ドル/円は、「米ドル買い・円売り」気配が持続したのだが、ユーロ/米ドルや豪ドル/米ドルは、発表直後に「ユーロ売り・米ドル買い」、「豪ドル売り・米ドル買い」に反応したものの、強烈に反転した。 

米ドルVS世界の通貨 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 4時間足

 つまり、ユーロ/米ドルは発表直後に急落したのだが、そこから強烈に反発上昇した。

 同様に、豪ドル/米ドルも、発表直後に急落したのだが、そこから強烈に反発上昇した。

 テーパリング実施の発表から1時間を過ぎて、マーケットに落ち着きが出てくると、改めて「米ドル買い」が勝るようになった。

 FOMC声明では、少なくとも失業率が6.5%を上回り、今後1-2年のインフレ率が2.5%を上回らないと予想する限り、FF金利(米国の政策金利)の誘導目標を0-0.25%で維持するとし、超低金利政策の維持を表明している。

 しかし、一方で、「労働市場の改善とインフレ見通しが長期目標へ向かえば、さらなる縮小の可能性」があることも示唆している。

■テーパリング実施を市場はまだ十分に織り込んでいない

 テーパリング実施が決まったことで、金融政策が180度転換されて、市場に潤沢に供給されていた資金の蛇口が絞られることになるので、マーケットは米ドル買い、新興国通貨売り、株売り、商品売りの方向へ動く、と考えていた。

 さりとてNYダウが「大暴落」する可能性はかなり低いと考えていたが、テーパリング実施を受けても米国株は大きく上昇した。 

米国株(US30) 1時間足

(出所:米国FXCM

 2013年内のマーケットは、「テーパリング実施という材料」を、まだ、十分に織り込んだとは言えない状況と考える。

 しかし、テーパリング実施が発表されたので、これで年内のビッグ・イベントはすべて終了したことになる。

 年内はクリスマス相場で、本格的な売買は2014年に持ち越す状況と考える。

■2013年内は休み、まず、年明け2、3日の相場に注目を

 2014年1月から量的緩和の縮小に着手する――FOMCの結論が出た。

 これで、マーケットが注目していた2013年内のビッグ・イベントがすべて終わったが、今年は特殊な年だった。

 例年ならば、サンクスギビングデー(感謝祭)を境に、市場参加者が三々五々クリスマス休暇に入り、12月中旬の相場は、デッドな状態(=市場参加者がおらず、閑散とした状態)のはずだ。

 しかし、今年は12月17日(火)、18日(水)のFOMCに注目が集まったため、市場参加者は休みたくても休めずにいた。

 そして、結論が出た12月18日(水)の相場は大きく動いたが、長くは続かなかった。

 FOMCの発表が終わると、すぐに、外国為替市場の参加者たちは、クリスマスを楽しむための休暇に入った、と考える。

 日本の株式市場は、大納会に向けて盛り上がる傾向が強いので、FX投資家も「休んではいられない」という気持になるのはよくわかるのだが、外国為替市場の中心は、東京市場ではないことをよくよく認識して、ここはやはり「世界の慣行」にしたがって、休むところなのだろう、と考えている。

 なお、年明けは日本の感覚では1月6日(月)…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75796人

ザイFX!のtwitterをフォローする
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.11113.44

USDJPY

ユーロ/円+0.02133.65

EURJPY

英ポンド/円+0.14151.57

GBPJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム


 
12月12日更新



 
12月11日更新







ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門