FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

1月30日(木)■『[米)FOMC政策金利&声明発表]明けでの影響』と『主要な株式市場及び米・長期金利の動向』、そして『注目度の高い米国の経済指標の発表』に注目!

2014年01月30日(木)東京時間 08:00


本日の為替相場の焦点は、『[米)FOMC政策金利&声明発表]明けでの影響』と『主要な株式市場及び米・長期金利の動向』、そして『注目度の高い米国の経済指標の発表』にあり。

米国の経済指標及びイベントは、
・22時30分:米)新規失業保険申請件数
・22時30分:米)第4四半期GDP【速報値】/個人消費
・24時00分:米)中古住宅販売保留
に注目が集まる。

米国以外では、
・05時00分:NZ)RBNZ政策金利声明発表
・06時45分:NZ)住宅建設許可
・09時30分:豪)第4四半期輸入物価指数
・10時45分:中)HSBC製造業PMI【改定値】
・17時55分:独)失業率失業者数
・22時00分:独)消費者物価指数【速報値】
・翌6時45分:NZ)貿易収支
・翌8時00分:NZ)ウィーラーRBNZ総裁の発言
に注目が集まる。

それ以外では、
『米)FOMC政策金利声明発表』明けでの影響
五十日要因
1月の月末要因(明日が1月の月末最後の営業日)
米国の中長期国債の入札が相次ぐ(28日・2年債29日・2年物価連動債、30日・5年債&7年債)
米国の主要企業の決算発表→ビザ、グーグル、3M、アマゾン、シェブロン、エクソンモービル、コノコ・フィリップス、ブロードコム、その他
米国の国債市場と長期金利の動向
主要な株式市場の動向
米国の金融政策への思惑
欧州の金融政策への思惑
金融市場のリスク許容度(欧米の株式市場が主導)
中国の景気失速や新興国からの資金流出懸念
アルゼンチンのデフォルト懸念
金融当局者や要人による発言
などの要因も重要。


★★★

本日は、『米)FOMC政策金利声明発表』明け30日の五十日で、明日が1月の月末最後の営業日
NZ)RBNZ政策金利声明発表が予定されている。

米国の経済指標は、新規失業保険申請件数第4四半期GDP【速報値】/個人消費中古住宅販売保留がメイン。
その他、5年債と7年債の入札、複数の主要企業の決算発表も行われる。

米国の株式市場の動向は、金融市場の方向性を見極める上で非常に重要な要因。
米国の長期金利(米国債)金・原油などの商品市場の動向も為替相場と関連性が高い。
米国の主要企業及び大手金融機関の決算発表米国の株式市場に影響を与えやすい。

先週の為替相場は、週末に突如、中国や新興国、アルゼンチンへの懸念などで主要な株式市場が大きく下落し、ドル売りが加速した。

今週の為替相場は、先週末の急変への反動もあって、反発が優勢で比較的落ち着いた動きとなっていたが、昨日のNY市場でFOMC結果発表が行われ、その前後で大きく動いた。

本日の為替相場は、『米)FOMC政策金利声明発表』明けでの影響に最大限注視しながら、引き続き、主要な株式市場及び米・長期金利の動向米国の金融政策への思惑欧州の金融政策への思惑金融市場のリスク許容度などでの影響も重要となる。
また、複数発表される注目度の高い米国の経済指標米国の5年債と7年債の入札の他、先週末に金融市場が大きく変動する要因となった中国の景気失速や新興国からの資金流出懸念アルゼンチンのデフォルト懸念などにも注意したい。


■□■本日のトレード用のエサ(羊飼いの見解)■□■(※毎日更新)

・05時00分:NZ)RBNZ政策金利声明発表
内容的にサプライズがなくても、今後の金融市場への思惑で大きく動くきっかけになりやすい

・06時45分:NZ)住宅建設許可
発表でのNZドルへの影響は大きめ

・09時30分:豪)第4四半期輸入物価指数
発表での豪ドルへの影響はそれなり

・10時45分:中)HSBC製造業PMI【改定値】
発表での影響は大きめ。中国の景気先行きや今後の金融政策への思惑は金融市場全体に影響を与えやすい。特に豪ドルが影響を受けやすい。
先週末に発表された速報値で大きく動いているため、十分に注意したい。

・17時55分:独)失業率失業者数
・22時00分:独)消費者物価指数【速報値】
発表内容での影響と言うよりは、欧州市場が動き出すキッカケとして注視したい

・22時30分:米)新規失業保険申請件数
・22時30分:米)第4四半期GDP【速報値】/個人消費
・24時00分:米)中古住宅販売保留
本日は、金融市場の大きな焦点だったFOMC政策金利声明発表明けである他、注目度の高い経済指標が目白押し。
経済指標は、新規失業保険申請件数第4四半期GDP【速報値】/個人消費中古住宅販売保留が大きな変動要因となりやすい。
その他、5年債と7年債の入札、複数の主要企業の決算発表が予定されている。
米国の株式市場や長期金利の動向での影響は、引き続き重要。
五十日要因や月末要因にも注意したい。

・翌6時45分:NZ)貿易収支
発表でのNZドルへの影響は非常に大きい

・翌8時00分:NZ)ウィーラーRBNZ総裁の発言
言及内容次第も、大きな変動のキッカケになりやすい


1月27日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円が中心)
今週(1/27~)に、ニュージーランド、南アフリカ、米国の金融政策発表&日本の議事録公表が予定
来週(2/3~)は、オーストラリア、英国、欧州の金融政策発表が予定(議事録公表の予定はなし)
29日・水にFOMC結果発表
米国の主要企業や大手金融機関の決算発表が相次ぐ
米国の中長期国債の入札が相次ぐ
1月の月末要因
来週(6日・木)にECB金融政策結果発表&ECB総裁記者会見
1月31日から旧正月(チャイニーズニューイヤー)絡みの連休入り
中国の景気失速や新興国からの資金流出懸念
アルゼンチンのデフォルト懸念
米国の国債市場と長期金利の動向
主要な株式市場の動向
米国の金融政策への思惑
欧州の金融政策への思惑
金融市場のリスク許容度(欧米の株式市場が主導)
主要な経済指標の発表(米国が中心)
金融当局者や要人による発言
金や原油などの商品市場の動向
世界経済の先行きへの思惑(欧米が主体、中国の動向も重要)
欧州の債務問題への思惑
日本の金融政策への思惑
安倍政権の経済政策や税制絡みの話題

ザイFX!限定でamazonギフト券3000円分をプレゼント!

1月30日(木)の為替相場の注目材料 指標ランク
(注目度&影響度)
市場
予想値
前回
発表値
『米)FOMC政策金利声明発表』明け
30日の五十日
明日が1月の月末最後の営業日
米国の主要企業の決算発表→ビザ、グーグル、3M、アマゾン、シェブロン、エクソンモービル、コノコ・フィリップス、ブロードコム、その他
05:00 ニュージーランド NZ)RBNZ政策金利声明発表 2.50%
据え置き
2.50%
据え置き
06:45 ニュージーランド NZ)住宅建設許可 -5.0% +11.1%
08:50 日本 日)小売業販売額 +3.9% +4.0%
日本 ↑・大型小売店販売額 +0.7% +0.6%
09:30 オーストラリア 豪)第4四半期輸入物価指数 +2.0% +6.1%
オーストラリア ↑・輸出物価指数 -0.2% +4.2%
10:45 中国 中)HSBC製造業PMI【改定値】 49.6 49.6
17:00 スイス ス)KOF先行指数 2.00 1.95
17:55 ドイツ 独)失業率 6.9% 6.9%
↑・失業者数 -0.5万人 -1.5万人
18:30 英国 英)消費者信用残高 × +7億 +6億
18:30 南アフリカ 南ア)生産者物価指数
[前月比/前年比]
+0.2% +0.2%
+6.1% +5.8%
19:00 ユーロ圏 欧)消費者信頼感【確報値】 × -11.7 -11.7
21:00 南アフリカ 南ア)財政収支 × +190.0億 -287.5億
22:00 ドイツ 独)消費者物価指数【速報値】
[前月比/前年比]
-0.4% +0.4%
+1.5% +1.4%
22:30 米国 米)新規失業保険申請件数 AA 33.0万件 32.6万件
米国 米)第4四半期GDP【速報値】 S +3.2% +4.1%
米国 ↑・個人消費 +3.7% +2.0%
米国 ↑・GDPデフレーター +1.2% +2.0%
米国 ↑・コアPCEデフレーター +1.1% +1.4%
24:00 米国 米)中古住宅販売保留
[前月比/前年比]
AA -0.3% +0.2%
-0.3% -4.0%
25:30 米国 米)5年債入札 BB 350億ドル
27:00 米国 米)7年債入札 BB 290億ドル

06:45
ニュージーランド NZ)貿易収支 +5.00億 +1.83億

08:00
ニュージーランド NZ)ウィーラーRBNZ総裁の発言 要人発言
文字が、普通→太字→赤色太字の順番で重要なものになる。ピンク太字は金融政策関連のもの。
ピンクのバックは米国の材料でオレンジは金融政策関連、黄は要人発言、緑は企業の決算を表す。
重要ランク
について
米国の経済指標はSS→S→AA→A→BB→B→Cの7段階で表記
その他の経済指標は◎→○→△→×の4段階で表記
当コンテンツについての
免罪事項・ご利用上注意点
15時~20時に市場予想値(コンセンサス)の最新の数値をチェックし、更新した数値は赤字で表記
今日の羊飼いの相場観 これからどっちに動く!?
米ドル/円は?
長期トレンド中期トレンド短期トレンド

基本ショートで、戻り売り&下落加速時に追随。101円台の堅さには要注意


ユーロ/米ドルは?
長期トレンド中期トレンド短期トレンド

様子見



★☆>>>更に詳しい内容は羊飼いのFXブログでどうぞ!

 

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75966人

ザイFX!のtwitterをフォローする
羊飼いの「今日の為替はこれで動く!」
羊飼い (ひつじかい)

FX情報満載の人気ブログ「羊飼いのFXブログ」を運営する凄腕ブロガー。日本ではまだFXが一般的でなかった2001年からFXのトレードを続けている。このコーナーはそんな羊飼いが今日発表される重要経済指標をズバリ解説!

執筆者のサイト
「羊飼いの外国為替FXブログ」

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円-53993.002145507.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル-386.800018970.1000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ-585.600015550.0000

XBTEUR
Powered by kraken
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
12月15日更新



 
12月11日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門