為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

米雇用統計良好でも市場が冷静な理由?
はっきりしているのはユーロ/ドルの上昇か

2014年03月13日(木)東京時間 19:02

■米雇用統計は良好なのに市場の反応はなぜ冷静?

3月はレンジ相場になると繰り返しお話ししてきましたが、ここまでは予想どおりの展開となっています。

【参考記事】
「米国経済は堅調に推移」がコンセンサス。けれど、ドル高にならない真の理由とは?(3月6日、今井雅人)

 先週、3月7日(金)に発表された米雇用統計は、2月の非農業部門就業者数が前月比17.5万人の増加と、市場予想の14.9万人よりもかなり良好。また、1月、12月分も上方修正されるなど、普通であれば大きく反応するような結果であったにもかかわらず、市場は非常に冷静です。

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:米国主要経済指標の推移

 米国の現在の状況は既定路線で、市場のサプライズになっていないということかもしれません。

■当面、日銀のさらなる金融緩和は実施されない

 日本の状況も同様です。

 3月11日(火)、日銀の金融政策決定会合が行われましたが、従来の「量的・質的緩和」を続けるということが決定され、目立った変化はありませんでした。

 会合後の定例記者会見で黒田総裁は、「現在の日本経済はさまざまな角度から順調に景気回復してきていることが表れている」と日本経済に強気の見方を示しました。

 これで当面、日銀のさらなる金融緩和が実施される見込みはなくなりました。

 あとは、4月以降の消費税引き上げの影響を見ながら、経済見通しに変化が生じたときに初めて、さらなる金融緩和を検討するということになるので、当面、相場の材料とはなってきません。

■アベノミクスで日本経済は好調に見えるが…

 ただ、日本経済に対してもそんなに楽観的な見方はできません。

 2013年10-12月期のGDP2次速報値は、前期比で0.2%と1次速報値の0.3%から下方修正されました。年率にすると1.0%から0.7%への下方修正ということになります。

 アベノミクスで日本経済は好調に見えますが、GDPの推移で見るとそうでもありません。2013年の1-3月期は前期比で1.1%の増加、4-6月期は1.0%の増加、7-9月期は0.2%の増加、10-12月期は0.2%の増加と、景気の拡大は明らかに減速しています。

 政府は2013年度のGDP実質成長率を2.6%と予想していますが、ここまでの3四半期の実績から、これを実現することは事実上不可能となっています。

■政府はなぜGDPの実質成長率を下方修正しないのか

 このことは政府もわかっているはずですが、いまだに見通しを下方修正しようとしません。理由は簡単で、認めたくないからです。

 これを認めてしまうと自らアベノミクスがうまくいっていないことを認めてしまうことになりかねないと警戒しているのでしょう。しかし、数字は嘘をつきません。事実は事実です。

 この状態では、投資家も、これ以上の日本株の購入を躊躇するでしょう。法人税の大幅な引下げなどの抜本的な改革を打ち出さない限り、株式市場が強気に戻るのは難しいのではないでしょうか。

日経平均株価 日足

(出所:株マップ.com

■ウクライナや中国など海外の材料にも注意

 海外も少し懸念材料が増えてきています。

 ウクライナの問題は、ロシア軍が、いったん軍をクリミア半島から撤退したことで小康状態に入りましたが、クリミア自治共和国の住民投票をめぐって緊張は続いています。予断を許さない状況です。

 さらに、問題は中国です。

 今週(3月10日~)、銅が国際市場で急落しました。背景には「中国リスク」が存在しています。

銅先物(COMEX) 日足

(出所:CQG)

中国の景気が低迷していることで、資源の需要が落ち込むという懸念が広がっていることが原因と言われています。また、米国の量的緩和縮小の影響も出ているのかもしれません。

 先週末の3月7日(金)、中国で初となる社債のデフォルトが発生しました。これまで、こうした危機が何度もありましたが、これまでは政府が最終的には何らかの救済をしてきました。

 しかし、今回政府は、はしごを外しました。中国に何かが起きているのかもしれません。こうした不安リスクを抱えていることも相場を難しくしている原因だと前回のコラムでもお話ししましたが、その傾向はますます強くなってきています。

【参考記事】
「米国経済は堅調に推移」がコンセンサス。けれど、ドル高にならない真の理由とは?(3月6日、今井雅人)

 こういうときは、相場は方向感が出にくいです。

 そんななか、今はっきりしているのは…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 67762人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」
今井雅人 (いまい・まさと)

上智大学卒業。三和銀行、UFJ銀行にてディーリング業務に携わり、2004年3月までUFJ銀行の為替部門統括次長兼チーフディーラーを務める。2004年に独立し、現在グローバル・インフォ代表取締役会長、マットキャピタルマネージメント代表取締役社長。早稲田大学インド経済研究所評議員を兼務。2009年の衆院選に出馬して当選し、衆議院議員に。2012年に再選、2014年に三選。現在は衆議院TPP特別委員会理事等を務める。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](4月30日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](4月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](3月31日まで)
  • 最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)+最大10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)または、最大10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[トライオートFX](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](4月2日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](4月2日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](3月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
DMM.com証券[DMM FX]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.04111.11

USDJPY

豪ドル/円+0.1584.93

AUDJPY

トルコリラ/円+0.0330.33

TRYJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
03月27日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門