為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

レンジオプションの勝ち方を発見!?
払い戻し率104.23%のバイナリーって?

2014年04月18日(金)東京時間 12:42

各社バイナリーオプションの最新スペックはこちらでチェック!】
人気のバイナリーオプションを徹底比較! 最短1分前まで購入できる商品も登場!

■払い戻し率104.23%! トレーダーに有利なバイナリーとは

 バイナリーオプション(BO)を取り扱うFX会社から、毎月発表されるBOの月次取引実績。3月の取引実績が出揃う中、今回はGMOクリック証券【外為オプション】に注目してみたいと思います。

GMOクリック証券【外為オプション】には、ラダーオプションレンジオプションという2種類のバイナリーオプションがあります。

 ラダーオプションは、複数の目標価格の中から1つを選んで、判定時の価格が選んだ価格よりも上か下かを予想するというオプション。

 レンジオプションは、複数の目標価格帯の中から1つ選び、判定時の価格が選んだ価格帯の中に入るか入らないかを予想するというオプションです。

【参考記事】
GMOクリック証券で新外為オプション!3つのタイプで相場状況に合わせた取引を

 そして下の表は、ここ3カ月のGMOクリック証券【外為オプション】のラダーオプション、レンジオプションそれぞれの月次取引実績になります。

GMOクリック証券【外為オプション】の月次取引実績

(出所:GMOクリック証券株式会社・外為オプション取引の月次取引実績)

 表中の「総取引金額に対する総支払金額の割合」とは、一言でいうと「払い戻し率」のこと、そして「取引口座に対する損失発生口座の割合」とは、同じく「負け口座率」のことです。

【参考記事】
バイナリーオプション各社が取引実績発表。業者が損!? 払戻し率100%を超えた月も!

 1月の実績を見てみると、ラダーオプションの払い戻し率が98.40%、負け口座率が73.54%なのに対し、レンジオプションは払い戻し率92.22%、負け口座率71.74%となっています。負け口座率こそ互角ですが、払い戻し率はラダーオプションの方がトレーダーにとって有利だったと言えます。

 ところが2月、3月の実績になると、両者が逆転! 特に3月はラダーオプションの払い戻し率99.52%に対し、レンジオプションの払い戻し率はなんと104.23%! レンジオプションだけ見ると、GMOクリック証券としては赤字、ということです。

 負け口座率も、ラダーオプションの72.34%に対し、レンジオプションは58.10%と、6割を切っています。これはかなり、トレーダーに有利なようですね。

■相場の値動きとオプションの勝ち負けの関係って?

 1月にはラダーオプションの払い戻し率の方が高かったのに、2月、3月はレンジオプションが逆転している――これには何か、理由があるのでしょうか。

 秘密を探るべく(?)GMOクリック証券のウェブサイトを見てみると、こんな記載がありました。 

【参考記事】
GMOクリック証券で新外為オプション! 3つのタイプで相場状況に合わせた取引を

 ラダーオプションはトレンド相場と相性◎、レンジオプションのうちレンジインオプション、つまりレンジ内に価格が収まることを予想するオプションはレンジ相場と相性◎。つまり、相場の値動きとオプションの種類には、相性の良し悪しがある! ということです。

 そこで、1月、2月、3月の実際の相場の動きがどうだったか、確認してみましょう。

 まずは、1月のチャートをご覧ください。背景が薄紫色になっている部分が、1月になります。

 ご覧のとおり1月は、上昇トレンド・下降トレンドが繰り返されていました。よって、GMOクリック証券のウェブサイトにあるとおり、ラダーオプションと相性の良い相場だったと言えますね。

米ドル/円 4時間足(2014年1月)

(出所:米国FXCM

 続いて、2月のチャートを見てみましょう。同じく、薄紫色の部分が2月に該当します。

 2月は、比較的値幅が狭い期間、つまりレンジ相場が続いていました。よって、レンジインオプションと相性の良い相場だったということです。

米ドル/円 4時間足(2014年2月)

(出所:米国FXCM

 最後に、3月のチャートを確認してみましょう。3月は、上昇、下降トレンドとなった期間があったものの、レンジ相場になっている部分の値幅は、2月よりもさらに狭くなっています。レンジオプションの払い戻し率がいっそう上がったのは、このあたりが理由なのではないでしょうか。

米ドル/円 4時間足(2014年3月)

(出所:米国FXCM

 ちなみに、FXトレード・フィナンシャル【FXTF バイナリー・トレード】の払い戻し率も確認してみたところ、ラダーオプションは2月が95.5%、3月が97.0%だったのに対し、レンジオプションは104.6%、105.2%と、2月、3月ともに100%超えとなっていました。

ラダーオプションはトレンド相場と相性が良い、レンジオプションはレンジ相場と相性が良い、ということがリアルな払い戻し率の数字にこれだけハッキリ表れるんですね。

GMOクリック証券【外為オプション】にチャレンジする方は、前後の相場を俯瞰してから注文方法を選ぶと、勝率が上がるかもしれませんよ!

>>>GMOクリック証券[外為オプション]の詳細についてはコチラをご覧ください

(ザイFX!編集部・上岡由布子)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 67615人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
GMOクリック証券[FXネオ]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.30110.96

USDJPY

ユーロ/米ドル-0.00141.0779

EURUSD

南アランド/円+0.018.85

ZARJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
03月20日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門