為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

ユーロ/ドル0.5pips、英ポンド/円1.1銭!
恒常化された老舗のスプレッドがヤバイ!

2014年05月15日(木)東京時間 12:46

■業界最狭水準キャンペーンスプレッドを恒常化!

 老舗FX会社の外為どっとコム[外貨ネクストネオ]で実施されていたスプレッド縮小キャンペーン。2014年5月からは、これまで期間限定キャンペーンで提供されていたスプレッドが、まるっと恒常化されました!

米ドル/円スプレッド0.4銭原則固定も業界2位グループに食い込む水準ですが、もっと注目したいのが、業界最狭水準に位置する英ポンド/円1.1銭原則固定、ユーロ/米ドル0.5pips原則固定、NZドル/円1.6銭原則固定です。

 以前、スプレッド縮小キャンペーン実施中にも当コーナーで紹介したことがありますが、まさか老舗FX会社がここまでやるか!? という水準!

【参考記事】
老舗がここまで縮小! 米ドル/円0.4銭へ。ユーロ/米ドル0.5pips、NZドル/円1.6銭!

 せっかくなので、英ポンド/円1.1銭原則固定、ユーロ/米ドル0.5pips原則固定、NZドル/円1.6銭原則固定がどのくらいすごいスプレッドなのか、比較表でチェックしつつ、各通貨の最近の相場動向も合わせてみていきましょう。

■経済指標好調で利上げ期待高まる英ポンド/円は1.1銭!

 まずは、英ポンド/円!

 2014年5月12日(月)~6月11日(水)の期間限定でトレイダーズ証券[みんなのFX]1.0銭原則固定に縮小していることを除けば、外為どっとコム[外貨ネクストネオ]の英ポンド/円スプレッドは、原則固定スプレッドの中で業界最狭水準です。

業界トップ水準の「英ポンド/円」スプレッド比較(2014年5月15日現在)

(※)スプレッドはすべて、例外あり。トレイダーズ証券[みんなのFX]は6月11日(水)まで、FXトレード・フィナンシャル[高速FX]は、6月30日(月)までのキャンペーンスプレッドです。SBI FXトレードのスプレッドは、取引数量によって変化します。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる「英ポンド/円」スプレッドの狭い順

 英ポンドは、英国の景気回復やBOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])の早期利上げ期待を背景に、ここのところ主要通貨に対して上昇傾向にあります。

 特に、QE縮小を開始しながら、依然、利上げ開始時期が不透明な米ドルに対して上昇しているのです。

英ポンド/米ドル 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 週足

 2014年1月末から2月にかけて起こった新興国ショックを受けて、ややリスク回避の円高に振れた時期もありましたが、対円でも1月には2008年10月以来となる高値まで上昇。2014年5月現在も、比較的底堅く推移している印象です。

【参考記事】
トルコが政策金利を4.25%上げて12%に!暴落していたトルコリラが一転、急上昇!

英ポンド/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 週足

 もともと、日々の変動幅が大きい英ポンドは、短期トレーダーに人気の通貨ですが、米ドル/円の動きが停滞気味の今、底堅い動きが続き、かつ日々の変動幅も見込める英ポンド/円は、チェックしておきたい通貨ペアですね。

■ドラギマジックで注目のユーロ/米ドルは0.5pips!

 続いてユーロ/米ドル! 外為どっとコム[外貨ネクストネオ]のユーロ/米ドルスプレッドは以下のとおり。0.5pips原則固定というスプレッドは、原則固定だろうが、変動だろうが、文句なく業界最狭水準の低スプレッドです。

業界トップ水準の「ユーロ/米ドル」スプレッド比較(2014年5月15日現在)

(※)スプレッドはすべて、例外あり。FXトレード・フィナンシャル[高速FX]は、6月30日(月)までのキャンペーンスプレッドです。SBI FXトレードのスプレッドは、取引数量によって変化します。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる「ユーロ/米ドル」スプレッドの狭い順

 ユーロといえば、5月8日(木)のECB(欧州中央銀行)理事会において、ドラギ総裁が、「必要なら6月の会合で行動することは容易」などと追加緩和の可能性を匂わせたことをきっかけに急落しました。

 当初、政策金利据置きの発表を受け、マーケットはユーロ買いで反応していましたが、ドラギ総裁の発言を受けて一瞬にして反落したのです。

ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 この時は、マーケットへのアプローチが巧みなことから、ドラギマジックとも言われるECBドラギ総裁の作戦に、見事にひっかかったような印象でしたね。

6月にECBスタッフによる経済予想が公表される予定にもなっていることから、そのタイミングで追加緩和が発表されるのでは? との見方もあるようです。しかも、最近では沈静化していたウクライナ情勢への懸念が再び高まっており、ユーロが抱える不安要素は多い様子…。

【参考記事】
ウクライナ情勢緊迫化で流れはリスクオフ。週明けは円高方向に下窓を開けてスタート

 追加緩和期待にウクライナ情勢への懸念と、何かと材料が豊富なユーロは、6月に向けてさらに大きく動くかも!? ユーロ/米ドルの取引をするなら、業界最狭水準スプレッドの外為どっとコム[外貨ネクストネオ]は、押さえておきたい1社です。

 続いて、NZドル/円! こちらも…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 65373人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!/ザイ・オンライン関連情報

GMOクリック証券
GMOクリック証券[FXネオ]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円0.00103749.20

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+7.8470895.8320

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+8.5260839.5000

XBTEUR
Powered by kraken
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム



 
01月23日更新







ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門