為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

インターバンク直結のあの口座にAndroid
アプリが登場! スプレッド提示率も公表

2014年09月17日(水)東京時間 13:32

■Androidアプリ[FX C-NEX]をリリース

 今回は、YJFX!の[C-NEX]でリリースされた、新アプリを取り上げたい。 

YJFX!では[外貨ex]や[MT4]など、複数の口座を提供している。その中で、[C-NEX]は、ディーリングデスクを介さない、NDD(Non Dealing Desk)方式が採用されているほか、1注文あたりの発注上限が大きく、大口取引に向いている口座だ。

【NDDについての参考記事】
【徹底解剖】2014年大注目のNDD(1) NDDでマイナススプレッドが出る原理
【徹底解剖】2014年大注目のNDD(2) NDDでスキャルパーが歓迎されるワケ
【徹底解剖】2014年大注目のNDD(3) NDD口座比較の隠れたポイントとは?

 2014年8月11日、YJFX!は、その[C-NEX]口座向けのAndroidアプリ[FX C-NEX]をリリースした。これまでは、iPhoneアプリのみが提供されていたが、今回のAndroidアプリの提供開始で、スマートフォン取引の幅が広がる。

 このAndroidアプリ[FX C-NEX]だが、基本的な操作は、ホーム画面から呼び出したメニューを選択することで可能。これで、新規注文から決済注文まですることができる。操作性については、すでにリリースされていたiPhoneアプリと大きく変わったところはないという。

 それでは、新規注文までの流れを見てみよう。

 はじめに、ログイン後のホーム画面からメニューを呼び出す。

[FX C-NEX] ホーム画面

 その後、メニューから新規注文を選択し、注文方法や通貨ペアなどを決定したら、注文を送信して完了となる。そして、ホーム画面からメニューで約定一覧を選択すると保有しているポジションを見ることができる。以下の画像は、約定一覧でのポジション確認までの流れだ。

[FX C-NEX] 新規注文までの流れ

 そのほか、チャートなども、タップ1つで簡単に見ることができる。以下は、Androidアプリ[FX C-NEX]のチャート画面だ。

[FX C-NEX] チャート画面

 チャート画面に表示される設定ボタンから、「通貨ペア」「足の種類」「画面タイプ」「テクニカル分析」などの設定が可能。さらに、左上の注文ボタンから、チャート画面に表示されている通貨ペアの注文画面に飛ぶことができる。

■20行以上の金融機関をつなぎ流動性を確保!

 ここで、YJFX![C-NEX]口座はどんな特徴を持った口座なのか、改めて紹介しよう。先ほども述べたとおり、YJFX![C-NEX]は、NDD(Non Dealing Desk)方式を採用していることが大きな特徴だ。

 NDD方式とは、ディーリングデスクを介することなく、トレーダーとインターバンクをダイレクトに結んで瞬時に完全自動カバーされるしくみ。

 それはつまり、システムの透明性が高いということ。「レート操作」や「ストップ狩り」といった顧客が損失を被る可能性があるリスクが排除され、従来の相対取引ではあり得る、顧客の損失がFX会社の利益になるようなことにはならないということだ。

【参考記事】
【徹底解剖】2014年大注目のNDD(1)NDDでマイナススプレッドが出る原理
【徹底解剖】2014年大注目のNDD(2)NDDでスキャルパーが歓迎されるワケ

 そして、YJFX![C-NEX]の場合、20行以上もの金融機関から取引レートの提供を受けている。

 また、取引回数に制限がなく、1注文あたりの発注上限は「10億ドル相当額」と他のFX会社と比較できないほどの取引が可能。さらに、スキャルピングなどの取引手法による制限も設けられていない。

 よって、1回でかなりの数量を取引する方や、超短期売買をメインに取引する方にとっては使い勝手が良さそうだ。

【参考記事】
サイバーエージェントFXの「C-NEX」にそろそろ……オトナ口座開いてみません?※2014年3月1日より「株式会社サイバーエージェントFX」から「ワイジェイFX株式会社」に社名変更

■インターバンク直結だからできるスプレッドも魅力!

 さらに、スプレッドの狭さも[C-NEX]の魅力の1つ。YJFX!では、このたび、公式サイト上で[C-NEX]米ドル/円スプレッドの提示率を公開し始めた。以下は、2014年8月1日~2014年8月31日までのものだ。

米ドル/円スプレッド提示率

(出所:YJFX!

※上記データは2014年8月1日~8月31日の期間中に配信された総ティック数のうち、各スプレッドで配信されたティック数の割合を指します(スプレッド別配信ティック数)/(期間中の総配信ティック数)。
※上記スプレッドは、過去の実績であり、今後のスプレッドの提示を約束するものではありません。
※小数点第3位以下は四捨五入しています。

 これを見ると、もっとも多いのが0.4銭~0.5銭の60.32%、業界トップ水準となる0.2銭~0.3銭が13.58%となっている。これだけ見ても、比較的狭いスプレッドが提示されていることがわかる。さらに、注目したいのが、0.0銭~0.1銭も0.57%と、現在の業界トップ水準を大幅に上回るスプレッドが提示されている時間があるということだ。

業界トップ水準の「米ドル/円」スプレッド比較(2014年9月17日現在)

(※)スプレッドはすべて、例外あり。SBI FXトレードのスプレッドは、取引数量によって変化します。

 ちなみに、マイナススプレッドも提示される可能性があることでも話題のセントラル短資FX[ウルトラFX]も、同じく米ドル/円スプレッドの提示率を公表している。2014年8月度の結果を見ると、0.4銭~0.59銭が50.55%でトップ、0.2銭~0.39銭が41.98%で続く。そして、0.0銭~0.19銭が3.93%、マイナススプレッドの提示率は0.18%程度となっている。

 そして、[C-NEX]に口座開設すると、プレミアムレポート「外銀特別レポート たか朝」を読むことができる。このレポートは、米系銀行のトレーダーやストラテジストによる相場のポイントや見通しをまとめたもので、金融機関ならではの激レア情報が満載だ。詳しくは下記の記事をチェックしてほしい。

【参考記事】
ジリ高( ̄― ̄)ニヤリッ!? 激レア情報満載の外銀特別レポートがもらえる件について

 これまでの取引環境の良さに加え、Androidアプリが加わったことで、スマートフォン取引の幅が広がったYJFX![C-NEX]。興味のある方は、この機会に口座開設を検討してみては。

>>>YJFX![C-NEX]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください

(ザイFX!編集部・庄司正高)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 69265人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.01111.79

USDJPY

ユーロ/米ドル+0.00041.1188

EURUSD

南アランド/円-0.028.52

ZARJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
05月22日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門