FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

相場歴30年の外資系トレーダーに質問!
今後の為替は円安方向に向かうのですか?

2014年10月10日(金)東京時間 14:38

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 今回は、SBI FXトレードの公式サイトで公開されている、相場やトレードに関するQ&Aをご紹介したいと思います。

■相場歴30年のベテラントレーダーによるQ&A!

SBI FXトレードでは、2014年8月に、取引条件などを満たした方の中から抽選で20名に、書籍『〈為替相場〉トレーダーの読み筋』(小林淳著)をプレゼントするキャンペーンをおこなっていました。

※終了したキャンペーンです

 また、書籍のプレゼントに加え、著者の小林淳さんへのFXに関する質問も受け付けていました。

 現在BNPパリバ銀行東京支店・外国為替部・営業統括部長の小林さんは、相場歴30年のベテラントレーダーです。

 そんな小林さんへ寄せられた質問に対する回答は、質問者のメールアドレスに直接送られたそうですが、このたび、その中から特に多くのトレーダーの参考になるであろう、8つの質問と答えが、SBI FXトレードの公式サイトで公開されました。

 ここでは、その中から2つご紹介します。

■今後の為替は円安方向に向かうのでしょうか?

 小林さんの回答の全文を載せると長くなってしまうので、特に重要そうな部分を引用します。

 まずは、やっぱり気になるが円安相場の今後。

 回答時期が約1カ月前だったため、最新の見解ではないかもしれませんが、中長期目線のお話もされているので、参考になるのではないでしょうか。

【質問回答日】
2014年9月10日(水)
現行水準(参考):
ドル/円 106.05/06円
ユーロ/円 137.35/36円
ユーロ/ドル 1.2950/51ドル

【質問Ⅰ】
今後の為替は円安方向に向かうのでしょうか?
向かった場合、どれほどまで円安は進むと考えられますか?

【回答】

個人的には、今後、ドル/円は中期的に見て円安・ドル高方向に変動していくものと予想しています。

どの程度まで円安が進行するのかとの見通しについては、予想する期間(スパン)によって、必然的にその目標値が変わってきます。そして、1年先や2年先という遠い将来に相場がどの水準で推移しているのかを予想することは、スパンが長過ぎて確実性が落ちるため、あまり意味がありません。従って、為替トレーダーという立場でもっと実践的なスパンの予想を立ててみますと、個人的には、年末までの現実的な次元で、ドル/円は最低でも108~110円程度まで、円安・ドル高が進行すると予想しています。また、来年前半までという、もう少し中期的なスパンでは、ドル/円は110~115円のゾーンを中心とした水準まで、円安が進行するポテンシャルがあると見ています。

 小林さんの今後の米ドル/円相場の見通しは上のとおりですが、円安・米ドル高が進行するファンダメンタルズ的な主な要因として、日米間における金融政策の相違が挙げられています。さらに、銀行ディーラーならではの視点として、次のように投機筋のポジション状況についても言及されています。

また、市場における投機勢のポジション偏重の部分に目を向けてみますと、アベノミクス推進の初期段階では、それまで長期間にわたって円高が進行していたことに沿って、市場に投機的な円ロング・ポジション(円の買い持ち)が積み上がっており、そのポジションの巻き戻しが、逆に円安進行を助長する大きな要因となりました。一方、足もとの市場では、市場参加者の大多数が今後の円安・ドル高進行を予想しており、その見通しに伴って、市場には投機的な円ショート・ポジション(円の売り持ち)が、かなりの規模まで積み上がり始めています。ということは、ドル/円が人々の予想通り上昇した場合、投機勢から利益確定のドル売り戻し売買が出やすいということになります。市場の大多数が予想した通りにドル/円が上昇していく場合、相場展開は常識的には緩やかに進んでいくことになります。そのあたりの状況分析が私のドル/円の水準を予想する根拠になっています。アベノミクス推進の初期段階では、ドル/円は78円台から8ヶ月を掛けて、103円台まで急伸しています。その当時の相場のエネルギーの大きさとの比較で、足もとのドル/円は今年のもみ合い相場の中心値103円から、今後、半年程度のスパンで10%前後の円安・ドル高進行をイメージすることは、妥当な判断ではないでしょうか。

 やはり大勢が同じ方向に向いている時というのは、相場の動きは鈍るのですね。

 2012年末からの勢いあるアベノミクス相場のイメージまだ残っているせいか、どうしても強い円安トレンドを期待してしまいますが、ここからは緩やかな円安トレンドを想定したほうが良さそうですね。

■利食いと損切りポイントの決め方は?

 続いては、トレーダーの永遠の課題である、損切りと利食い(利益確定)に関する質問です。

【質問Ⅴ】
エントリー・ポイントから何を参考に決済ポイントを決めたら良いですか?

【回答】
「利食いレベル」と「損切りレベル」を決める方法としては、以下の2点が有効的です。
(1) その局面の「相場の大きさ」を判断し、それに対応した適切な「利食いレベル」と「損切りレベル」を設定する
(2) リスクとリワード(見返り収益)のバランスを考慮した上で、「利食いレベル」と「損切りレベル」を決める

(※原文にあった丸囲み数字は機種依存文字のため、ザイFX!編集部がカッコつき数字に修正。以下同)

 小林さんは有効な決済ポイントの決め方について、上のとおり、2つのやり方を挙げていますが、まず、(1)については以下のように回答しています。

まず、(1)についてですが、「利食いレベル」の設定は、相場の大きさによって変わってくるということです。つまり、例えば今後、ドル/円が上昇するとの見通しを立てたと仮定した場合、その局面で2円幅の値幅の収益が狙える相場なのか、もしくは5円幅の儲けが狙える大きな相場なのかを、先に判断(予想)しておく必要があります。

相場の大きさを判断する時点では、その根拠となる相場変動要因のインパクト(影響力)の大きさを掴むことが鍵となってきます。このあたりのアプローチが、為替相場に取り組む上で最も重要であり、同時に最も難しいポイントになります。例えば、2012年の年末以降、アベノミクス推進の下で…(後略)

 次に(2)のやり方に関する回答は以下のとおりです。

(2)についてですが、為替市場で長く生き残っているトレーダーの大多数は、このリスクとリワードのバランスを設定する術や感覚に優れている人達だということが分かります。例えば、ドル/円について、中期的にドル高・円安進行を見通して相場に入る場合でも、「105円というエントリー・ポイントが少し高過ぎないか」「これではリスクが大き過ぎる割に、然程、リワードが見込めず、リスクとリワードのバランスがあまり良くないのでは」と見極められるかどうかということです。この場合、このトレーダーは…(中略)

では、リスクとリワードのバランスを例えば常に1対3の値幅に設定し、それを条件に相場にエントリーしていくという方法を考えてみましょう。具体的には、まず、自分でどこまでリスクを取れるかを最初に考えます。 要するに、自分の思惑が外れて相場に負けた場合、どの程度の金額的な損失額まで耐えられるのかを先に割り出しておくという発想です。例えば…(中略)

この方法では、どの程度のリスクを取る覚悟があるのかを最初に決めて、その上でリスク対リワードのバランスを設定することによって、必然的に利食いレベル(決裁ポイント)が割り出せることになります。この方法はやや機械的に感じられますが、実際、為替市場においてはすべてが不確定な状況の中にあって、かえってこのような機械的な仕切りを行った方が、気持ちの拠り所となるものです。 自分の感覚的な裁量だけを…(後略)

 損切りはできるようになっても、利益確定は難しいと感じているトレーダーは多いと聞きます。

 「ここで利益確定していれば、含み益を減らさずにもっと利益が取れた」や、「ここで利益確定していなければ、この後もっと利益が伸びたのに」といった、“たられば”はつきません。

 「頭と尻尾はくれてやれ」という相場の格言があるくらい、相場の動きすべてを取るのは不可能で、それはプロのディーラーも同じです。

 利食いで悩んでいる方は、小林さんのアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 ほかにも、「損失を出した時にメンタル的に強くなる方法を教えて下さい」や「ここぞ! という時の心構えとは何かありますか?」など、全部で8つの質問に、小林さんがプロ目線でていねいに回答しています。

 8つすべてのQ&Aを読みたい方、ここで取り上げた2つの回答の全文を読みたいという方は、ぜひSBI FXトレードの公式サイトでチェックしてみてください。

 さて、SBI FXトレードでは、現在2つの新規口座開設キャンペーンを実施しているのですが…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75100人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
SBI FXトレード

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.91112.12

USDJPY

ユーロ/円-0.83132.17

EURJPY

英ポンド/円-0.97148.14

GBPJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム



 
11月17日更新





 
11月06日更新



ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門