FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

ドル/円は113~114円台への上昇も覚悟。
政策余地が限られる日銀は悲壮感さえ漂う

2014年10月31日(金)東京時間 17:26

■FOMCのタカ派サプライズで米ドル全面高に

 今週(10月27日~)の目玉はFOMC(米連邦公開市場委員会)だった。QE(量的緩和)の終了に伴い、FOMC声明文は「意外」にもタカ派論調となり、米ドル全面高を押し進めている。

米ドルvs世界の通貨 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルvs世界の通貨 1時間足
※米ドルの強さを見やすくするため、このチャートには“逆転通貨ペア”が含まれています。これにより、この一覧チャートでは、米ドルが上がるとすべてのチャートが上昇する形になっています。

 というのは、9月末から市場のボラティリティが高まっており、市場関係者は「FOMCが何らかの示唆をもってハト派のメッセージを発信し、マーケットの安定を図るのでは」とみていたところだった。この意味では、今回のFOMC、市場関係者の期待を裏切り、サプライズでもあった。

 為替マーケットにおける米ドル全面高は当然の成り行きと言えるものの、米国株の大幅反騰はいささか難解だ。

 FOMCのタカ派姿勢が早期利上げ観測を高めていることが米ドル高につながっているのだから、早期利上げ観測自体は本来、米国株を押し下げる要因になる。米ドル高・株高のセットは、どちらかというと「相場は理外の理」の範疇に入るだろう。

■「言及なし=強気」という解釈は、油断禁物

 ところで、今回「意外」だったFOMCのタカ派姿勢に違和感を覚えるなら、9月FOMCを思い出す方も多いだろう。何しろ、9月FOMC声明文も「意外」なタカ派論調だったから、米ドル全面高をもたらしたが、その後10月に入ってその議事録が公開され、一転して米ドル全面安につながった経緯があった。

 前回は、「2015年末の金利予測の引き上げ」がFOMCのタカ派の証拠になったものの、議事録では「世界景気後退や米ドル高が懸念要素」として挙げられ、ムードを一転させた。

 今回、タカ派の証拠とされたのは、労働市場での大幅な未活用への言及部分が削除されたこと、そして、最近の市場の波乱や世界景気後退リスクに言及していないことだという。

 市場のロジックは明らかに「言及なし=強気」に傾いているが、そもそも低金利政策が「相当な期間」に維持されるという文言が残っている限り、市場関係者の解釈は一種の「言葉遊び」と化すリスクがある。

 前回がそうであったように、今回も油断できないだろう。何しろ、「相当な期間」を残している限り、FOMCは状況次第でどちらにも転向できる。マーケットの観測は先走りであり、また、その解釈は後づけである。

 したがって、マーケットが学習機能を果たすなら、このままFOMC声明文を鵜呑みにするのではなく、11月に公開される議事録を確認してから、本格的な方向転換を図るだろう。

 為替市場では、昨日(10月30日)米第3四半期GDPの好調が伝わってきたが、米ドル全面高のスピードは思ったより緩やかだったので、こういった学習機能を果たしている節があるのではないだろうか。

 言い換えれば、FOMCのスタンスに関する「憶測」だけで、米ドル全面高がどの程度まで進むかということは、目先の見どころだ…。

 と思っているところに、青天の霹靂のごとく、日銀追加緩和の…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75966人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
DMM.com証券[DMM FX]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.04112.66

USDJPY

ユーロ/円-0.04132.35

EURJPY

英ポンド/円-0.02150.05

GBPJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
12月15日更新



 
12月11日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門