ザイFX! チャレンジ!
1
次のページへ

1月後半に開催された「リアルトレードバトルキャンペーン」もいよいよ閉幕。前半戦で4413PIPSを稼いだ小林さんに対して、ザイFX!の刺客の1人は1555PIPS。このまま小林さんの逃げ切りを許してしまうのか!?

大差で逃げる小林さんを追う刺客
最終盤にまさかの大逆転劇が!!

「2人ともきっちり利益を出しましたね。実績から言って、そらはるさんの健闘は想定できましたが、小田原ドラゴンさんがここまでやるとは予想外。しかし、今回は私も好調でしたから!」

 と、胸を張る小林芳彦さんが大会期間中に稼いだのは6002PIPS(ヒロセ通商「LION FX」の場合、1PIPS=0.1銭)。たしかに見事な成績だ。

 折り返し時点で、そらはるさんは247PIPS、ドラゴンさんは1555PIPS。逆転は難しいかと思いきや、やはりカリスマ! そらはるさんがやってくれたっ!!

「終盤はコスっからく、PIPS稼ぎしちゃましたわ。セコいですけど上手くいきましたね」

 そう話すそらはるさんが獲得したのは、なんと7102PIPS! 小林さんを打ち負かして「麻婆丼・ビビンバ・とり釜めし」のごはんもの3点セットを獲得した。

 ドラゴンさんは3618PIPSと小林さんには及ばなかったものの、小林さんに負けても賞品がもらえるのはリアルトレードバトルキャンペーンのお得なところ。老舗菓子店謹製のあられを獲得した。3人の奮闘により超盛り上がったバトル、詳しく振り返っていこう。

「2大イベント」で乱高下!
米ドル/円は方向感のない難解相場に

 バトルが開催されたのは1月19日から30日までの2週間。1月22日にはECBが開催され、金融緩和の実施を発表。予想を上回る大規模緩和だったため、ユーロは急落した。

 3人が主戦場とした米ドル/円にもECBの影響が直撃。ユーロ/円の急落につられる形で米ドル/円が下落した。前半戦、そらはるさんが不調だったのも、このときの損失50万円が大きかった。

「さらにECB直後の週末にはギリシャの総選挙とイベントが続き、選挙明けの月曜日は米ドル/円が下に窓を開けて始まりました。全体で見れば1ドル117円から119円を中心にしたレンジでしたが、米ドル/円はユーロに振り回されて方向感が出にくく乱高下。難しい2週間でしたね」(小林さん)

 そんな相場だったのに3人ともプラスで終えたのはさすが! >>>続きはこちら

トライオート次へ

Contents menu

<1st BATTLE> ザイFX!が放つ刺客とは?
<1st BATTLE> 途中経過発表!
<1st BATTLE> まさかの逆転! 結果発表!!
<2nd BATTLE> 沖縄と大阪から刺客が参戦!!
<2nd BATTLE> 大事故発生!! 戦慄の途中経過発表!
<2nd BATTLE> 伝説となるバトル、結果発表!!
<3rd BATTLE> 最後の刺客はあの億超えトレーダー!
<3rd BATTLE> FOMCで天国から地獄へ! 魚屋さん無念!!
<3rd BATTLE> 結果発表! ついに小林芳彦氏が笑った!
<番外編> 負け組3人に幸あれ!!
1
次のページへ

●注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業 登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

【PR】