FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

3月4日(水)■『主要な株式市場及び米・長期金利の動向』と『明日に[欧)ECB金融政策結果発表]、明後日に[米)雇用統計]の発表を控える点』に注目!

2015年03月04日(水)東京時間 08:30


本日の為替相場の焦点は、『主要な株式市場及び米・長期金利の動向』と『明日に[欧)ECB金融政策結果発表]、明後日に[米)雇用統計]の発表を控える点』にあり。

米国の経済指標及びイベントは、
・22時15分:米)ADP全国雇用者数
・24時00分:米)ISM非製造業景況指数
・28時00分:米)地区連銀経済報告(ベージュブック)
に注目が集まる。

米国以外では、
・09時30分:豪)第4四半期GDP
・10時15分:米)イエレンFRB議長の発言
・10時45分:中)HSBC非製造業PMI
・18時30分:英)サービス業PMI
・19時00分:欧)小売売上高
・24時00分:加)BOC政策金利声明発表
に注目が集まる。

経済指標や要人発言以外では、
[豪)RBA政策金利声明発表]明け
米国の主要企業の決算発表
・欧州の大手金融機関の決算発表→スタンダードチャータード
明日に[英)BOE政策金利声明発表BOE資産購入枠発表]を控える
明日に[欧)ECB政策金利声明発表ドラギECB総裁の記者会見]を控える
週末(6日)に[米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率]の発表を控える
米国の国債市場と長期金利の動向
主要な株式市場の動向
米国の金融政策への思惑
欧州の金融政策への思惑
ギリシャ問題
原油価格の動向(金を中心としたその他の商品も)
金融当局者や要人による発言
日本の金融政策への思惑
金融市場のリスク許容度
ルーブルの動向(ロシアの対応も)
中国の景気動向への思惑
などの要因が重要。


★★★

本日は、[豪)RBA政策金利声明発表]明けで、[加)BOC政策金利声明発表][米)地区連銀経済報告(ベージュブック)]が行われる。
また、明日に[欧)ECB政策金利声明発表ドラギECB総裁の記者会見][英)BOE政策金利声明発表BOE資産購入枠発表]明後日には[米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率]の発表が控える。

米国の経済指標は、[米)ADP全国雇用者数][米)ISM非製造業景況指数]がメイン。
経済指標以外では、[米)イエレンFRB議長の発言]や次回FOMCの叩き台となる[米)地区連銀経済報告(ベージュブック)]複数の主要企業の決算発表が予定されている。

米国の株式市場の動向は金融市場の方向性を見極める上で非常に重要な要因。
米国の長期金利(米国債)金・原油などの商品市場の動向も為替相場と関連性が高い。
先月中旬から相次いでいる米国の主要企業の決算発表は、米国の株式市場への影響力が大きい。

今週の為替相場は、週初にドル買い・ユーロ売り・円売りの流れが優勢となって、ドル円は大きめに上昇して120円台乗せ&ユーロドルは大きく下落して 1.120を割り込んだ。その後、ドル円は反落して再度119円後半での推移となり&ユーロドルは引き続きジリジリと下値を試している。

直近の為替相場は、米国の国債市場と長期金利の動向主要な株式市場の動向米国の金融政策への思惑欧州の金融政策への思惑ギリシャ問題原油価格の動向(金を中心としたその他の商品も)などが主な焦点。

本日も、直近で大きな変動要因となっている主要な株式市場及び米・長期金利の動向と共に為替相場の行方を見極めたい。
また、[米)イエレンFRB議長の発言]注目度の高い米国の経済指標の発表、次回FOMCの叩き台となる[米)地区連銀経済報告(ベージュブック)]での影響も重要。
更に、明日に[欧)ECB政策金利声明発表ドラギECB総裁の記者会見]明後日に[米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率]の発表を控える点にも注意したい。
ドルに対しては米国の株式市場米国の長期金利の動向、ユーロに対しては欧州の金融政策への思惑ギリシャ問題が影響を与えやすい状況。ここからは、直後に控える[欧)ECB政策金利声明発表ドラギECB総裁の記者会見][米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率]への思惑が焦点になってくると思われる。


■□■本日のトレード用のエサ(羊飼いの見解)■□■(※毎日更新)


・09時30分:豪)第4四半期経常収支
・09時30分:豪)住宅建設許可件数
。日本時間の昼過ぎに金融政策の結果発表を控える点にも注意

・09時30分:豪)第4四半期GDP
発表での豪ドルへの影響は非常に大きい

・10時15分:米)イエレンFRB議長の発言
内容次第も、金融政策への思惑が高まっていることや明後日に米・雇用統計の発表を控えるため、反応しやすい状況

・10時45分:中)HSBC非製造業PMI
発表での影響は大きい。中国の景気先行きや今後の金融政策への思惑は金融市場全体に影響を与えやすい。その中でも関係性の深い豪ドルへの影響にも注意

・18時30分:英)サービス業PMI
発表での英ポンドへの影響は非常に大きい

・19時00分:欧)小売売上高
欧州勢が動き出すキッカケとして注視

・24時00分:加)BOC政策金利声明発表
内容にサプライズがなくても、今後の金融政策への思惑でカナダドルが動くキッカケになりやすい

・22時15分:米)ADP全国雇用者数
・24時00分:米)ISM非製造業景況指数
・28時00分:米)地区連銀経済報告(ベージュブック)
→米国の経済指標は、[米)ADP全国雇用者数][米)ISM非製造業景況指数]がメイン。
経済指標以外では、[米)イエレンFRB議長の発言]や次回FOMCの叩き台となる[米)地区連銀経済報告(ベージュブック)]複数の主要企業の決算発表が予定されている。
本日も、直近で大きな変動要因となっている主要な株式市場及び米・長期金利の動向と共に為替相場の行方を見極めたい。
また、[米)イエレンFRB議長の発言]注目度の高い米国の経済指標の発表、次回FOMCの叩き台となる[米)地区連銀経済報告(ベージュブック)]での影響も重要。
更に、明日に[欧)ECB政策金利声明発表ドラギECB総裁の記者会見]明後日に[米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率]の発表を控える点にも注意したい。
ドルに対しては米国の株式市場米国の長期金利の動向、ユーロに対しては欧州の金融政策への思惑ギリシャ問題が影響を与えやすい状況。ここからは、直後に控える[欧)ECB政策金利声明発表ドラギECB総裁の記者会見][米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率]への思惑が焦点になってくると思われる。


3月2日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円が中心)
米国の国債市場と長期金利の動向
主要な株式市場の動向
米国の金融政策への思惑
欧州の金融政策への思惑
ギリシャ問題
注目度の高い経済指標の発表(米国が中心)
原油価格の動向(金を中心としたその他の商品も)
金融当局者や要人による発言
日本の金融政策への思惑
金融市場のリスク許容度
ルーブルの動向(ロシアの対応も)
中国の景気動向への思惑
今週(3/2~)に→オーストラリア、英国、欧州、カナダの金融政策発表が予定(議事録公表の予定はない)
来週(3/9~)に→ニュージーランドの金融政策発表が予定(議事録公表の予定はない)
米国の主要企業の決算発表が相次ぐ時期
欧州の大手金融機関の決算発表が相次ぐ時期
3月の月初め要因
5日(木)に[米)ECB金融政策結果発表]
6日(金)に[米)雇用統計]

老舗FX会社の外為どっとコムで通常6000円+ザイFX!限定3000円がもらえる

3月4日(水)の為替相場の注目材料 指標ランク
(注目度&影響度)
市場
予想値
前回
発表値
[豪)RBA政策金利声明発表]明け
米国の主要企業の決算発表
・欧州の大手金融機関の決算発表→スタンダードチャータード
明日に[英)BOE政策金利声明発表BOE資産購入枠発表]を控える
明日に[欧)ECB政策金利声明発表ドラギECB総裁の記者会見]を控える
週末(6日)に[米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率]の発表を控える
07:30 オーストラリア 豪)AIGサービス業指数 × - 49.9
09:30 オーストラリア 豪)第4四半期GDP
[前期比/前年比]
+0.6% +0.3%
+2.5% +2.7%
10:15 米国 米)イエレンFRB議長の発言 AA 要人発言
10:45 中国 中)HSBC非製造業PMI - 51.8
17:55 ドイツ 独)サービス業PMI【確報値】 × 55.5 55.5
18:00 ユーロ圏 欧)サービス業PMI【確報値】 × 53.9 53.9
18:30 英国 英)サービス業PMI 57.5 57.2
19:00 ユーロ圏 欧)小売売上高
[前月比/前年比]
+0.2% +0.3%
+2.3% +2.8%
22:15 米国 米)ADP全国雇用者数 AA +21.9万人 +21.3万人
23:00 米国 米)エバンス:シカゴ連銀総裁の発言 B 要人発言
23:45 米国 米)マークイットサービス業PMI【確報値】 C 57.0 57.0
24:00 カナダ 加)BOC政策金利声明発表 0.75%
据え置き
0.25%
利下げ
0.75%
米国 米)ISM非製造業景況指数 S 56.5 56.7
24:30 米国 米)週間原油在庫 B - +842.7万
28:00 米国 米)地区連銀経済報告(ベージュブック) AA - -
文字が、普通→太字→赤色太字の順番で重要なものになる。ピンク太字は金融政策関連のもの。
ピンクのバックは米国の材料でオレンジは金融政策関連、黄は要人発言、緑は企業の決算を表す。
重要ランク
について
米国の経済指標はSS→S→AA→A→BB→B→Cの7段階で表記
その他の経済指標は◎→○→△→×の4段階で表記
当コンテンツについての
免罪事項・ご利用上注意点
15時~20時に市場予想値(コンセンサス)の最新の数値をチェックし、更新した数値は赤字で表記
今日の羊飼いの相場観 これからどっちに動く!?
米ドル/円は?
長期トレンド中期トレンド短期トレンド

レンジ内でのロング:[押し目狙い&回転] (※中長期的には上値を試す可能性が高いが、しばらくは115円~121円でのレンジが継続しやすいと判断)


ユーロ/米ドルは?
長期トレンド中期トレンド短期トレンド

ショート:[戻り狙い&下落加速時に追随] (※特に現在は5日のECB金融政策結果発表に向けて、ユーロ売りが継続・加速しやすいと判断)



★☆>>>更に詳しい内容は羊飼いのFXブログでどうぞ!

 

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75782人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

取引でTポイントが貯まる! YJFX![外貨ex]

YJFX![外貨ex]

ザイFX!限定3000円もらえるキャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高5年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で5000円キャッシュバック!

羊飼いの「今日の為替はこれで動く!」
羊飼い (ひつじかい)

FX情報満載の人気ブログ「羊飼いのFXブログ」を運営する凄腕ブロガー。日本ではまだFXが一般的でなかった2001年からFXのトレードを続けている。このコーナーはそんな羊飼いが今日発表される重要経済指標をズバリ解説!

執筆者のサイト
「羊飼いの外国為替FXブログ」

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.05113.51

USDJPY

豪ドル/円-0.0985.37

AUDJPY

トルコリラ/円-0.0029.57

TRYJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム

 
12月11日更新


 
12月11日更新









ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門