為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

業界勢力図に変化! あの会社が取引高で
世界1位のGMOクリック証券を上回った!

2015年04月20日(月)東京時間 13:58

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 大手市場調査会社の矢野経済研究所は有力FX会社の取引高、口座数、預かり残高を調査して、毎月公表しています。そのデータを見ると、2014年の年末からFX業界の勢力図に変化が起きていることがわかりました。今回はそれについて、詳しくご紹介したいと思います。

■DMM.com証券が2カ月連続、月間取引高第1位だった!

 矢野経済研究所のレポートは、主要FX会社のうち、社名または数値の公表を前提に、調査協力を得られた会社の各種データをまとめたもので、「預かり残高」、「口座数」、「取引高」の3部門のランキングが発表されています。

 国内FX会社がすべて網羅されたランキングではありませんが、主要な会社はおおむね入っているので、このランキングのトップは、実質、業界トップと考えていいでしょう。

 ただし、レポート内に掲載されているランキング表を見てみると、GMOクリック証券DMM.com証券などは、企業単体の数値がランキングに反映されているのに対し、「SBIグループ」のみ、SBI証券、住信SBIネット銀行、SBI FXトレードの3口座の合算値となっている点には注意が必要です。

 では、「取引高」のランキングからチェックしていきましょう。

 2015年4月3日に発表された最新データ、2015年2月の月間取引高ランキングを見てみると、第1位はGMOクリック証券で93.9兆円。そして第2位は、85.2兆円でDMM.com証券となっています。

2015年2月の取引高 月間ランキング

※集計対象は無回答4 社を除く12 社の合計値。その他には4 社含まれる。
FXプライムby GMOはカバーをしている同業他社等、マネーパートナーズは取引所取引他、ヒロセ通商はホワイトラベルを含む。
※マネックス証券は、証券単体の店頭取引の公表数値に営業日数を乗じて弊社で算出し、単位を億円で表記。
※百万通貨は1億円として換算。

GMOクリック証券といえば、2012年から3年連続で年間FX取引高世界第1位の記録を持つFX会社で、この順位は順当かと思いきや、その前の1月の取引高を見てみると、なんとDMM.com証券GMOクリック証券の数字を上回っていました!

【参考記事】
3年連続でFX取引高世界第1位を達成! GMOクリック証券が支持される理由とは?

 さらに2014年12月の取引高もDMM.com証券がトップで、実はDMM.com証券があのGMOクリック証券の取引高を2カ月連続、上回っていたのです。

■過去にもDMM.com証券が僅差でトップになったことも

 この3年間、取引高はGMOクリック証券が常にトップ、というイメージがあったのですが、改めて過去3年分の取引高を遡ってみました。

GMOクリック証券、DMM.com証券、YJFX!の取引高の推移

(出所:矢野経済研究所発表データからザイFX!編集部が作成)

 2015年2月の取引高で第3位となったYJFX!も入れましたが、GMOクリック証券DMM.com証券のトップ2に大きく差をつけられていることがわかります。

 そんなトップ2を見てみると、2015年1月はDMM.com証券の取引高が130兆円を越え、2位のGMOクリック証券を大きくリード。

 ところが、翌2月には、再びGMOクリック証券がトップの座を取り戻すなど、熾烈な争いとなっています。

 ただ、DMM.com証券の取引高がGMOクリック証券を抑えて第1位になったのは、2014年12月がはじめてではありませんでした。

 実は、2013年6月に、僅差ではあるものの、DMM.com証券が月間取引高でトップになったことがあったのです。

 このころの米ドル/円の動きを振り返ってみると、2012年末からのアベノミクス第1弾による円安がいったん頭打ちとなり、100円台後半から93円台後半まで、1カ月間で約7円も反落した月でした。

 そんな高いボラティリティーも後押しして、2014年6月は、GMOクリック証券DMM.com証券の両社で、月間取引高がそれぞれ100兆円に達し、いずれも自社の過去最高取引高を更新していました。

■DMM.com証券がアベノミクス第2弾で大躍進!

 その後、米ドル/円相場が調整局面に入ると同時に、FXの取引高も全体的に減少傾向になっていったのですが、2014年の秋ごろから、アベノミクス第2弾によって円安トレンドが再開すると、FX取引高も再び増加していきました。

 特にGMOクリック証券のほうが取引高の回復が早く、2014年10月には月間取引高100兆円に到達しています。

 そして米ドル/円は、2014年12月8日に121円80銭付近の高値をつけると、わずか1週間で6円以上急落したあと、次の1週間で5円以上戻すなど乱高下。

DMM.com証券が取引高でGMOクリック証券を追い抜いたのが、まさにこの頃です。

 2014年12月、2015年1月と2カ月連続、自社の最高記録をも塗り替えるなど、DMM.com証券は大躍進しました。

 前述のとおり、DMM.com証券は、過去にGMOクリック証券をわずかに上回ったことはありましたが、この2カ月間は文句なしの差でトップとなりました。

 第3位のYJFX!と比べてみても、トップ2の圧倒的な勢いがうかがえます。

 ちなみに、2015年2月は各社、取引高を大きく減らしていますが、2月は米ドル/円の変動幅がわずか3円50銭ほどだったこと、そして、1月に発生したスイスショックの影響がなくなったことも取引高減少に影響したのではないでしょうか。

【参考記事】
スイスショックでアルパリUKが破綻! スイスフラン大暴騰で損失をカバーできず
ついに破綻も! スイス中銀の爆弾発言は欧米のFX会社にどう影響したのか?

■2015年1月は1カ月で9000口座増加!

 次に、「口座数」の推移も見てみたいと思います。

 2015年2月の企業単体におけるランキングは、第1位がDMM.com証券で43.6万口座、続く第2位がGMOクリック証券で38.9万口座、そして第3位が外為どっとコムで38.8万口座という結果でした(※)。

(※矢野経済研究所のデータには社名が登場しないのですが、この他、外為オンラインが同社ウェブサイトによると40万口座を達成しており、口座数ランキング上位に位置している模様です)

2015年2月の口座数 月間ランキング

※集計対象は無回答1社を除く15 社の合計値。その他には1社含まれる。
※上表で1位となっている「SBIグループ」は、SBI証券、住信SBIネット銀行、SBI FXトレード3社の合算値。
ヒロセ通商の口座数には、バイナリーオプションの口座数が含まれる。

 口座数ランキング上位3社の、過去3年分のデータを比較してみましょう。

GMOクリック証券、DMM.com証券、外為どっとコムの口座数の推移

(出所:矢野経済研究所発表データからザイFX!編集部が作成)

DMM.com証券は、2014年3月に9年連続トップだった外為どっとコムの口座数を上回りましたが、その後も口座数は右肩上がり。

【参考記事】
DMM.com証券が9年連続口座数1位だった外為どっとコムを抜いてついに業界1位に!

特に2015年1月は、1カ月で9000口座以上も急増するなど、取引高とともに大躍進しています。

 ちなみに、2012年9月に口座数が一気に急増したのは、DMM.com証券が買収によって外為ジャパンFXの口座を取り込んだからです。

 さて、DMM.com証券の快進撃のほかにも…

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!/ザイ・オンライン関連情報

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円-406.70106650.20

XBTJPY

ビットコイン/米ドル-9.1400915.8700

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ-10.7200856.9900

XBTEUR
Powered by kraken
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム






 
01月16日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門