FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

FX取引高世界第1位をめぐるミステリー。
DMMとGMOはどちらが世界一なのか?(2)

2015年06月25日(木)東京時間 12:30

「FX取引高世界第1位をめぐるミステリー。DMMとGMOはどちらが世界一なのか?(1)」からつづく)

■DMM.com証券の取引高が1カ月で1.6倍になったワケ

 ここからは、矢野経済研究所が毎月発表している店頭FXに関するデータに基づき、DMM.com証券GMOクリック証券のこれまでの取引高争いについて、振り返ってみよう。

 以下は矢野経済研究所のデータから、ザイFX!が作成した両社の店頭FX取引高の推移である。

 両社は長らく、店頭FX取引高の1位、2位を争ってきたのだが、最初に大きな動きがあったのは2012年9月だった。

(出所:矢野経済研究所「有力FX企業の月間データランキング」からザイFX!編集部が作成)

 グラフではアベノミクス相場が始まった2012年暮れ以降の動きがダイナミックすぎるため、今一つ目立っていないが、この2012年9月はGMOクリック証券が前月比で取引高微増にとどまっているにもかかわらず、DMM.com証券取引高が約1.6倍にも跳ね上がっていたのだ。

 これはDMM.com証券外為ジャパンを買収して、合併したためだった。

 これ以降、DMM.com証券には[DMM FX]というメイン口座と[外為ジャパンFX](旧外為ジャパン)という別ブランドの口座が併存する形となっており、DMM.com証券の取引高も両口座の取引高を合算したものになっているのである。

【参考記事】
「連続してFX業界再編の大きな動き! GMOクリックHDがFXプライムへTOB!」より「DMM.com証券が外為ジャパンのFX、CFD事業を買収」

■単一の店頭FX口座で取引高世界第1位なのは?

 一方、GMOクリック証券には店頭FXの[FXネオ]と取引所FXの[くりっく365]という2つのFX口座が併存しているが、矢野経済研究所のこのデータは店頭FXに関するものなので、[くりっく365]の数字は入っていないはずだ。

 以上のような状況であるため、会社単位ではなく、単一の店頭FX口座で取引高世界第1位はどこかと言えば、それはおそらくここ数年ずっと、GMOクリック証券[FXネオ]のままであると考えられる。

 つまり、DMM.com証券のCMで今後、ローラが「DMM.com証券は取引高世界第1位なんだって!」と叫んだらOK。

 微妙ではあるが、「DMM」という言葉をDMM.com証券の省略形だと解釈すれば、「DMMは取引高世界第1位なんだって!」と叫んでも一応、OKだ。

 そして、「DMM FXは取引高世界第1位なんだって!」と叫んだらアウトということになる。

 もちろん、前回述べたような事情があるので「※ファイナンス・マグネイトの2015年第1四半期(2014年12月、2015年1月、2015年2月)調査報告書において」といったような注釈は必ずつける必要はある。

【参考記事】
FX取引高世界第1位をめぐるミステリー。DMMとGMOはどちらが世界一なのか?(1)

DMM.com証券の次期CMで、ローラがどんなセリフを口にするのか、秘かに注目したいところだ。

 ちなみにGMOクリック証券にはFXプライム byGMOという兄弟会社もある。

 2社はともにGMOクリックホールディングスという持株会社に連なっているが、あくまで別会社となっている。しかし、「取引高世界第1位」ということが、もしも重要ということになってくれば、GMOクリック証券にはFXプライム byGMOを合併するという奥の手もあるのかもしれない!?

【参考記事】
連続してFX業界再編の大きな動き! GMOクリックHDがFXプライムへTOB!

■DMM.com証券が最初に第1位になったのは2013年6月

 ここで今一度、DMM.com証券GMOクリック証券、2社の取引高争いのグラフを見てみよう。

(出所:矢野経済研究所「有力FX企業の月間データランキング」からザイFX!編集部が作成)

DMM.com証券は直近では2014年12月、2015年1月とGMOクリック証券を抜いて、取引高1位に躍り出ている。

 しかし、取引高1位になったのはこれが最初ではなかった。2013年6月にもGMOクリック証券をわずかに抜いて1位になっていたのである。

【参考記事】
業界勢力図に変化! あの会社が取引高で世界1位のGMOクリック証券を上回った!

 2013年5月下旬にはいわゆるバーナンキショックがあって、アベノミクスによる大変な上昇相場を演じていた米ドル/円は一転、急落することとなった。2013年6月はその余波による下落が途中までまだ続いていて、中旬ぐらいに底入れし、急反発していくという相場変動の大きな月だった。

米ドル/円 日足(2012年12月~2013年9月)

(出所:米国FXCM

 では、直近でDMM.com証券が取引高1位となった2014年12月は…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 72011人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
FX情報局
FX情報局

為替相場の先行きはどうなるのか? 各国金融当局はこれからどう動くか? 為替介入はあるのか? 世界経済の先行きは明るい? 暗い? 欧米のFX業界の動向は?……などなど、FXにまつわる情報が集まってくるのがこの「FX情報局」。このコーナーでは、ザイFX!編集部以外から広くFXに関する情報を集め、読者のみなさまにお届けします。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
DMM.com証券[DMM FX]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.21109.91

USDJPY

ユーロ/米ドル-0.00331.1739

EURUSD

南アランド/円-0.028.33

ZARJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
08月14日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門