為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報
バックナンバー

MT4の日足ローソク足が6本から5本に!
新注文方式や1000通貨単位も導入予定!

2015年07月16日(木)東京時間 14:40

MT4チャート表示が可能! YJFX![外貨ex]は限定3000円キャッシュバック中!

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 今回は、チャートの仕様が変更になった、FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]をご紹介したいと思います。

■1週間の日足ローソク足の本数が6本から5本に!

 メタトレーダー(MT4)といえば、カスタマイズ性の高いチャートや、自動売買もできる多機能なプラットフォームが人気の、世界中のトレーダーから支持されている取引システムの1つです。

 日本国内でも、このメタトレーダー(MT4)を取り扱っているFX会社が複数ありますが、もともとメタクオーツ社というロシアの会社が開発したシステムということもあり、タイムゾーンの設定が各社異なります。

 チャートの横軸を海外時間に設定してるところもあれば、日本時間に合わせて調整されているところもあります。

 日本のトレーダーにとっては、日本時間で表示されるほうが使いやすいことは使いやすいのですが、海外仕様のものを無理やり日本時間に調整することで、本来5本であるはずの1週間の日足ローソク足が6本になるという現象が起きてしまうところがあります。

 海外との時差の関係で、以下のように日本時間の土曜日分の日足が余分にできてしまうのです。

 ・月曜日7:00~24:00で日足1本

 ・火曜日から金曜日の日足4本

・土曜日0:00~7:00で日足1本

【参考記事】
1週間の日足は5本?6本? MT4チャートのローソク足、その本数のナゾに迫る!

 特にテクニカル分析を重視するトレーダーや、テクニカル指標に基づいて自動売買のプログラミングを行うトレーダーにとっては、日足の本数が6本だと、分析やプログラムの設定に狂いが生じてしまいます。

FXトレード・フィナンシャルのメタトレーダー(MT4)口座、[FXTF MT4]もそんな日足問題を抱えていた会社の1社だったのですが、2015年6月29日(月)の取引開始時間より、タイムゾーンが日本時間からGMT(グリニッジ標準時)+3(夏時間)/GMT+2(冬時間)表示に変更になったことで、日足は正常の5本で表示されるようになりました。

FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]チャート画面

 同時に、日本時間表示を希望する方向けに、日本時間表示をチャート上に併記するインジケーター、「FXTF-Japan Time」の提供も開始しました。

FXトレード・フィナンシャル「マイページ」

 これなら、日足の本数は5本のままに、日本時間で確認することもできて便利ですね。

FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]チャート画面(クリックで拡大)

■新しい注文方式と1000通貨単位も導入予定!

 また、FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]は、タイムゾーンの変更のほかに、今後、注文方式や取引通貨単位の変更も予定しています。

 まず注文方式ですが、現在のストリーミング方式に加えて、新たに「カウントダウン方式」というものも導入されます。

 ストリーミング方式というのは、注文画面で提示された価格、顧客が注文したレートで取引が成立するというもので、注文成立までにレートが変わるとその注文は約定されず、レートをFX会社が再提示します。

 ただし、「最大価格誤差」でスリップ値を設定しておくことで、許容するスリップ幅の範囲で約定させることもできます。

 それに対し、新たに導入される「カウントダウン方式」とは、市場の成り行きレートで取引を成立させることを重視した方法で、注文成立までにレートが移動した場合には、そのレートで約定します。

 変動の激しい相場では、スプレッドが開いてしまうものの、通常の相場であれば、カウントダウン方式の方がスプレッドが狭くなる傾向があるそうです。

 そして、もう1つの変更点は、1000通貨単位取引ができるようになるところです。

 変更前の最小取引単位は、1ロット1万通貨が最小取引単位でしたが、変更後は、新しい注文方式の「カウントダウン注文」のみ1000通貨単位取引が可能となります。

 ちなみに、既存の「ストリーミング注文」は、変更後も1万通貨単位での取引です。

 より少額で取引できる1000通貨が導入されることで、もっと気軽にFXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]を試すことができるようになりますね。

 さて、そんなFXトレード・フィナンシャルでは…

MT4が使えるFX会社徹底比較!
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 66538人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ザイスポFX!about Meta Trader
ザイFX!編集部

このコーナーではザイFX!編集部がメタトレーダー(MT4)に関する、あらゆる最新情報をお届けします。
そのジャンルは「FX会社のキャンペーン」「FX会社の新サービス」「MT4インディケーター」「MT4便利ワザ」「MT4最新情報」の5つ。5つのジャンルごとにバックナンバー一覧も表示可能。メタトレーダー好きなトレーダーさん必見のコーナーです。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

記事ジャンル別バックナンバー

  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報


>>>バックナンバー一覧

MT4が使えるFX会社徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

ザイ オンライン
ザイFX!に戻る
超図解メタトレーダー入門

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)

    ・IG証券[ミニ取引](2月28日まで)

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)

    ・IG証券[標準取引](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)

    ・トレイダーズ証券[みんなのFX](2月28日まで)

  • 最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)

    ・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](3月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)

    ・インヴァスト証券[シストレ24](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)

    ・インヴァスト証券[トライオートFX](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)

    ・ヒロセ通商[LION FX](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)

    ・JFX[MATRIX TRADER](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)

    ・FXプライム byGMO[選べる外貨](3月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★10,000円キャッシュバック

    ・DMM.com証券[DMM FX](3月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。