為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

未来のチャートを予測できるツール登場!
今だけ増額! 1万4000円がもらえるぞ!

2015年08月06日(木)東京時間 15:31

■ヒロセ通商から「さきよみLIONチャート」が登場

 2015年7月27日(月)、ヒロセ通商[LION FX]「さきよみLIONチャート」をリリースした。

 これは、現在の相場と近似する過去の相場を自動で見つけ出し、そこから今後のチャート形状を予測するツール。

 もしかしたら、「さきよみ…」というワードでピンときた人がいるかもしれないが、実は、ヒロセ通商以外にも、こうした取引支援ツールを提供しているFX会社が以下の記事のとおり、複数あって、割とよく似ている。

【参考記事】
ぱっと見テクニカルの形状比較分析
一致率94%!? トレードのシナリオを描く強い味方! ぱっと見テクニカルの実力は?(ひろぴー)
みらい予測チャートやお天気シグナル搭載! 新ツール「ぴたんこテクニカル」とは?
初心者も簡単に未来のチャートを予測して売買タイミングが計れるすごいツールが!

 他社の類似ツールについては、上の参考記事をご覧いただきたいが、ヒロセ通商「さきよみLIONチャート」は、「さきよみチャート」と「シグナルパネル」の2つから構成されている。そのうち、まず、「さきよみチャート」について見てみよう。

■現在の値動きと類似したチャートを過去から見つける

 はじめに、「さきよみチャート」では、下の画像のように、赤枠の「さきよみチャート」エリア、緑枠の「近似チャート」エリア、青枠の「テクニカルランキング」エリアの3つが表示される。

 ヒロセ通商[LION FX]・「さきよみLIONチャート」画面
ヒロセ通商[LION FX]・「さきよみLIONチャート」画面

 この中の、「近似チャート」エリアには、現在のチャートの形と類似した過去チャートが、現在のチャートとの一致率が高い順に「第1近似」「第2近似」「第3近似」と表示されている。

 そして、「さきよみチャート」エリアでは、左側4分の3ぐらいに現在までの実際のチャートが表示され、さらに右側4分の1ぐらいに「近似チャート」から予測される今後の値動きが3つ表示されるようになっている。

 なお、ヒロセ通商[LION FX]の「さきよみLIONチャート」で取扱う通貨ペアは、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、ユーロ/米ドルの6通貨ペア。足種は5分足、60分足、日足、週足の4種類が用意されている。

 そして、もう1つ、「テクニカルランキング」エリアがあるが、これは通貨ペアごとの売買傾向を計算してポイント化し、ランキング形式で表示されるというもの。

ヒロセ通商[LION FX]・「テクニカルランキング」画面
ヒロセ通商[LION FX]・「テクニカルランキング」画面

 ここで表示されているポイントは、単純移動平均線、指数移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、ストキャスティクス、RSIの7種類のテクニカル指標を用いて分析を行い、それに基づいて算出されたものとなっている。

 ランキング形式になっているので、通貨ペアごとの「買い」と「売り」の傾向を一目でチェックすることができる。また、ランキング内の通貨ペアをクリックすると、「さきよみチャート」エリアもその通貨ペアに切り替わるので、これまた、パパッとチャートをチェックすることもできるというわけだ。

■発生した売買シグナルをポイント化して表示

 次に、「シグナルパネル」について紹介したい。まずは、以下の、「さきよみLIONチャート」の「シグナルパネル」画面をご覧いただきたい。

ヒロセ通商[LION FX]・「シグナルパネル」画面(クリックで拡大)

ヒロセ通商[LION FX]・「シグナルサインパネル」画面

 画面の左側に「シグナルパネル」エリア、右側に「テクニカルチャート」エリアが表示されている。

 左側の「シグナルパネル」エリアでは、7種類のテクニカル指標を使用して分析を行い、その結果を売買サインとして一覧で表示している。以下の画像は、「シグナルパネル」エリアだけを抜き出したものだ。

ヒロセ通商[LION FX]・「シグナルパネル」エリア画面
ヒロセ通商[LION FX]・「シグナルサインパネル」エリア画面

 これを見ていただくと矢印が並んでいるが、「売」の青い下矢印が「売りシグナル」、「買」の赤い上矢印が「買いシグナル」、青い下斜め矢印が「売り継続シグナル」、赤い上斜め矢印が「買い継続シグナル」を表している。

 そして、「シグナルパネル」エリアの左端に「総合判断」とある。これは、通貨ペアや足種ごとに発生したシグナルをポイント化して合計し、シグナルの強さを総合的に判断したものだ。

 上段の赤色のゲージは「買い傾向」、下段の青色のゲージは「売り傾向」を示し、多く点灯しているほど、その傾向が強いということになる。

■チャート上の赤と青の矢印が売買シグナル

 次に、「シグナルパネル」の右側の「テクニカルチャート」画面を紹介したい。

 まず、赤枠の「テクニカルチャート」の画像をご覧いただきたい。ここでは、「シグナルパネル」のパネル部分から選択した通貨ペアやテクニカル指標が表示される。

ヒロセ通商[LION FX]・「シグナルサインパネル」画面(クリックで拡大)
ヒロセ通商[LION FX]・「シグナルサインパネル」画面

 これを見ると、米ドル/円5分足の単純移動平均線が選択されていて、チャート上に赤と青の矢印が表示されているが、この矢印は、赤は「買」、青は「売」というように、売買シグナルを示している。

 また、チャート下段は、3つのエリアに分かれているが、これは上から順に「トレード別損益」、「累積損益」、「チャートの表示期間」になる。

 「トレード別損益」では、1回の取引の損益がpips単位で表示され、プラスなら赤、マイナスなら青で表示される。また、「累計損益」には、過去2000本分の足のトレード別損益の累計がpips単位で表示される。

 そして「チャートの表示期間」では、現在表示されているチャートがいつからいつまでのものなのかわかる。操作バーをスライドさせることによって、最大過去2000本分の足までをさかのぼって表示させることができる。

 ここまで、ヒロセ通商[LION FX]のパソコン版取引ツールに…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 66624人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
GMOクリック証券[FXネオ]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.10113.23

USDJPY

ユーロ/円-0.07119.58

EURJPY

英ポンド/円-0.22140.89

GBPJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
02月20日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門