為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報
バックナンバー

楽天証券がFXCMジャパン証券を吸収して
経営統合! MT4書籍がもれなくもらえる!

2015年08月10日(月)東京時間 13:10

唯一の大手ネット証券MT4口座! 米ドル/円0.5銭原則固定の楽天MT4!

■FXCMジャパン証券と楽天証券が経営統合

 2015年8月1日(土)をもって、楽天証券がFXCMジャパン証券を吸収合併する形で経営統合したことが発表された。

 これについては、以前から当コーナーでも何度か取り上げていたが、このたび、当初の予定どおり、2015年8月1日(土)に経営統合されたことで、FXCMジャパン証券は会社としてはなくなることとなった。

【参考記事】
買収金額74億円! 楽天証券がFXCMジャパン証券の買収&子会社化を発表!
FXCMジャパン証券が消滅!? でも生き残ったインターバンク直結度の高い2口座とは?
FXCMジャパン証券がドルインデックスの取扱いを中止。他に取引できるFX会社は?

 ちなみに、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のウェブサイトを見ると、会社ロゴには、まだ「FXCM」という文字は残っているが、そのほかは、すべて差し替えられている。 

楽天証券(旧FXCMジャパン証券)ウェブサイト
楽天証券(旧FXCMジャパン証券)ウェブサイト

■純粋なレートを提供する2つの口座は存続

 では、ここで、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)が提供してきた口座が、経営統合によってどうなったのか、改めて取り上げておきたい。まずは、以下の画像をご覧いただきたい。

楽天証券とFXCMジャパン証券経営統合スケジュール(クリックで拡大)
楽天証券とFXCMジャパン証券経営統合スケジュール

 これまで楽天証券(旧FXCMジャパン証券)では、[スタンダード口座][MT4口座]、[プレミアム口座]、[ミラートレーダー口座]の4種類の口座が提供されていた。

【参考記事】
買収金額74億円! 楽天証券がFXCMジャパン証券の買収&子会社化を発表!

 その中の、[スタンダード口座][MT4口座]については、2015年8月1日(土)の経営統合後も、取引システムなどの変更なども一切なく、これまでどおり提供されている。

 なお、[スタンダード口座][MT4口座]は、スプレッドに対してマークアップ(FX会社の取り分をスプレッドに上乗せしたもの)などが一切なく、その代わりに売買手数料を取るという方式を採用している。

 これは、トレーダーに対して、純粋なインターバンクレートが提供されるという、珍しいしくみになっているということだ。詳しくは以下の参考記事をご覧いただきたい。

【参考記事】
FXCMジャパン証券が消滅!? でも生き残ったインターバンク直結度の高い2口座とは?
【徹底解剖】2014年大注目のNDD(1)NDDでマイナススプレッドが出る原理
【徹底解剖】2014年大注目のNDD(2)NDDでスキャルパーが歓迎されるワケ

 一方、[ミラートレーダー口座]は、2015年7月24日(金)をもってすでに取扱いが終了。

 また、[プレミアム口座]も2015年9月12日(土)にサービスが終了し、[楽天FX]へ移管されることになっているが、[楽天FX]で取扱いがない通貨ペアについては、先んじて取扱いを終了している。

【参考記事】
FXCMジャパン証券がドルインデックスの取扱いを中止。他に取引できるFX会社は?

 なお、[楽天FX]とは、楽天証券が元々提供してきたFX口座。米ドル/円のスプレッドは0.3銭原則固定の業界トップ水準で、高機能取引システム「マーケットスピードFX」が使えることでも有名だ。

【参考記事】
買収金額74億円! 楽天証券がFXCMジャパン証券の買収&子会社化を発表!
グッドデザイン賞受賞の新楽天FXで最大6100円相当のポイントゲットのチャンス!

  次に、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のウェブサイトで…

MT4が使えるFX会社徹底比較!
ザイスポFX!about Meta Trader
ザイFX!編集部

このコーナーではザイFX!編集部がメタトレーダー(MT4)に関する、あらゆる最新情報をお届けします。
そのジャンルは「FX会社のキャンペーン」「FX会社の新サービス」「MT4インディケーター」「MT4便利ワザ」「MT4最新情報」の5つ。5つのジャンルごとにバックナンバー一覧も表示可能。メタトレーダー好きなトレーダーさん必見のコーナーです。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

記事ジャンル別バックナンバー

  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報


>>>バックナンバー一覧

MT4が使えるFX会社徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

ザイ オンライン
ザイFX!に戻る
超図解メタトレーダー入門

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)

    ・IG証券[ミニ取引](2月28日まで)

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)

    ・IG証券[標準取引](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)

    ・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)

    ・セントラル短資FX[ウルトラFX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)

    ・トレイダーズ証券[みんなのFX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)

    ・インヴァスト証券[シストレ24](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)

    ・インヴァスト証券[トライオートFX](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)

    ・ヒロセ通商[LION FX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)

    ・JFX[MATRIX TRADER](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)

    ・FXプライム byGMO[選べる外貨](1月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。