ザイFX! チャレンジ!
1
次のページへ


中国株の急落は為替市場ばかりでなく、リアルトレードバトルにも波乱をもたらしている。悪夢に襲われた小林さんに、含み損で苦しんだ金井さん。波乱が続いた前半戦でトップに立ったのはアラフィフの星のあの人だ!

小林さんが「お手本」と認めた
見事なトレードのやり方って?!

「本当は私がお手本になってやらないといけない堅実トレードを、まさにゃんにやられてしまいましたね」

 小林さんが謙虚に認めるとおり、まさにゃんと小林さんの前半戦は対照的な結果に。19日(水)の夜まで堅調だった小林さんだが、痛恨の損切りで4500pips(ヒロセ通商「LION FX」の場合、1pips=0.1銭)のマイナス。一方、まさにゃんは超短期のスキャルピング取引を積み重ねて452pipsを堅実に稼いだ。

 髪の毛は薄めでも分厚い経験の蓄積があるまさにゃん、中国株の急落を発端とする荒れ相場にも惑わされず、普段着のトレードを貫いた。

「ファンダメンタルズはほとんど見ぃひんのです。小林さんに教わった一目均衡表などを見て判断するだけ。今週も黙々とチャートでトレードしてました」

 チャート至上主義を貫くまさにゃんに対して、「チャートはほとんど見ない」とファンダメンタルズ信仰を貫くのが、ザイFX!が放ったもう一人の刺客・金井京子さん。

「米利上げ期待でとったドル買いポジションが含み損になっちゃって……」

 と金井さんはマイナスに沈んでしまった。ファンダメンタルズが通用しづらい相場だったため仕方ないところか。前半戦の相場展開、小林さんに総括してもらおう。

「中国株の急落が続く中、ユーロ/米ドルでユーロが買い戻される動きが目立ちました。世界的な景気減速の序章が始まっている可能性があります。ユーロ/米ドルが上昇していますがこれが1.15を越えてくるようなら、大きなトレンド転換になる可能性もあり、『あれが始まりだった』と記憶されるような1週間だった可能性もありますね」

 予想外の動きが続き、悲喜こもごもあった前半戦。3人の戦いぶりを振り返っていこう。

>>>続きはこちら

トライオート次へ

Contents menu

<1st BATTLE> ひろぴーさんと小林芳彦氏の師弟対決が実現!
<1st BATTLE> ブッチギリの快進撃を見せるひろぴーさん!!
<1st BATTLE + 2nd BATTLE> ひろぴーさんが小林さんを撃破!
8月バトルは美女登場!!

<2nd BATTLE> 堅実トレードを貫いた まさにゃんがリード!
<2nd BATTLE + 3rd BATTLE> まさにゃん勝つ!! 9月は為替のプロのガチ勝負だ!
<3rd BATTLE> 小林無双が炸裂! 誰も止められない!!
<3rd BATTLE> 山岡和雅さんが負けた…だと?
<番外編> 小林芳彦さんと山岡和雅さんのトレードバトル反省会!
1
次のページへ

●注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、手数料とスプレッドとなります。手数料は無料です。スプレッドは売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)× 0.5%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、最大200倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業 登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)