為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

ビットコインの衝撃(1) マネパでビットコイン
が買えるように!?そもそもビットコインとは?

2015年08月31日(月)東京時間 13:13

■波紋を呼んだマネーパートナーズの発表

 東証1部上場のマネーパートナーズグループといえば、FXトレーダーにもおなじみの名前。このマネーパートナーズが7月16日(木)に発表したのが、アメリカの大手ビットコイン取引所Kraken(クラーケン)との「業務提携に係る基本合意に関するお知らせ」だ。

 よく読めば、業務提携が決まったわけではなく、「これから業務提携についての話し合いをしていきますよ」ということなのだが、このリリースが歴史的な一歩になるかもしれない。

 これはFXトレーダーも絶対に見逃せないニュースなのだが、ビットコインの世界って日ごろは縁遠い人が多いことだろう。そこで、本記事ではビットコインの基礎について解説しながら、マネーパートナーズが出したリリースの意義を確認していきたい。

■「ビットコイン? あの逮捕されたやつでしょ」の誤解

 今回、マネーパートナーズが出したリリース、「提携します!」という発表ではないけれど、取材を進めていくと具体的な提携内容などが少しずつ煮詰まってきている様子がうかがえた。

 端的に言えば、マネーパートナーズでビットコインが買える」という方向での提携となりそうだ。

 「ビットコインって、こないだ逮捕されたやつでしょ?」という人、あるいは、「ビットコインがなぜ、FXに関係するのか? ここはザイFX!だろ」と憤る人だっているだろう。でも、ちょっと待ってほしい。FXとビットコインは非常に近い位置にある。

 まずはこのスクリーンショットを見てほしい。 

ビットコイン/米ドル(BTC/USD)のチャートを表示したメタトレーダー画面(クリックで拡大)
ビットコイン/米ドル(BTC/USD)のチャートを表示したメタトレーダー画面

(出所:ブルガリアのビットコイン取引所BTC-e)

 チャートソフトとして、あるいは自動売買ソフトとして広く利用されているメタトレーダー(MT4)の画面だが、表示されているのは「BTC/USD」(※)なる通貨ペア。つまり、ビットコイン/米ドルだ。

世界ではすでにビットコインをFXのようにトレードしている人が多く存在している。そのツールの1つとして、メタトレーダー(MT4)を採用する会社も世界にはあるわけだ。

(※編集部注:「BTC」はビットコインの通貨記号。この他に「XBT」という通貨記号が使われることもある)

■なぜ、わざわざビットコインを取引するのか

 「FXで取引できる通貨ペアは十分にあるのに、なぜ、わざわざビットコインまで手を出す必要があるのか?」

 そう思う人も多いのではないだろうか。

 米ドルや円、ユーロのような既存の通貨(ビットコイン愛好者は「フィアット・マネー」と呼ぶことも多い)だけで、なぜ満足できないのか。そこにはビットコインならではの理由がある。ビットコインの特徴と絡めて、それを見ていこう。

 既存の通貨は政府や中央銀行が発行しているのに対して、ビットコインのような「ノーフィアット・マネー」に発行者はいない

 ビットコインに発行者はいないが、原案を生んだ人物はいる。一切が謎に包まれた「サトシ・ナカモト」だ。これまでに幾度となく「この人がサトシだ!」と報道されてきたが、いずれも的はずれだったようで、いまだにその正体は謎のままだ。

■利用者相互で管理していくビットコイン

 正体不明のサトシ・ナカモトが発表した論文は革新的な発明を含んでいた。銀行やクレジットカードの発行会社のような管理者がいなくとも、「P2P」(ピアツーピア)、つまり、ビットコインネットワークの参加者だけで取引の管理を可能にするアイデアだ。

 少し細かな話になるが、ビットコインには取引台帳のようなものがある。「ブロックチェーン」だ。ブロックチェーンにはビットコインによるすべての取引が記録されている。2009年1月からのすべての取引だ。このブロックチェーンはビットコインネットワークに参加する人が保有し、また、インターネット上で公開もされている。

 たとえば、誰かが「おれがサトシに100万ビットコインを送金」(ホントは10ビットコインしか持ってないけど)と不正を犯そうとしても、ブロックチェーンを見れば「こいつは10ビットコインしか持っていないな」とわかるから、この取引申請は拒絶される。 

ビットコイン利用者相互のP2Pネットワーク

■計算作業の報酬として、ビットコインが与えられる

 ビットコインによる取引の承認作業は、無償で行なわれるわけではない。いち早く新たなブロックチェーンを結びつけた人には、報酬としてビットコインが与えられる。いわゆる「マイニング」(採掘)と呼ばれる作業であり、その実態は膨大な単純計算の反復だ。

 サトシ・ナカモトはビットコインについて、「1つの電子コインは、連続するデジタル署名のチェーン」と定義している。ブロックチェーンそのものがビットコインだということになる。 

日々伸び続けているブロックチェーン
  話はそれるが、このマイニングはチャート上の節目を…
 
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 69399人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

取引でTポイントが貯まる! YJFX![外貨ex]

YJFX![外貨ex]

ザイFX!限定3000円もらえるキャンペーン実施中!

限定含めて最大9000円! 外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

老舗FX会社の外為どっとコムが米ドル/円スプレッドを0.3銭原則固定に!

FX情報局
FX情報局

為替相場の先行きはどうなるのか? 各国金融当局はこれからどう動くか? 為替介入はあるのか? 世界経済の先行きは明るい? 暗い? 欧米のFX業界の動向は?……などなど、FXにまつわる情報が集まってくるのがこの「FX情報局」。このコーナーでは、ザイFX!編集部以外から広くFXに関する情報を集め、読者のみなさまにお届けします。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円0.00111.29

USDJPY

豪ドル/円-0.0882.76

AUDJPY

NZドル/円-0.0078.61

NZDJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム







 
05月22日更新



ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門