FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

2015年第4四半期は新興国市場に注目!
狙いはメキシコペソとポーランドズロチ!?

2015年10月27日(火)東京時間 13:06

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 今回は、サクソバンクが発表したレポート、「2015年第4四半期エッセンシャルトレード」を取り上げたいと思います。

葉那子のプロフィール

■新興国市場こそが希望を持てる投資対象!?

サクソバンクFX証券の親会社であるサクソバンクは、ソーシャルトレーディングサイト「TradingFloor.com」で活躍するアナリストによる、市場分析レポートを定期的に発表しています。

 そして先日、その最新版となる「2015年第4四半期エッセンシャルトレード」が発表されました。

2015年第4四半期エッセンシャルトレード(クリックで拡大)
サクソバンクの「2015年第4四半期エッセンシャルトレード」

 今回のエッセンシャルトレードは、各分野の専門家が執筆した、下記の7編のレポートから構成されています。

 ●トップストーリー: 嵐の後で(スティーン・ヤコブセン)
 ●マクロ経済編:金融政策の違い(マッズ・コフォーズ)
 ●FX編:ドル高再燃はお預け(ジョン・ハーディ)
 ●株式市場編:市場への警鐘(ピーター・ガーンリュー)
 ●債券市場編:本来の姿(サイモン・ファスダル)
 ●商品市場編:先行きは明るい(オーレ・ハンセン)
 ●アジア市場編:新興国市場のダークホース(ケイ・ヴァン・ピーターセン)

 各金融市場の分析と展望がまとめられているのですが、やはり、どの市場においても、最大の焦点となっているのは、FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ時期です。

 結局、2015年9月のFOMCでも利上げは実施されず、依然として、利上げ時期をめぐる不透明感がマーケットには漂っています。

 このところ、年内に利上げできないという説が台頭し、そちらの方が主流となってきましたが、年内利上げ説もまだあり、市場関係者の予想はさまざまです。

 そして、当レポートでは、「新興国市場」もキーワードとなっています。

 欧米や日本など、先進国の経済が振るわない中、サクソバンクのアナリストチームの多くが「新興国市場こそが希望を持てる投資対象」と考えているようです。

■メキシコペソとポーランドズロチは反発の可能性あり!

 7編のレポートの中から、特に当サイトの読者のみなさんの関心が一番高いと思われる、「FX編」の内容をご紹介したいと思います。

 ずばり、注目通貨ペアは、メキシコペソとポーランドズロチだそうです。

 なかなか日本の個人投資家にはなじみのない通貨ですが、注目の理由については、下記のように述べています。

2014年10月末にFRBが量的金融緩和の終了を決定して以来、新興国通貨は下げ圧力にさらされてきました。2015年第3四半期では、コモディティ価格の下落が続く中で、人民元の切り下げが発表され、世界市場は混乱に陥りました。新興国通貨の中でも、とりわけファンダメンタルズが弱く、大きく値下がりしてきたブラジル、ロシア、トルコ、南アフリカなどは、FRBが利上げを見送ったことで第4四半期にはかなり値を戻すかもしれません。

しかし、今回のエッセンシャルトレードでは、新興国通貨を単に高ベータ・高リスクの投資対象として扱うのではなく、安定的なアプローチを模索したいと思います。それは、この夏の世界的な市場の混乱で過剰な下げ圧力を受けたものの、それぞれのファンダメンタルズは他の新興国通貨よりずっと健全に見える通貨への投資です。その通貨とは、メキシコ・ペソとポーランド・ズロチです。

 実は、メキシコペソのほうは、新興国通貨の中では流動性が高いようで、流動性の低いほかの新興国通貨の代替通貨として過剰に売られていた、というのがレポート執筆者の考えです。

 つまり、第4四半期で新興国通貨が反転するようであれば、特にメキシコペソのリバウンドが強くなると予想しています。

米ドル/メキシコペソ 日足(クリックで拡大)
米ドル/メキシコペソ 日足

(出所:サクソバンクFX証券

 さらに、メキシコの経常収支を見る限り、原油価格の下落による打撃をそれほど受けておらず、実質金利もこのところのペソ安にも関わらず、インフレ率が下がってきたためプラスに転じようとしているなど、ファンダメンタルズ的にペソが売られる要因は見当たらないそうです。

 同じくポーランドズロチのファンダメンタルズも堅調のようです。

 ポーランドの政策金利は1.5%と低いのですが、インフレ率が2015年8月の時点で14カ月連続マイナスで推移しているため、実質金利はもっと高く、特にユーロ売り・ズロチ買いのキャリートレードが再び有効となる可能性が高いとあります。

 レポート執筆者は、1ユーロ=4.00ズロチまで戻ると予想しています。

ユーロ/ポーランドズロチ 日足(クリックで拡大)
ユーロ/ポーランドズロチ 日足

(出所:サクソバンクFX証券

■ユーロと中国人民元は売り目線

 メキシコペソは対米ドル、ポーランドズロチは対ユーロで取引するのが一般的なようですが、レポート内で推奨している通貨ペアは、ユーロ/メキシコペソ(EUR/MXN)と中国人民元/メキシコペソ(CNH/MXN)、そして中国人民元/ポーランドズロチ(CNH/PLN)という、なんともマニアック過ぎる通貨ペア。

 売買方向は、メキシコペソ買い、ポーランドズロチ買い、ユーロ売り、中国人民元売りです。

 安全資産やファンディング通貨とされるユーロは、リスク選好が再燃して新興国通貨が上昇する環境となれば、売られやすくなります。

 さらに、FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げに慎重な姿勢を見ているのに対し、ECB(欧州中央銀行)はさらなる金融緩和を実施することがあり得ることからも、ユーロは下落する可能性が高いと見ているのです。

ユーロ/メキシコペソ 日足(クリックで拡大)
ユーロ/メキシコペソ 日足

(出所:サクソバンクFX証券

 そして、中国人民元に関しては、2015年8月に対米ドルで、実質的な通貨切り下げを突如実施したことが記憶に新しいですが、この急激な人民元安を補うために、今度は当局が人民元を買う大規模な市場介入を余儀なくされました。

【参考記事】
人民元ショックの対抗策で浜田節が炸裂!? 日本株高でドル/円は128円へ上昇濃厚!(西原宏一、2015年08月13日)

 人民元が大量に買われたことで、今後、ほかの新興国通貨に対して平均への回帰が起こる可能性も考えられます。

 これらの理由から、執筆者は、値上がりが期待できるメキシコペソやポーランドズロチを買い、ユーロ、もしくは中国人民元(CHN)を売るというトレードを推奨しているのです。

■サクソバンクFX証券なら推奨通貨ペアの取引が可能!

 とはいえ、国内のFX会社で、これらのマイナーな通貨ペアを取り扱っているところはなかなかありません。

 実は、取扱い通貨ペアが163種類と国内で最も多いサクソバンクFX証券でも、中国人民元/メキシコペソ(CNH/MXN)、と中国人民元/ポーランドズロチ(CNH/PLN)は取扱いがないのです。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:取引できる通貨ペアを比べる[通貨ペア総数の多い順]

 米ドル/メキシコペソ、米ドル/ポーランドズロチ、米ドル/中国人民元があるので、米ドル/メキシコペソを売って、米ドル/中国人民元を買えば、中国人民元/メキシコペソのショートポジションを合成することも理論上は可能です。

 ただし、2通貨ペアを取引することになるので、スプレッド分のコストが高くなったり、必ずしも両通貨ペアを同時に決済できるとは限らないというリスクもあります。

 残念ながら、レポート内で推奨されている中国人民元/メキシコペソ(CNH/MXN)、と中国人民元/ポーランドズロチ(CNH/PLN)はありませんが、サクソバンクFX証券では、2015年10月より、カナダドル/中国人民元(CAD/CNH)、スイスフラン/中国人民元(CHF/CNH)、英ポンド/中国人民元(GBP/CNH)、NZドル/中国人民元(NZD/CNH)も取引できるようになりました。

 一方、ユーロ/メキシコペソ(EUR/MXN)とユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)は取扱いがありますが、これらの見慣れない通貨を取引する際は、いつも以上にリスク管理に注意しながら、まずは少額で試してみることをおススメします。

 ちなみに、「FX編」以外のレポートでも、話題の中心は…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 71983人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

取引でTポイントが貯まる! YJFX![外貨ex]

YJFX![外貨ex]

ザイFX!限定3000円もらえるキャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

5年連続でFX取引高世界第1位を達成! ザイFX!限定3000円キャッシュバック

ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.23109.89

USDJPY

ユーロ/円-0.19129.42

EURJPY

英ポンド/円-0.12141.80

GBPJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
08月14日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門