為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報
バックナンバー

メタトレーダーの開発元が日本法人設立!
日本語サポート強化でMT4ユーザー拡大も

2015年10月28日(水)東京時間 14:50

FXトレード・フィナンシャルは当サイト限定で3000円キャッシュバック!

■MT4の開発元、メタクオーツ社が日本法人を設立!

 世界中で利用されているトレードツール、メタトレーダー(MT4)の開発元であるロシアのメタクオーツ社(メタクオーツ・ソフトウエア)が、2015年10月、日本法人を設立しました。

(※「メタトレーダー(MetaTrader)」にはいくつかバージョンがあり、最新バージョンは「メタトレーダー5」。ただし、現在、日本でもっとも普及しているのは、1つ手前のバージョン「メタトレーダー4」。そのため、ザイFX!でメタトレーダーを紹介する際は、メタトレーダー(MT4)と記載している)

 日本法人の名称は、株式会社メタクオーツ・ソフトウェア・ジャパン(MetaQuotes Software Japan Co., Ltd.)。

株式会社メタクオーツ・ソフトウェア・ジャパンのウェブサイト(クリックで拡大)
株式会社メタクオーツ・ソフトウェア・ジャパンのウェブサイト

 今後、日本国内では、設立された新会社を拠点に、メタトレーダー(MT4)などのメタクオーツ社製品の販売や技術サポートを展開していくそうです。

 設立のお知らせには、「日本の金融機関の皆様ならびに投資家の方々に対して各製品の機能について、日本語で出来る限りサポートさせて頂きます」と記載されており、これで、サポート面でちょっとネックになることもあった「言葉」の問題に悩まされることもなくなるのでは? と期待されます。

■基本操作は日本語だが、取引ツールには英語表記も…

 通常のFX取引はもちろん、EAを使ったシステムトレード(シストレ)までできちゃうオールインワンのトレードツールとして名高いメタトレーダー(MT4)。

 初心者には、ちょっと難しく感じる面はあるものの、基本的な操作方法は、メタトレーダー(MT4)を導入しているFX会社で用意されている日本語マニュアルなどを見ればわかります。ですが、実際の取引ツールを見ると、問答無用で英語表示されている部分もあり…。

メタトレーダー(MT4)取引画面(クリックで拡大)
メタトレーダー(MT4)取引画面

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 メニューは、日本語で表示されていますが、「ライブラリ」や「マーケット」などEAを購入したりダウンロードしたりできるコンテンツや、「操作履歴」などの中身は、すべて英語で書かれています。日本のFX会社で提供されている他の取引ツールでは、あまりない状態です。

 こうした部分も、すべて日本語で対応してくれるようになるのでしょうか? なってくれると使いやすくなり、うれしいのですが…。今後のサービス展開に期待したいところですね。

■コミュニティサイトMQL5は、日本語対応済み!

 メタクオーツ社の日本語サポート強化という面で、すでに強化が始まっているのかな? と思うできごとが、最近1つありました。それは、メタトレーダー(MT4)ユーザーの公式コミュニティサイト「MQL5.community」に、2015年9月、日本語版が登場したという点。

「MQL5.community」(クリックで拡大)
「MQL5.community」

 ちなみに、日本語対応が行われた時点で、「MQL5.community」が対応している言語は、英語やロシア語、中国語を含め、6カ国語だそうです。メタトレーダー(MT4)が、ワールドワイドに広まっている様子がうかがえますね。

「MQL5.community」は、メタトレーダー(MT4)を使い倒したいユーザーに便利な公式コミュニティサイトで、無料や有料のEAを入手したり、VPSの契約ができたり、「フォーラム」と呼ばれるコンテンツで、ユーザー同士が、情報収集・交換できたりします。

 これまで、「MQL5.community」で使われている言葉は、英語を始め外国語だけだったのですが、お伝えしたとおり、2015年9月に日本語版が登場。

 ものによって、若干、翻訳がビミョウ(?)なところはありますが、完全外国語表記の頃に比べれば、うんと使いやすくなっていることは間違いなし。この調子で、日本語でのサポートがさらに充実していくと、うれしいですね。

■タイよりもあと!? 意外なほど遅かった日本法人設立

 新たに日本法人が設立されたことで、さらなるサービスの充実が期待されるメタクオーツ社ですが、実はすでに、本国であるロシアの国外にも複数の駐在員事務所を擁しており、アジア太平洋地域では、日本のほか、オーストラリア、中国、シンガポール、タイに駐在員事務所があります。

 日本には、FX取引高世界第1位のGMOクリック証券、2位のDMM.com証券があり、業界全体の取引高規模で見ても、日本は、世界的に稀有なFX大国であることを考えると、メタクオーツ社の日本法人設立は、意外なほど遅かったと言えそう…。

【参考記事】
3年連続でFX取引高世界第1位を達成! GMOクリック証券が支持される理由とは?
また、GMOクリック証券が王座を守った!2015年上半期FX取引高世界第1位に輝く
【動画付き】仕込まれたオチだったのか!?ガビ~ン! DMM.com証券がまた2位に!

GMOクリック証券のウェブサイト
GMOクリック証券のウェブサイト
DMM.com証券のウェブサイト
DMM.com証券のウェブサイト

 若干余談ではありますが、日本法人設立は、タイの駐在員事務所の開設より後だったんだ…。というか、タイにメタクオーツ社の駐在員事務所があったんだ! という事実には、ちょっとびっくり。

 確かに、タイ自体は、日本でも不動産などの投資先としても人気の国。経済成長著しい東南アジアを代表する国で、日本企業の進出も盛んです。

 プラットフォームの開発を主力とするメタクオーツ社も、「投資」に関わる会社に違いありませんし、そう考えると、日本をはじめ、国外からの投資が盛んな東南アジア地域にビジネスチャンスを求め、早期に駐在員事務所を設けようとするのは、自然なことなのかもしれませんね。

 ただ、それでもやっぱり、「日本法人設立は、意外なほど遅かった」という感は拭えませんが…。

 さて、日本法人が設立され…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 70257人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ザイスポFX!about Meta Trader
ザイFX!編集部

このコーナーではザイFX!編集部がメタトレーダー(MT4)に関する、あらゆる最新情報をお届けします。
そのジャンルは「FX会社のキャンペーン」「FX会社の新サービス」「MT4インディケーター」「MT4便利ワザ」「MT4最新情報」の5つ。5つのジャンルごとにバックナンバー一覧も表示可能。メタトレーダー好きなトレーダーさん必見のコーナーです。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

記事ジャンル別バックナンバー

  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報


>>>バックナンバー一覧

■親サイト「ザイFX!」内のコンテンツ シストレ比較 ⇒EAにお任せでFXの自動売買! メタトレーダー(MT4)口座のシストレ比較はこちら

FX会社徹底比較

FX会社 スプレッド 申し込み
スプレッド(米ドル円) スプレッド(ユーロ円) スプレッド(豪ドル円) スプレッド(ユーロ米ドル)
ザイFX!限定キャンペーン実施中
YJFX![外貨ex]
詳細 ※MT4ではチャート表示のみ可能。取引はできない。
0.3銭
原則固定
0.6銭
原則固定
6/30までのキャンペーン
0.7銭
原則固定
6/30までのキャンペーン
0.5pips
原則固定
6/30までのキャンペーン
口座開設資料請求
楽天証券[楽天MT4]
詳細
0.5銭
原則固定
1.1銭
原則固定
1.2銭
原則固定
0.6pips
原則固定
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1000通貨コース]
詳細
0.3銭
原則固定
6/30までのキャンペーン
0.6銭
原則固定
6/30までのキャンペーン
1.4銭
原則固定
0.8pips
原則固定
6/30までのキャンペーン
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1万通貨コース]
詳細
0.8銭
原則固定
1.4銭
原則固定
2.0銭
原則固定
1.4pips
原則固定
口座開設資料請求
アヴァトレード・ジャパン[メタトレーダー4]
詳細
1.2銭 2.2銭 2.8銭 1.9pips 口座開設資料請求
ゲインキャピタル・ジャパン[MetaTrader4]
詳細
1.5~2.0銭 1.8~2.8銭 2.1~3.3銭 1.7~
2.1pips
口座開設資料請求

「ザイFX!×MT4」が総力をあげてMT4が使えるFX会社の最新データを調査。徹底比較しています! 0627日更新

top-fxcompany-bottom-btn

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ザイFX!×メタトレーダー(MT4)トップにもどる
YJFX![外貨ex]

ザイFX!期間限定キャンペーン

ザイ オンライン
ザイFX!に戻る
超図解メタトレーダー入門

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

  • ★ザイFX!独自★【非売品】トラリピ犬さんの次世代型トラリピ設定レポートつきハンドブック『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiとトラリピ犬さんが作ったほったらかしFXで稼ぐ!』(開設で)+最大30,000円分Amazonギフト券(トラリピ・らくトラでの新規または決済取引、1万通貨ごとに100円分のAmazonギフト券)

    ・マネースクウェア・ジャパン[M2JFX](9月14日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)

    ・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](6月30日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)

    ・セントラル短資FX[ウルトラFX](6月30日まで)

  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)

    ・トレイダーズ証券[みんなのFX](6月30日まで)

  • 最大20,000円キャッシュバック(100万通貨以上の新規取引で。10万通貨以上の新規取引では10,000円。先着200名)

    ・IG証券[標準取引](6月30日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+オリジナル小冊子『フルオートの始め方と運用のコツ』(開設で)、または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)

    ・インヴァスト証券[シストレ24](6月30日まで)

  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)

    ・ヒロセ通商[LION FX](7月2日まで)

  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)

    ・JFX[MATRIX TRADER](7月2日まで)

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引で+1,000円、10万通貨以上の新規取引で+1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で+1,000円)

    ・FXプライム byGMO[選べる外貨](6月30日まで)

  • ★ザイFX!独自★10,000円キャッシュバック

    ・DMM.com証券[DMM FX](終了日時未定)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。