FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

外為どっとコムがFX取引高第3位に浮上!
2015年9月に取引高が急増した理由とは?

2015年10月29日(木)東京時間 13:10

■外為どっとコムが2015年9月のFX取引高第3位に浮上

 2015年10月21日(水)、外為どっとコムは公式サイト上で2015年9月のFX取引高がFX業界第3位になったと発表した。

外為どっとコム、2015年9月FX取引高第3位

外為どっとコムのリリースによると、2015年9月の同社FX取引高は3841億9100万通貨になったとのこと。前月(8月)のFX取引高が2954億2800万通貨だったので、887億6300万通貨の増加、パーセンテージにすると、なんと30%以上も増えたことになる。

 以下は、外為どっとコム[外貨ネクストネオ]の、2014年4月から2015年9月までのFX取引高を示したグラフだ。

外為どっとコムのFX取引高の推移(クリックで拡大) 
外為どっとコムのFX取引高の推移

(出所:外為どっとコム

 これを見ると、外為どっとコムのFX取引高は、日銀追加緩和実施の2カ月後となる2014年12月をピークに減少に転じると、おおむね2000~3000億通貨程度で推移していたことがわかる。ところが、2015年9月になって、それが一気に増えたということなのだ。

■調査会社ではない外為どっとコム独自の調査とは?

 このように、2015年9月のFX取引高第3位になったことを発表した外為どっとコムだが、リリースの内容で少し気になることがあった。

 FX会社の取引高や口座数などの順位は、矢野経済研究所やファイナンス・マグネイト(旧フォレックス・マグネイト)といった調査会社によって公表されている。FX会社はそういった調査会社の情報を基に、公式サイトなどで「取引高が第○位になりました」といったニュースリリースを発表しているのが通例だ。

 つまり、FX会社が発表するリリースの情報源は通常、各調査会社ということになる。普通は各FX会社が発表するリリースにはどこかしらに調査会社の名前が入っているものだ。

【参考記事】
FX取引高世界第1位をめぐるミステリー。DMMとGMOはどちらが世界一なのか?(2)
日本勢が世界一を激しく争うFX業界でGMOクリック証券が取引高世界第1位に!
業界勢力図に変化! あの会社が取引高で世界1位のGMOクリック証券を上回った!

 ところが、今回の外為どっとコムのリリースには、調査会社の名前が一切なく、その代わりに「外為どっとコム調べ」と記載されているのだ。これはかなり珍しい。

 実際、10月29日(木)現在、各調査会社のウェブサイトなどを調べてみても、外為どっとコムが2015年9月のFX取引高で3位になったという資料は見当たらない…。外為どっとコムは自社の取引高がわかるのは当然としても、他社の取引高も調べられるのだろうか?

 そこで、記者が問い合わせてみたところ、外為どっとコム総合研究所・調査部長の神田卓也氏から「金先協会発表の資料に基づいて自社で調べたもの」とのコメントが得られた。

 記者が金先協会(金融先物取引業協会)のウェブサイトを確認したところ、各FX会社の取引高を記載した資料は見当たらなかったものの、おそらくウェブサイトでは発表されていない金先協会の資料があるのだろう。

 いずれにしても、今回の外為どっとコムのリリースは、調査会社の発表によるものではない、ということは確かなようだ。 

■外為どっとコムはFX取引高でYJFX!を超えた模様

 次に、矢野経済研究所が発表しているFX取引高のデータを見ていただきたい。

2015年8月のFX取引高 月間ランキング
矢野経済研究所 2015年8月FX取引高の推移

 こちらは、2015年8月のもので、これが2015年10月29日(木)現在、矢野経済研究所が発表している最新データとなる。2015年9月のデータは矢野経済研究所からまだ発表されていない。

 これを見ると、2015年8月のFX取引高は、外為どっとコムが4位で、3位がYJFX!となっていることがわかる。今回、外為どっとコムが発表したリリースは、2015年9月のFX取引高のことなので、この矢野経済研究所のデータには反映されていない。

 ということは、突然、FX取引高が急激に増えたり、減ったりしたFX会社がほかになかったとすれば、2015年9月のFX取引高で、4位の外為どっとコムが3位のYJFX!を追い抜いたということになる。

 さらに、外為どっとコムYJFX!のこれまでのFX取引高の推移を見てみよう。以下のグラフは、2014年4月からの両社のFX取引高を示したものだ。

外為どっとコムとYJFX!のFX取引高の推移

(出所:外為どっとコムYJFX!の公式サイトにあるデータよりザイFX!編集部が作成)

 こちらを見ると、外為どっとコムYJFX!はともに2014年9月以降、一気にFX取引高を増やしていることがわかる。

外為どっとコムでは、2013年末より、対象通貨ペアを変更しながら、スプレッド縮小キャンペーンを実施してきた。

外為どっとコムのスプレッド縮小の経過を米ドル/円で追ってみると、2014年4月よりキャンペーンスプレッドで0.4銭原則固定での提供を開始すると、2014年5月にはそのスプレッドを恒常化させた。

【参考記事】
クイズです!ユーロ/ドル0.5pips原則固定、業界最狭水準スプレッドのFX会社はどこ?
老舗がここまで縮小! 米ドル/円0.4銭へ。ユーロ/米ドル0.5pips、NZドル/円1.6銭!
ユーロ/ドル0.5pips、英ポンド/円1.1銭!恒常化された老舗のスプレッドがヤバイ!

 さらに、その翌月(2014年6月)には、キャンペーンスプレッドながら業界トップ水準の0.3銭原則固定での提供を開始し、老舗FX会社のネオ化が着々と進んでいった。

 そして極めつけは、2014年8月に実施された米ドル/円0.3銭原則固定の恒常化だった。

【参考記事】
老舗が超ネオ化してドル/円0.3銭恒常化!ホリエモンと竹中平蔵のおカネ論セミナー!?
ザイFX!で2014年を振り返ろう!(3)【業界:前編】BO再燃と熱いスプレッド競争

 以下は、業界トップ水準の米ドル/円スプレッドをまとめたものだ。

業界トップ水準の米ドル/円スプレッド比較(10月29日現在)
業界トップ水準の米ドル/円スプレッド比較(10月28日)

(※)スプレッドはすべて、例外あり。SBI FXトレードのスプレッドは、取引数量によって変化します。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる[米ドル/円スプレッドの狭い順]

 上表を見ると、1位と2位はSBI FXトレードだが、こちらは取引数量でスプレッドが変わる珍しい方式を取っているので、それを除けば、0.3銭原則固定が業界トップ水準となり、外為どっとコムはこのグループに入っていることになる。

 また、外為どっとコムはほかの主要通貨ペアでも、徐々にスプレッドを縮小させ、たとえば、ユーロ/円は0.6銭原則固定、ユーロ/米ドルは0.5pips原則固定にスプレッドをそれぞれ恒常化させた。こうして、主要通貨ペアについて業界トップ水準でのスプレッド提供を実現し、老舗FX会社である外為どっとコムが完全にネオ化したのが2014年夏から秋にかけてのことだった。

 一方、YJFX!も、2014年9月には、それまで「標準」と謳っていたスプレッドをいつの間にか「原則固定」に変更し、同年10月には、キャンペーンではあるものの、米ドル/円スプレッドを0.3銭原則固定に縮小させた。なお、そのキャンペーンは、対象通貨ペアを増やして現在も継続している。

【参考記事】
あれれ? いつの間に原則固定になった?Cymoがパワーアップ! 最大2万7000円!

 以上のようなスペック改善を背景とし、さらには2014年10月の日銀追加緩和を追い風として、外為どっとコムYJFX!は2014年秋以降に取引高を伸ばしていったのだろう。

 ただ、こうしたスプレッド競争が繰り広げられる中、以下のグラフのとおり、2014年4月以降、外為どっとコムYJFX!にFX取引高で迫ることはあっても超えることはなかった…。

(再掲載)
外為どっとコムとYJFX!のFX取引高の推移

(出所:外為どっとコムYJFX!の公式サイトにあるデータよりザイFX!編集部が作成)

 さらに、先ほど紹介した矢野経済研究所のデータを見ていただくとわかるように、2015年8月の両社のFX取引高の差は、524億3000万通貨もあった。

2015年8月のFX取引高 月間ランキング(再掲載)
矢野経済研究所 2015年8月FX取引高の推移

外為どっとコムは、2015年8月にこれだけの差があったにもかかわらず、2015年9月にそれをひっくり返して、第3位に浮上したということになる。

 では、外為どっとコムが2015年9月に急激にFX取引高を伸ばした理由は…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 74216人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で6000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.3銭!いま当サイト限定キャンペーン実施中!

限定含めて最大9000円! 外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

老舗FX会社の外為どっとコム!米ドル/円スプレッドは0.3銭原則固定!

ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.00113.47

USDJPY

豪ドル/円+0.0488.63

AUDJPY

トルコリラ/円+0.0630.57

TRYJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム



 
10月23日更新




 
10月13日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門