FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

ザイFX!で2015年を振り返ろう(3)
GMOとDMMの取引高争いに老舗が迫る!?

2015年12月23日(水)東京時間 12:56

「ザイFX!で2015年を振り返ろう!(2) 『黒田ライン』意識で伸び悩んだ米ドル/円」からつづく)

 年始にスイスショックが起こり、波乱の幕開けとなった2015年。その後、春から夏にかけてはギリシャデフォルト問題に振り回され、8月の下旬にはチャイナショックが起こり、その後は米利上げ期待(12月のFOMCで0.25%利上げ実施)やECBの追加緩和といった話題が大きなテーマとなりました。

 マーケットの動き自体は、前半の方がよく動き、後半、特にチャイナショック以降は、方向感を失ってしまったような印象でしたね。

【参考記事】
ザイFX!で2015年を振り返ろう!(1) 2つのショックの背後に大きなテーマあり
ザイFX!で2015年を振り返ろう!(2) 「黒田ライン」意識で伸び悩んだ米ドル/円

 そんな不安定な相場状況のなか、本邦FX業界ではいったい何が起こっていたのか? ここからは、2015年のFX業界動向について、お得な情報も交えつつ、振り返ってみたいと思います。

■アルパリUK破綻! FXCMジャパン証券も楽天証券に…

 まずは、年始のスイスショックを経て起きた業界再編の動きを振り返ってみましょう。

 2015年1月に、SNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])がユーロ/スイスフランにおける1.20フランという防衛ラインを突如撤廃したことにより起こったスイスショックは、わずかな時間でユーロ/スイスフランが3000pips以上もの暴落を見せる凄まじいものとなりました。

ユーロ/スイスフラン 日足
ユーロ/スイスフラン 日足

(出所:ヒロセ通商

 当初、スイスショックの主役は、ユーロ/スイスフランということで、そこまで日本の投資家やFX会社に影響はないのかな? という印象でしたが、しばらくすると、外資系FX会社であるアルパリジャパンとFXCMジャパン証券は、英国や米国に拠点を置く親会社が大打撃を受けていたことが発覚。

 アルパリジャパンについては、親会社のアルパリ(UK) Limitedが破綻し、アルパリジャパンも業務停止状態に…。8月には、スイスの金融機関、デューカスコピーバンク(Dukascopy Bank SA)に買収されました。

 FXCMジャパン証券については、融資が行われたことで親会社である米FXCMの破綻は免れたものの、3月に入って、なんとネット証券大手の楽天証券に買収されることが発表されたのです(株式の譲渡は4月に完了)。

【参考記事】
スイスショックでアルパリUKが破綻!スイスフラン大暴騰で損失をカバーできず
買収金額74億円! 楽天証券がFXCMジャパン証券の買収&子会社化を発表!

■買収後の2社は? 他の会社の約定状況などもチェック!

 その後、アルパリジャパンは、デューカスコピー・ジャパンとして10月頃に営業を再開。FXCMジャパン証券は、一部商品を整理したうえで、8月から楽天証券のサービスとして再スタートしています。

【参考記事】
スイス金融機関がアルパリジャパン買収!いったいどんな会社? MT4は使えるの!?
楽天証券がFXCMジャパン証券を吸収して経営統合! MT4書籍がもれなくもらえる!

 なお、スイスショックの際は、紹介した2社のように即破綻や買収といった事態には至らなかったものの、他のFX会社も少なからず混乱状態に陥っていました…。スイスショック当時のレート配信状況や約定状況を調査した記事も公開していますので、興味のある方は、ぜひご覧ください。

 大変動があった時のために、スプレッドやレート配信、約定といったインフラ面が強いFX会社をチェックしておくことは、とても大事なことではないでしょうか?

【参考記事】
最大損失、約126億円!? 約定状況公開!スイスショック絡みのFX会社情報総まとめ
スイスショック時もレート配信を継続!?5分足チャートから読み取れる真実とは?

■実質的にはGMOクリック証券の上場!? MT4の日本法人?

 いきなり、スイスショック後の業界再編という、ちょっと重たい話題から入ってしまいましたが、2015年は、この他にも業界にインパクトを与えるニュースがいくつもありました。

 たとえば、4月に行われたGMOクリック証券の親会社、GMOクリックホールディングスのジャスダック(JASDAQ)上場FXプライム byGMOは、このタイミングでGMOクリックホールディングスの完全子会社となりました。

 2013年、2014年とGMOクリックホールディングスの営業収益を見ると、8割強~9割強は、子会社のGMOクリック証券が占めていることから、この上場は、「実質的にGMOクリック証券が上場するようなもの」と言えそうだと、当コーナーで紹介したとおりです。

【参考記事】
GMOクリックHDがジャスダック上場へ!これはGMOクリック証券の実質上場?

GMOクリック証券のウェブサイト
GMOクリック証券のウェブサイト

 また、FX会社そのものに関するニュースではありませんが、メタトレーダー(MT4)の開発元であるロシアのメタクオーツ社(メタクオーツ・ソフトウエア)が、2015年10月、日本法人を設立したという話題にも注目したいと思います。

(※「メタトレーダー(MetaTrader)」にはいくつかバージョンがあり、最新バージョンは「メタトレーダー5」。ただし、現在、日本でもっとも普及しているのは、1つ手前のバージョン「メタトレーダー4」。そのため、ザイFX!でメタトレーダーを紹介する際は、メタトレーダー(MT4)と記載している)

 日本法人の名称は、株式会社メタクオーツ・ソフトウェア・ジャパン(MetaQuotes Software Japan Co., Ltd.)。こちらは、日本法人の設立により、メタトレーダー(MT4)を提供する日本のFX会社との連携が密になり、ユーザーにとって、メタトレーダー(MT4)がより使いやすいツールに進化することを期待したいですね。

【参考記事】
メタトレーダーの開発元が日本法人設立!日本語サポート強化でMT4ユーザー拡大も

 次に、ここ数年、FX取引高世界1位を巡って

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75947人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!経由の申込みで特別に4,000円!

DMM.com証券[DMM FX]

当サイト期間限定キャンペーン実施中!口座開設と初回取引で現金4000円がもらえる!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

3000円と新刊書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.21112.62

USDJPY

豪ドル/円-0.0986.08

AUDJPY

トルコリラ/円+0.2629.15

TRYJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
12月15日更新



 
12月11日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門