為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

日銀のマイナス金利は引下げ余地大きい。
ドル/円は押し目買い目線で125円方向へ

2016年02月02日(火)東京時間 16:00

■【日銀マイナス金利】メディアの論調は過小評価

まずはいろいろあった先週(1月25日~)の動きの振り返りから。

 

FOMC(米連邦公開市場委員会)は予想どおりにハト派的な声明文となり、次の利上げ時期についてマーケットでは今年(2016年)12月との予想が高まっています。

 

そうだとすれば年4回の利上げどころか、今年(2016年)あと1度利上げするかどうかということになります。そして日本銀行のマイナス金利。驚きましたね。

【参考記事】
日銀のマイナス金利導入で相場大荒れ! 米ドル/円は急上昇→急反落→ジリ上げ
日本経済新聞が事前に報道! 日銀のマイナス金利導入は察知されていたのか?

足もとのリスクオフ局面に対してG7(先進7カ国)が強調して動くのではと想定していましたが、ECB(欧中中央銀行)が追加金融緩和を示唆、FOMCはハト派寄りの姿勢を強め、仕上げに日銀が動いたということ。

【参考記事】
2016年前半相場のカギを握る日銀会合。一番重要なのは追加緩和の有無ではない!(1月28日、西原宏一)

とくに日銀に関しては市場がリスクオフに傾いた中、抜群のタイミングで出してきたなという印象です。

日経平均 日足
日経平均 日足

(出所:株マップ.com

世界の通貨VS円 日足
世界の通貨VS円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 日足

メディアではマイナス金利の効果に対してネガティブな論調が目立ちますが、悪影響が懸念された地方銀行に対する配慮もなされていて、ある程度の効果を発揮するのではと見ています。

かなり思い切った政策ですが、今回はまだマイナス0.1%。他のマイナス金利導入国を見ると、ユーロ圏はマイナス0.3%だし、スイスはマイナス 0.75%、スウェーデンにいたってはマイナス1.1%。

 

これらの数字を見ると、まだ日本には多くの引き下げ余地が残されていることになりますね。

マイナス金利によって中国経済の不安や原油価格の下落に歯止めがかかるわけではないですが、少なくとも2016年年初からの急激な株安、円高というリスクオフの流れはいったん収束したと考えています。


■【米雇用統計】1月は例年悪化、影響は限定的か

イベントに行くと、今週、2月5日(金)は雇用統計。

 

米非農業部門雇用者数(NFP)の推移

米雇用統計は2月5日(金)22時30分の発表
(詳しくはこちら → 経済指標/金利: 米国主要経済指標の推移

前回12月のNFP(非農業部門雇用者数)は29.2万人増と非常に強い数字でしたが、例年1月は寒波や大雪の影響で悪化しがち…。20万人前後、あるいは20万人を割ることもありえます


ただ、米利上げへの影響で見ると雇用よりも国外要因に目が向いているので、10万人割れといったようなよほど悪い数字が出ないかぎり、マーケットへの影響は限定的でしょう

 

それより注目されるのは来週(2月8日~)の「ハンフリー・ホーキンス」。FRB(米連邦準備制度理事会)のイエレン議長による議会証言です。

米利上げが遠のいたり、年1回になるからといって米ドル売りに転じるかというと疑問。やはり米ドル高なのでしょう。

米ドルVS世界の通貨 週足
米ドルVS世界の通貨 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 週足

何度も伝えてきたNYダウの200週移動平均線も死守され、日経平均も「マジノ線」である1万6000円割れを回避し1万8000円直前まで戻しています。

【参考記事】
ソロスも警告するリーマンショック再来はあるのか? その鍵を握るのは米国株…!?(1月12日、西原宏一&松崎美子)

NYダウ 週足
NYダウ 週足

(出所:CQG)

日経平均 日足
日経平均 日足

(出所:株マップ.com

リスクオフで買われていた円の巻き戻しも出て、米ドル/円は125円方向なのでしょう、押し目買い目線でよいと思います。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:CQG)

今週の大注目経済指標 ●米1月雇用統計

発表:2月5日(金)22時30分
前回:+29.2万人(非農業部門雇用者数)
予想:+21万人(同)

 (次ページでは3カ月に1度のスーパー・サーズデーの話題が…)


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 現在、上田ハーローFXではザイFX!限定で、当コーナーに登場している松崎美子さんの著書『松崎美子のロンドンFX』(自由国民社刊、税込み1620円)がもれなくもらえる、タイアップキャンペーンを実施しています。

上田ハーローFX「ザイFX!限定タイアップキャンペーン」

【参考記事】
取引システムが一新されたあのFX会社で『松崎美子のロンドンFX』をタダで…

 今回プレゼントされる『松崎美子のロンドンFX』は、松崎さんが、金融の聖地とも言われるイギリスの「シティ」で長年培ってきた為替のノウハウがギュギュッと詰まった1冊となっています。

『松崎美子のロンドンFX』

 なお、こちらのキャンペーンは、ザイFX!を経由して上田ハーローFXに新規口座開設し、口座申込み月の翌月末までに1万円を入金すればOK。比較的クリアしやすい条件になっているのもうれしいですね。ぜひ、ご活用ください。

>>>上田ハーローFXのスペック詳細はザイFX!の比較コンテンツでご覧ください

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 66718人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
FXほっとLINEで作戦会議
FXほっとLINE

このコーナーでは東京在住の元ディーラー・西原宏一さんとロンドン在住の元ディーラー・松崎美子さんが、その週の注目イベントについて話し合っている模様をお届けします。

西原宏一 (にしはら・こういち)
青山学院大学卒業後、1985年にシティバンク東京支店へ入行。為替部門チーフトレーダーなどとして活躍後、海外へ。ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラー等を歴任した後、独立。現在はCKキャピタル代表取締役・CEO。ロンドン、シンガポール、香港など海外ヘッジファンドとの交流が深く、独自の情報網を持つ。著書に『30年勝ち続けたプロが教える シンプルFX』(扶桑社)がある。

執筆者のサイト
「FX TREND 西原宏一オフィシャルサイト」
「ザイFX!×西原宏一 FXトレード戦略指令!」を配信中!(10日間無料)

松崎美子 (まつざき・よしこ)
1986年にスイス銀行東京支店へ入行、ディーラーアシスタントとしてキャリアをスタート。1988年に結婚のため渡英。翌年よりロンドンのバークレイズ銀行本店ディーリングルームに勤務、初の日本人FXオプション・セールスとなる。その後、メリルリンチ銀行ロンドン支店でFXオプション・セールスを務めたあと、2000年に退職。現在は個人トレーダーとして活躍する傍ら、ブログなどでロンドン/欧州関連情報を発信。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.53112.13

USDJPY

豪ドル/円-0.9186.00

AUDJPY

トルコリラ/円-0.4831.03

TRYJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
02月20日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門