FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

GMOクリック証券がまたしても快挙!
4年連続でFX取引高世界第1位達成!

2016年02月03日(水)東京時間 15:00

 2016年もCMキャラクターに女優の新垣結衣さんを起用、さらに、2月8日(月)に[新FXネオ]の正式リリースを控えるなど、攻めの姿勢を崩さないGMOクリック証券

【参考記事】
2016年もGMOクリック証券は新垣結衣!ネットで評判!ガッキーの特別な動画とは?
約定スピード6倍! FX取引高世界1位の あの会社で新システムがベールを脱いだ!

■GMOクリック証券が4年連続FX取引高第1位を獲得

 そんなGMOクリック証券[FXネオ]だが、2015年の年間FX取引高が世界第1位になったと発表した。

GMOクリック証券ウェブサイト
GMOクリック証券ウェブサイト

 当コーナーでは、GMOクリック証券[FXネオ]が2015年上半期にFX取引高世界第1位になったという記事を以前公開したが、そのまま4年連続FX取引高世界第1位という快挙を達成してしまったというわけだ。

【参考記事】
3年連続でFX取引高世界第1位を達成!GMOクリック証券が支持される理由とは?
また、GMOクリック証券が王座を守った!2015年上半期FX取引高世界第1位に輝く

■GMOクリック証券のシェアは上位10社中の21.3%

 以下は、FX取引高の調査元であるファイナンス・マグネイトが発表している「2015年年間取引高調査報告書」に掲載されている2015年の上位10社の取引高シェアを元にGMOクリック証券がグラフにしたものだ。

GMOクリック証券「2015年年間FX取引高世界第1位」

(出所:GMOクリック証券

 こちらを見ていただくと、GMOクリック証券が、上位10社の中の21.3%を占めていることがわかる。続いて、19.9%となっているのが「国内A社」。こちらは、同じネオ系で、GMOクリック証券と熾烈なスプレッド競争を繰り広げている、DMM.com証券[DMM FX]と見ておくべきだろうか…。

 なお、GMOクリック証券が年間FX取引高世界第1位となった2012年以降のFX取引高上位10社に占める割合は以下のとおりとなっている。

GMOクリック証券がFX取引高上位に占める割合

 こちらをご覧いただくと、2012年の16.6%から2013年に32%に急増したあと、2014年が23%、2015年が21.3%となっており、直近2年間は20%台で推移している。

 ちなみに、GMOクリック証券[FXネオ]の2015年12月の取引高は金額ベースで77.47兆円。それに対し、一般社団法人・金融先物取引業協会が公表したデータによると、2015年12月の日本の店頭FX全体の取引高はおよそ355兆円となっていた。

 こうして金額ベースで改めて見てみると、店頭FX全体に占めるGMOクリック証券[FXネオ]の取引高の多さがわかるのではないか。

■店頭FXは2015年後半に取引高が急減…

 ここで、GMOクリック証券[FXネオ]の2015年月別FX取引高を以下のグラフで見てみよう。

GMOクリック証券の2015年月別FX取引高
GMOクリック証券の2015年月別FX取引高

(出所:GMOクリック証券発表のデータよりザイFX!編集部が作成)

 これを見ると、2015年1月に取引高が140.92兆円に到達した後、5月にかけて大きく減少。その後、いったん持ち直したものの再び減少に転じると、年末にかけて大きく落ち込んでいる。

 では、FX取引高に大きく影響する為替相場はどんな動きだったのだろうか。米ドル/円の週足チャートで2015年の動きを見てみたい。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

 2015年の米ドル/円相場は、1月~5月にかけてはもみ合い相場が続いたが、6月に一時、125.87円まで上昇。その後、「チャイナショック」により、リスクオフ相場となったことで、円高主導で116円台前半まで急落したが、その後は反発した。

 しかし、FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げなどはあったものの影響は限定的で、2015年年末に向けては、レンジ相場を続けることとなった。

【参考記事】
3年連続でFX取引高世界第1位を達成! GMOクリック証券が支持される理由とは?

 下のGMOクリック証券[FXネオ]の取引高を見ていただくと、2015年9月は「チャイナショック」の余波もあってか、GMOクリック証券[FXネオ]の取引高も多かったが、10月以降、米ドル/円のレンジ相場が鮮明となる中、取引高が急減していることがわかる。

GMOクリック証券の2015年月別FX取引高
GMOクリック証券の2015年月別FX取引高

(出所:GMOクリック証券発表のデータよりザイFX!編集部が作成)

 さらに、2015年の店頭FX全体の取引高がどうだったのかも見ておきたい。

2015年の店頭FX取引高
2015年の店頭FX取引高

(出所:一般社団法人・金融先物取引業協会発表のデータよりザイFX!編集部が作成)

 先ほども少し触れたが、一般社団法人・金融先物取引業協会が公表している、店頭FXの取引高を見てみると、2015年10月~12月にかけて大きく減少していることがわかる。

 2015年年末にかけてのFX取引高の急減は、GMOクリック証券[FXネオ]に限ったことではなく、FX業界全体で取引高がかなり落ち込んでいたというわけだ。

 このように店頭FX全体の取引高が減少していく中でも…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 74184人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.00113.47

USDJPY

豪ドル/円-0.0288.58

AUDJPY

トルコリラ/円0.0030.52

TRYJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム

 
10月23日更新






 
10月13日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門