ザイFX! チャレンジ!
1
次のページへ

小林さんもザイFX!からの刺客2人もみんながマイナスに沈んだ前半戦から一転、後半戦は超燃える展開に! 運命を分けたのは日銀会合だった。あの人が5分で4万pipsを稼げば、あっちの人は6万pipsを失って――。その結果は!?

 4月バトルの目玉となったのは、28日に開催された日本銀行の会合だった。トップに立つゆきママさんと2位の小林さんの差はわずかだし、最下位の余弦さんも日銀会合で大勝負をしかけ、逆転の可能性は充分残されていた。

 混戦模様のなか、日銀の結果が発表されたのは12時1分。いつもより早い時間に発表された日銀会合の結果は現状維持で米ドル/円は急落!

 事前に買い方に回っていたのは余弦さん。結果を見て売り方に回ったのがゆきママさんで、小林さんは反対に落ちたところを買っていった。この結果でまず余弦さんが撃沈。小林さんとゆきママさんの一騎打ちに。5分で4万pipsを稼いだゆきママさんに対して、ドテンして売りに回った小林さんは怒涛のスキャル、28日だけで1万pipsを稼ぐ!

「小林さんはスキャルピングの鬼。発表後の急落で4万pipsを取って勝ったかと思ったのですが、猛烈に追い上げてきたのにはびっくりしました。参加前から不安だったのですが、勝ててよかったです」とゆきママさん。

 小林さんが猛追するも、2円の急落を取ったゆきママさんの牙城は揺るがず。見事、1位でゴールイン!

お騒がせニュースで急騰も
フリーフォールの急降下!

 日銀を制すものはバトルを制す、となった4月バトル。前半戦に嵐を巻き起こしたのは、ブルームバーグが配信した「日銀:金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討-関係者」と題した1本の記事だった。

「日銀のマイナス金利政策拡大を伝えた記事でした。この記事が出て米ドル/円は109円台から111円台後半へ。過剰反応と思える動きでしたが、それまでに円が大きく買われていたため、売り手のストップを巻き込んで急騰したようです」

 この記事で円買いポジションが解消され、米ドル/円が上昇していたため、28日の日銀は急落しやすい環境が整っていたことになる。

「情報過多の時代なので、つい情報に惑わされて右往左往してしまいがちです。奇をてらった極端な予想や記事も増えていますから、流されずに自分自身の判断をしっかり持ってトレードすることが大切ですよね」とゆきママさん。

 3人はどんな戦略のもと、日銀に臨んだのか、見ていこう。>>>続きはこちら

トライオート次へ

Contents menu

<1st BATTLE> 昨年小林さんを負かした余弦さん登場!
<1st BATTLE> ドラギ総裁にヤラレた小林さん!
<1st BATTLE+2nd BATTLE> 5分で4万pipsを稼いだあの人が優勝!
<2nd BATTLE> 小林さん、こんな成績見たくなかった!
<2nd BATTLE+3rd BATTLE> 豪ドル/米ドルで、ゆんさんが大逆転!
<3rd BATTLE> Brexitでバトルは大波乱!
<3rd BATTLE> 小林さん大ヤラレ!歴史的バトルが決着だ!
<番外編>惨敗を喫した小林さんに猛省を促す!
1
次のページへ

●注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業 登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)