為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

反黒田派!? 日高正裕記者の記事は
日銀がリークしたものだったのか?

2016年05月11日(水)東京時間 12:25

「市場を大騒ぎさせたブルームバーグ・日高正裕記者の記事。その謎に迫る!」からつづく)

★謎1:日高記者の記事は日銀がリークしたものだったのか?

 今回、4月22日(金)に公開されたブルームバーグ・日高正裕記者による「日銀:金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討-関係者」という記事が市場にオドロキをもって迎えられたのは、日銀が金融機関への貸し出しをマイナス金利で行うというアイデアだけに理由があるわけではない。

 「日銀:」で始まり、「-関係者」で終わる日高記者の記事タイトルが、いかにもその情報が日銀内部からストレートにもたらされたものだと読み手に受け取られたからこそ、これだけ騒がれたのだ。

4月22日(金)に公開されたブルームバーグの記事
4月22日(金)に公開されたブルームバーグの記事

■「貸出金利マイナス案」自体は日経新聞も取り上げていた

 アイデアだけであれば、ブルームバーグ・日高正裕記者の記事以前から、取り上げる人は複数いたのである。

 たとえば、ECB(欧州中央銀行)は3月の追加緩和時にTLTRO2(貸出条件付き長期資金供給オペ第2弾)を導入しているが、これは中央銀行が金融機関への貸し出しをマイナス金利で行い得るという内容を含むものだった。これは前回紹介したとおり、黒田日銀総裁が4月28日(木)の日銀金融政策決定会合後の記者会見でも触れていたことである。

【参考記事】
市場を大騒ぎさせたブルームバーグ・日高正裕記者の記事。その謎に迫る!

 さらにこの「ECBによるTLTRO2と同じようなことを日銀もできる」とブルームバーグの記事が出る4日前に指摘していた記事もあった。日本経済新聞のウェブサイトで4月18日(月)に公開された清水功哉編集委員による「『銀行株に優しいマイナス金利』 日銀、新たな工夫も」という記事である。

 この記事では、「有力日銀OB」からそのような声が出ているとして、ズバリ、貸出支援基金の金利をマイナスにするというアイデアが紹介されているのだ。

4月18日(月)に公開された日本経済新聞の記事
4月18日(月)に公開された日本経済新聞の記事

 また、ゴールドマン・サックスなどでディーラーとして活躍してきた志摩力男氏はブルームバーグの記事が出る前日、4月21日(木)に配信された同氏の有料メルマガで、以下のように、ゴールドマン・サックス証券の日本経済担当チーフ・エコノミスト・馬場直彦氏の見解を紹介していた。 

ゴールドマン・サックスの馬場さんが、従来6月緩和予想だったのを4月、すなわち来週金融緩和の考えに変更したようです(4月20日レポート)。ETF7兆円への増額が政策の主体ですが、貸出支援スキームのマイナス金利への引き下げも打ち出されてました。

 ここにも「貸出支援スキームのマイナス金利への引き下げ」という内容が含まれていることがわかる。

■日銀内部から出た情報のように見えるからこそ大騒ぎに

 さらに言えば、実は「日銀:金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討-関係者」という問題のブルームバーグ記事の中にも、同記事公開前にこのようなアイデア(もしくはそれに準ずるもの)が表明されていたという例がいろいろと載っているのだ。

 それは日高正裕記者が書いた部分ではなく、藤岡徹記者があとから追記したと考えられる部分である(「追記」に関しては当コーナーの前回記事で触れた)。

【参考記事】
市場を大騒ぎさせたブルームバーグ・日高正裕記者の記事。その謎に迫る!

 以下がブルームバーグの当該記事に掲載されていたその例だ。

・三菱UFJモルガン・スタンレー証券:六車治美シニアマーケットエコノミストによる8日付のリポート

・ドイツ証券:山下周チーフ金利ストラテジストによる13日付のリポート

・大和証券:永井靖敏チーフエコノミストによる21日付のリポート

 このように同記事が公開される前に発表されたリポートに貸出支援基金の金利をマイナスにする、もしくはそれに準ずるようなアイデアが紹介されていた例がいろいろとあったのだ(ただし、リポートのなかで、それが肯定的に紹介されているとは限らない)。

 しかし、こういった記事やリポートの内容が大騒ぎされることはなかった。それは「貸出金利をマイナスに」というアイデアが日銀内部でまさに検討されているという内容ではなかったからにほかならない。

 ブルームバーグ・日高正裕記者が4月22日(金)に公開した記事「日銀:金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討-関係者」は、同様の内容であっても、それが日銀内部から出た情報のように見える表現となっていたからこそ、市場は大騒ぎとなったのである。

 つまり、ポイントの1つは「貸出支援基金の金利をマイナスにするという政策を日銀が検討している」というような内部情報を、日銀内部の人が本当に話したのか? 話したとすれば、どのような形で話したのか?ということにある。

 ある金融市場関係者は…

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!/ザイ・オンライン関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](2月28日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)・セントラル短資FX[ウルトラFX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)・インヴァスト証券[シストレ24](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)・インヴァスト証券[トライオートFX](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](1月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定含めて9000円

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

深田恭子をイメージキャラクターに起用! 各国の通貨のTVCMも好評!

link

限定含めて1万8000円!

インヴァスト証券[トライオートFX]

通常の最大1万円+ザイFX!限定で特別に8000円

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.15114.70

USDJPY

ユーロ/米ドル+0.00141.0677

EURUSD

南アランド/円+0.018.47

ZARJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
01月16日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門