為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

「BOJ Officials Said」の謎:ブルームバーグ
記事の英文タイトルはあとから改変されていた!?(要約版)

2016年07月12日(火)東京時間 14:46

 以下のとおり、本記事を英訳したものも公開しています。こちらもご覧ください(ザイFX!編集部)。

【英訳版記事】
The Mystery of "BOJ Officials Said" Was the English Title of the Article by Bloomberg Altered Afterwards?(abridged edition)


 当サイト「ザイFX!」では、金融市場を動揺させたブルームバーグ・日高正裕記者の記事について、以下のとおり、4回シリーズで検証してきた。

【参考記事】
(1)市場を大騒ぎさせたブルームバーグ・日高正裕記者の記事。その謎に迫る!
(2)反黒田派!? 日高正裕記者の記事は日銀がリークしたものだったのか?
(3)ブルームバーグ・日高正裕記者の記事に出てくる(日銀)関係者って誰よ?
(4)BOJ Officials Saidの謎:ブルームバーグの英文タイトルはあとから改変されていた!?

 以下の記事はおもに、(4)の記事の中から、日高正裕記者の英語版記事に関する部分をまとめた「要約版」である。


 2016年4月28日、日本銀行による追加緩和の見送りは、市場に深い失望をもたらした。見送り発表後、金融市場では急速に株安・円高が進行した。

 しかし、この激しい展開は、おそらく、単に日銀発表によって引き起こされたものではない。それ以前に、4月22日に公開されたブルームバーグ日高正裕記者の記事「日銀:金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討-関係者(BOJ Officials Are Said to Eye Possible Negative Rate on Loans)」によって追加緩和への期待が膨れあがり、その反動もあって市場は激しく動いたのではないだろうか。当サイト「ザイFX!」では、そのような点を念頭に置いて、同記事についての疑問点を複数回にわたって検証してきた。

4月22日(金)に公開された問題のブルームバーグ・日高正裕記者の記事(日本語版)
4月22日(金)に公開された問題のブルームバーグ・日高正裕記者の記事(日本語版)

 この問題の記事は英文でも公開されている。市場に与えた影響という点ではむしろ、英文記事の方が重要かもしれない。そして、この英文記事には奇妙な点があるのだ。

4月22日(金)に公開された問題のブルームバーグ・日高正裕記者の記事(英語版)
4月22日(金)に公開された問題のブルームバーグ・日高正裕記者の記事(英語版)

 本稿では、この英文記事について検証してみたい。

■情報ソースには「日銀ウォッチャー」も入るのか

 オリジナルの日本語版の記事には、「複数の関係者(kankei-sha)によると」という記述が2カ所出てくる。英語版の記事は日本語版とはやや構成が異なるのだが、「関係者」という表現はやはり複数の箇所に出てくる。そして、この「関係者」の翻訳に別々の表現が使われているのだ。1カ所は、「The officials said」である。ところが、もう1カ所、「according to people familiar with talks at the BOJ」という表現になっているところがあるのだ。この2つの表現が、実質的に同じ意味を表しているということはあるのだろうか。後者の表現は、「日銀に所属する人」とはだいぶ異なる印象を与えるのではないだろうか。

ブルームバーグ英文記事の「people familiar with talks at the BOJ」と書かれている箇所
問題のブルームバーグ記事の「people familiar with talks at the BOJ」と書かれている箇所

 筆者は日頃から金融市場のニュースに慣れ親しんでいて、英語を日常的に使う環境で何年も過ごしてきた経験がある2人の日本人に、念のため、2つの表現のニュアンスは同じようなことなのか、異なることなのか、聞いてみた。

 すると、2人から共に「明確にこの2つの表現は区別される」という答えが返ってきた。

 すなわち、「BOJ officials」とは日銀内部の人のことであり、一方、「people familiar with talks at the BOJ」には、日銀内部だけでなく、日銀の動向や内部関係者の発言に常に関心を注いでいる、いわゆる「日銀ウォッチャー」のような人も含まれるというのだ。

 問題の日高正裕記者の記事に当初公開時点からコメントが載っていた専門家はBNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストだけである。そして、河野氏は日銀ウォッチャーの1人。

 つまり、河野氏は「people familiar with talks at the BOJ」(日銀での議論をよく知る人々)に入るわけで、たとえばの話だが、日高記者が河野氏から話を聞いて、問題の記事を書いたとしても、「people familiar with talks at the BOJ」と表現されている部分に関しては、記事内容に間違いはないことになってしまうのだ(あくまで「たとえば」の話だが…)。

■タイトルが修正されている?

 さらに、本記事の英語版でもっとも奇妙に思われる点は、タイトルにある。ブルームバーグ・日高正裕記者の記事に関する最大の問題はここにあると言ってもいいかもしれない。

4月22日(金)に公開された問題のブルームバーグ・日高正裕記者の記事(英語版、再掲載)
4月22日(金)に公開された問題のブルームバーグ・日高正裕記者の記事(英語版)

 冒頭で紹介した「日銀:金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討-関係者(BOJ Officials Are Said to Eye Possible Negative Rate on Loans)」というタイトルは、現状ブルームバーグのウェブサイトで見られるタイトルである。

 まず、上述の疑問との関連で、ここでは明確にBOJ Officialsという言葉が使われていることを指摘しておきたい。和文・英文を通じて、「日銀内部の人」を明確に示すこの表現が使われているのは、このタイトルだけである。

 ところで、奇妙なことに、この英文記事のタイトルは、最初に公開されたものから変更されている形跡があるのだ。

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 66831人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](3月31日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](3月31日まで)
  • 最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)+最大10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)または、最大10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[トライオートFX](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](4月2日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](4月2日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](3月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

通常5000円に加えて3000円追加キャッシュバックが貰えるのはザイFX!だけ

link

ザイFX!限定5000円!

サクソバンク証券

月曜早朝3時から取引可能!週末ニュースを収益チャンスに

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+1.00113.73

USDJPY

豪ドル/円+0.9487.24

AUDJPY

NZドル/円+0.0481.11

NZDJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
02月27日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門