FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

FOMCと日銀会合のイベント待ち相場へ。
米9月利上げの可能性は? 日銀はどう動く?

2016年09月13日(火)東京時間 15:27

■フィッシャー VS ブレナードの構図が明確に

9月12日(月)深夜に行われたFRB(米連邦準備制度理事会)のブレイナード理事の講演、注目度が非常に高かったのですが……。ハト派的な発言ばかり。


先週、9月9日(金)に急落した米国株は大きく戻りを入れています。

NYダウ 1時間足
NYダウ 1時間足

(出所:CQG)

サプライズが期待されましたが「超」がつくほどのハト派であるブレイナードらしい慎重な発言に終始しましたね。

 

「ヒラリー政権ならば財務長官就任」ともささやかれるブレイナードならではの主張とも言えます。

 

これで明確になったのは雇用改善を背景に早期利上げを主張するフィッシャーFRB副議長とブレイナードが真っ向から対立する構図。

ヒラリー政権誕生なら財務長官就任との声もあるブレイナードFRB理事。注目の講演では、従来どおりのハト派発言に終始した

 ヒラリー政権誕生なら財務長官就任との声もあるブレイナードFRB理事。注目の講演では、従来どおりのハト派発言に終始し、早期利上げを主張するフィッシャーFRB副議長との対立が明確となった (C)Bloomberg/Getty Images

先物市場での9月利上げ織り込み度は22%と低水準ですが、ハト派だったローゼングレン・ボストン地区連銀総裁が先週、「緩やかな利上げが適切」とタカ派に 転向したこともあり、来週、9月21日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)での利上げが完全に消滅したわけではありません。

FOMCは来週、9月21日(水)ですが同日には日銀会合も。こちらも追加緩和期待が高まっていますね。


マイナス金利の深掘りに加えて、浮上してきたのが四次元目の緩和=「逆ツイストオペ」です。

 

マイナス金利による銀行への副作用を抑えるため、短期債を買って長期債を売る。そうすると短期金利は下落、長期金利は上昇するので銀行は利ざやを稼ぎやすくなります。


■日銀では逆ツイストオペ、外債購入も?!

専門用語で言えば、逆ツイストオペの目的は「イールドカーブを立たせる」ことになります。

(※編集部注:償還期限が異なる複数の債券の利回りの変化をグラフにしたものが「イールドカーブ」で、利回り曲線と呼ばれる。「フラット」は長短金利差が縮小している状況で、拡大している状況が「スティープ」。今回の記事にある「逆ツイストオペ」の目的である「イールドカーブを立たせる」というのは「スティープ」となる)

個人的には米利上げは50/50くらいだと思っていますが、日銀は逆ツイストオペなど、何かをやってくる可能性が高い。たびたび話題になる外債購入もあるのかもしれませんね。


安倍首相は「日銀による外債購入が為替介入を目的とする場合は日銀法上、認められていない」と否定していますが、意外と可能性はありそう。

杭州G20(20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議)では、中国が過剰生産の件などでかなり追い詰められていました。


中国は抜本的な構造改革に取り組むことを強調しており、経済の改革のための資金づくりとして大量に保有する米国債を売却する必要が出てくるかも。


それを日本が引き受ければ、アメリカは利回り急騰を避けられるし、日本は「為替介入を目的としているわけじゃない」と説明できるし、日米中いずれもがウィンウィンになる。

なるほど、安倍首相がわざわざ「為替介入を目的とする場合は」と条件をつけているのが気になっていましたが、その形だとやれる可能性がありそうですね。


■株もコモディティも米利上げを意識した動きに

コモディティ市場でも米利上げを意識し始めているのか、金が下げてきました。

NY金先物 日足
NY金先物 日足

(出所:CQG)

原油も先週(9月5日~)、週間在庫統計の予想を大きく上回る減少により、サプライズで上昇しましたが、メキシコ湾でのハリケーンの影響による石油施設の閉鎖という一時的なものだと周知されて下落しています。

WTI原油先物 日足
WTI原油先物 日足

(出所:CQG)

株もコモディティも米利上げ次第となってきましたね。

それに加えて9月15日(木)は「45日ルール」の期限。11月末が満期のヘッジファンドを解約する場合は45日前、つまり9月15日(木)までに通告しないといけないルールです。


今年(2016年)はヘッジファンドの成績がふるわないようなので解約が多そう。そうすると手仕舞いの動きで、今年上がったものは売られ、下がったものは買い戻されやすくなるのかもしれませんね。

今年高かったものの典型が米国株ですから、その面からも米国株の下落には注意ですね。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:CQG)

  (次ページではFOMCと日銀会合を絡めたトレード戦略の話題が…)


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 当コーナー「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」は原則、毎週月曜日または火曜日に更新しますが、当コーナー更新の前にその速報版が西原宏一さんの有料メルマガ「FXトレード戦略指令!(月額:4200円・税込)で配信されています。

「FXトレード戦略指令!」では「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」の速報版のほか、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスやチャートによる相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。さらに、購読者限定ウェブサイトも用意されており、チャート画像などはそちらでご覧いただくことができます。(10日間無料!)

西原宏一 FXトレード戦略指令!

■西原氏の最新FX書籍が発売!

西原宏一×ザイFX!が教える『FXトレード戦略 超入門』

西原宏一×ザイFX!が教える『FXトレード戦略 超入門』が10/18(水)に発売開始! Amazon為替部門1位獲得!(2017/10/19)

FX界のレジェンド、西原宏一氏と最強の為替サイト・ザイFX!がタッグを組み、オールカラーで図版やイラストがふんだんに入った”勝つ”ためのトレード法が体系的に学べる実践的な書籍が完成!

西原氏の24時間や情報収集法、PCやスマホの使いこなし方まで網羅したお得な一冊!

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75940人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議

このコーナーでは元為替ディーラーの西原宏一さんとフリーアナウンサーで、コモディティ(商品)に詳しい大橋ひろこさんが、FXとコモディティについて、その週の作戦会議を開いている模様をお届けします。

西原宏一 (にしはら・こういち)
青山学院大学卒業後、1985年にシティバンク東京支店へ入行。為替部門チーフトレーダーなどとして活躍後、海外へ。ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラー等を歴任した後、独立。現在はCKキャピタル代表取締役・CEO。ロンドン、シンガポール、香港など海外ヘッジファンドとの交流が深く、独自の情報網を持つ。著書に『30年勝ち続けたプロが教える シンプルFX』(扶桑社)がある。

執筆者のサイト
「FX TREND 西原宏一オフィシャルサイト」
「ザイFX!×西原宏一 FXトレード戦略指令!」を配信中!(10日間無料)

大橋ひろこ (おおはし・ひろこ)
フリーアナウンサー/ナレーター。ラジオNIKKEI「北野誠のFXやったるで!」、「マーケット・トレンド」など、FX・コモディティ(商品)を中心としたマーケット関連の番組に出演。さまざまなマーケット関連のセミナーで司会・モデレーターも務める。自身もFX、コモディティ、株式と幅広く投資しており、トレーダーとしての一面も持つが、特にコモディティに造詣が深い。ブログ「ひろこの“ボラタイル”な日々」、「大橋ひろこのコモログ」では自身のトレード記録の詳細を赤裸々に公開中。

執筆者のサイト
大橋ひろこ(@hirokoFR)

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.21112.62

USDJPY

ユーロ/円0.00132.39

EURJPY

英ポンド/円-0.90150.07

GBPJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
12月15日更新



 
12月11日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門