為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

M2Jのチャートがバーコードになる異変!?
MBOで上場廃止へ! いったいなぜ?

2016年10月03日(月)東京時間 10:03

■マネースクウェアHDの株価に異変が!

 元祖リピート系発注機能、「トラリピ(トラップリピートイフダン)」でおなじみのマネースクウェア・ジャパン(M2J)。

【参考記事】
世界中を駆け抜けておトクな特典をゲット!? ポケトラに新機能「トラリピ・マラソン」追加!
相次ぐミラートレーダー廃止の裏に何が?ミラトレ難民を救ってくれるFX会社はどこ? 

マネースクウェア・ジャパン[M2JFX]

 その「トラリピ」に関連していくつも特許を取っていることや、FX専業会社としてはかなり早い、2007年から株式上場していることなどから、堅牢な企業体質がうかがえます。

 特に株式上場に関しては、2007年10月にマネ―スクウェア・ジャパンとして大証ヘラクレス(現東証JASDAQ)市場に上場したのち、2013年3月には東証二部上場、2014年4月には東証一部に指定替え、そして、同年10月にはマネースクウェアHD(証券コード:8728)と改名し、持株会社制に移行と、絵に描いたような発展を遂げた印象です。

 そんなマネースクウェアHDの株価に近ごろ異変が! 下のチャートは1分足なのですが、もはやローソク足だか何だかわかりません。しかも、よく見ると、ものすっごく値幅が狭い!

マネースクウェアHD 1分足(9月29日~9月30日前場途中まで)
マネースクウェア・ジャパンHD 1分足

(出所:株マップ.com

 1246円と1248円の間を往復しているだけのバーコードのような値動きです。一体どうしたの!?

■株価がバーコードになってしまったワケは?

 実は、マネースクウェアHDは、米国の投資会社、カーライル・グループ傘下の投資ファンドから1株=1250円でTOB(株式公開買付け)されることが2016年9月7日(水)に発表されたんです。これはいわゆるMBO(マネジメント・バイアウト)方式によるTOBです。

MBOとは、経営陣による買収、つまり、経営陣による自社株の買い取りです。今回は創業者株主の現代表取締役社長・相葉斉氏、現取締役・山本久敏氏が買収を行う「経営陣」に該当します。

 もっとも、経営陣による買収といっても、経営陣だけの資金力では自社株をすべて買い取るのは難しい場合が多いため、実際には経営陣が投資ファンドと提携して実施することが多いのです。今回のMBOでも、創業者株主の経営陣は米投資会社のカーライル・グループと提携しています。

そして、実際にTOBを行うのは、このために設立されたカーライル・グループ傘下の投資ファンド、株式会社インフィニティということになっています。

 買い付け期間は2016年9月8日(木)から10月24日(月)で、買い付け価格が1250円となっているため、先ほどのチャートのような株価&値動きになっているというわけなのです。

■これからTOBに便乗してボロ儲けはできる?

 ちなみに、買い付け開始の9月8日(木)には、前日の終値879円から一気にストップ高の1029円まで上昇、翌9月9日(金)には取引量も増え、終値は1245円に。そこからは、1243円~1248円の間でわずかに上下するのみです(10月3日(月)の前場には少しだけ1249円をつける場面もありました)

 1246円なら、ここでガッツリ買っておいて、TOBに応募して1250円で売却すれば、もしやボロ儲け…?と妄想してしまいますが、そううまくはいかないよう。

 というのも、まず、株を購入するには、わずかな例外はあるものの、通常は手数料がかかります。

 また、TOBに応じて株式を売却する場合は、決済できる証券会社が決まっており、自分が利用している証券会社がそこでないなら、株式の移管手続きをしなければならず、面倒という問題があります。面倒くさいことをするぐらいなら、TOB価格より少し安くても市場で売ってしまおうという投資家もいるわけです。

 さらに、株式移管にあたって手数料が必要になるケースもあります。

 ただ、今回、マネースクウェアHD株のTOBの決済を請け負うのはSMBC日興証券。こちらへの株式受け入れに関しては手数料がかからない模様。また、10万円以上の株式を移管する場合、手続きをすれば、移管元の証券会社に支払った手数料分をSMBC日興証券が負担してくれるサービスをやっているようではあります。

 このようにコストや手間の面を加味して、マネースクウェアHDの株価はTOB価格の1250円より少し手前の水準に落ち着いている、ということのようです。

■せっかくの東証一部上場をなげうってしまうメリットって?

 ところで、今回のMBOは株式を非公開にする目的で行われるとのこと。つまり、今後このMBOが順調に進めば、上場廃止!ということになるわけです。

 せっかく東証一部まで上りつめたのに、どうして!?とシロウト考えでは思ってしまうのですが、実は2010年以降、MBOによって上場廃止を行う企業が結構あるんです。細かい理由はもちろん企業によってさまざまですが、一般的な上場廃止のメリットはと言うと…

・短期的な株価変動や株主の要求に振り回されずに、長期的な視点で経営ができる
・経営判断が迅速に行える
・敵対的買収のリスクを排除できる
・上場維持のためのコストや株主への配当などの金銭的負担がなくなる

 といったことが挙げられます。

■M2Jの主要経営陣が上場廃止をめざす理由とは?

 では、マネースクウェアHDの主要経営陣は今回なぜ、MBOによる上場廃止をめざすに至ったのでしょうか? 同社のプレスリリースによる説明を、ものすごーくかいつまんでお伝えすると…

・これまでトラリピの手数料やディーリング収益で着実に利益を得てきた

・通常FX会社の敵とされる低ボラティリティの相場も、トラリピの改良によって収益チャンスとし、為替市場の変動が企業の業績に大きく左右されない努力をしてきた。

・しかし、さすがのトラリピも2015年のチャイナショックや2016年の英国EU離脱といった急変に振り回されて、事業環境が厳しい状況に!

・加えて、これまではスプレッド競争しかしていなかった他社が、M2Jの得意分野である発注機能サービスやら投資セミナーやらの分野に進出してきてしまった。

・よって、これまでのM2Jの優位性が盤石とはいい難い状況になりつつある…

 というのが現状。

 なるほど、外為オンラインの「iサイクル注文」を提訴する裁判を2015年2月からやっていますが、いまだ判決は出ず、その間にもリピート系発注機能を充実させるFX会社が増殖しています。

【参考記事】
「トラリピ」VS「iサイクル注文」第2ラウンド!? 未決着の訴訟を抱えたまま新たな訴訟提起
マネースクウェアが外為オンラインを提訴! FX業界に波紋! 特許は侵害されたのか!?

【参考コンテンツ】
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!:(4)リピート系発注機能【トラリピなど】

 そこで、マネースクウェアHDの主要経営陣はこの状況を脱却するために、

(1)オンラインで自動又は半自動の資産運用サービスを提供するロボトレーディングやロボアドバイザーといった最新 AI(人工知能)テクノロジーの実現、現行の「トラップトレード」等を超える革新的なシステムトレードやその他の魅力的な商品の開発

(2)FX取引を個人で始めることにまだ抵抗のある投資家に対して、対象者グループ(※)が自営するファンドを提供することにより、投資家が当該ファンドに投資するといった新たな運用ソリューションの提供

(3)優秀な人材の採用・育成による、顧客の運用パフォーマンスを上げるための優良な投資情報や富裕層の資産形成に資するコンサルティングサービスの提供

(4)国内の同業他社との差別化を図った海外商品の導入など、新たなトレーディング商品及び安定運用商品の提供

(5)これら(1)から(4)を取り込んだ新しい資産運用並びにそれらを管理する IT ツールの導入などといった施策を実施することにより、既存事業の拡大を図る

(※編集部注:マネースクウェアHDグループのこと)

 といったことを考えてるんだけど、自分たちだけではそのノウハウはないし、お金も時間もかかるから、上場してたら株価は下がるわ、株主にとやかく言われるわ…という危険性大。

 だったら、ノウハウを持っている会社と事業提携して、上場も廃止しちゃうのが一石二鳥! というわけで、今回のMBOに至ったようです。なるほど!

 それにしても、ここに掲げられている方針が実現されれば、かなり魅力的ですよね、マネースクウェア・ジャパン[M2JFX] 。上場廃止は残念ですが、これらの方針を最短距離で実現するには、このMBOがベストな選択だったのでしょう。マネースクウェアHDの相葉社長も、自身のブログで「お客さまへのサービスの更なる向上を図る『第二の創業』」と明言しています。

 また、上場廃止後に事業が安定してくると、再び上場を果たすというケースもあります。最近でも、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を運営する株式会社ユー・エス・ジェイが、再上場を検討していることが話題になっていますよね。2009年に経営不振により、やはりMBOによって上場廃止となったユー・エス・ジェイ。しかし、その後、順調に経営状態は回復し、今回の再上場検討に至ったそう。

 マネースクウェアHDも、今後の展開に期待したいと思います。

■トラリピやCFD投資に役立つ書籍&DVDがもらえる♪

 というわけで、今後の進化が楽しみなマネースクウェア・ジャパン[M2JFX]ですが、今なら新規口座開設+キャンペーンへのエントリーで、トラリピでのFX運用に役立つ書籍DVDがもらえる「これからトラリピを使ったFX取引をはじめる方へ! トラリピ取引応援新規口座開設キャンペーン」を実施していますよ! 

マネースクウェア・ジャパン[M2JFX]・「これからトラリピを使ったFX取引をはじめる方へ!トラリピ取引応援新規口座開設キャンペーン」

 2017年3月14日(火)までにマネースクウェア・ジャパン[M2JFX]の新規口座開設申込みを行い、2017年3月31日(金)までにキャンペーンへのエントリーを行うと、書籍『実践FX トラリピの教科書』(扶桑社刊)とDVD「徹底解説トラリピチャンネルDVD」がもらえます。

 また、マネースクウェア・ジャパンのCFD口座、[くりっく株365]への新規口座開設申込み+キャンペーンへのエントリー+新規入金30万円を行うと、現役ファンドマネージャーで、各種メディアでもおなじみの西山孝四郎氏のオリジナルDVDがもらえる「西山孝四郎氏オリジナルDVDプレゼント! M2J株価指数CFD新規口座開設キャンペーン」も同時に実施中です。 

マネ―スクウェア・ジャパン[くりっく株365]・「西山孝四郎氏オリジナルDVDプレゼント!M2J株価指数CFD新規口座開設キャンペーン」

 30年にわたる運用経験から導かれた西山氏の「投資の心得」は、まだCFD取引を行ったことがない方でもきっと学ぶところがあるはず。特に取引などの条件はないので、気になる方はひとまずマネースクウェア・ジャパン[くりっく株365]への口座開設&入金をしてみてはいかがでしょうか。

 なお、マネースクウェア・ジャパン[M2JFX]マネースクウェア・ジャパン[くりっく株365]は、それぞれ口座開設が必要となりますので、ご注意くださいね!

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、マネースクウェア・ジャパンのウェブサイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

>>>マネースクウェア・ジャパン[M2JFX]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください

(ザイFX!編集部・上岡由布子&井口稔)

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!/ザイ・オンライン関連情報

GMOクリック証券
YJFX![外貨ex]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.49114.51

USDJPY

ユーロ/円+0.34121.36

EURJPY

英ポンド/円+0.50143.99

GBPJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

  • 最大40,000円キャッシュバック(10万通貨以上の新規取引で。5万通貨では25,000円、1万通貨では10,000円。※新興国通貨除く)(先着150名)

    ・IG証券[ミニ取引](12月31日まで)

  • 最大40,000円キャッシュバック(100万通貨以上の新規取引で。50万通貨では25,000円、10万通貨では10,000円。※新興国通貨除く)(先着150名)

    ・IG証券[標準取引](12月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+最大15,000円キャッシュバック(セントラルミラートレーダーで200万通貨以上の新規または決済取引で。100万通貨以上の新規または決済取引では10,000円、30万通貨以上の新規または決済取引では5,000円、5000通貨の取引では1,000円。)

    ・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](12月30日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+最大15,000円キャッシュバック(セントラルミラートレーダーで200万通貨以上の新規または決済取引で。100万通貨以上新規または決済取引では10,000円、30万通貨以上の新規または決済取引では5,000円、5000通貨の取引では1,000円。)

    ・セントラル短資FX[ウルトラFX](12月30日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(シストレ24開設で)+最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで100万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。入金では1,000円)

    ・インヴァスト証券[シストレ24](12月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで100万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。入金では1,000円)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(シストレ24開設で)

    ・インヴァスト証券[トライオートFX](12月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)

    ・トレイダーズ証券[みんなのFX](12月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック+2017年版FX専用マリンカレンダー(英ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)

    ・ヒロセ通商[LION FX](1月1日まで)

  • 最大15,000円キャッシュバック(200万通貨以上の新規または決済取引で。100万通貨以上の新規または決済取引では10,000円、30万通貨以上の新規または決済取引では5,000円、5000通貨の取引では1,000円)

    ・セントラル短資FX[セントラルミラートレーダー](12月30日まで)

  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)

    ・JFX[MATRIX TRADER](1月1日まで)

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)

    ・FXプライム byGMO[選べる外貨](12月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★10,000円キャッシュバック

    ・DMM.com証券[DMM FX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(1万通貨以上の新規取引とアンケート回答で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全2回受講後、理解度テスト&アンケートに2回回答と新規口座開設で)

    ・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](12月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+3,000円キャッシュバック(くりっく365で3万通貨以上の新規または決済取引で)+為替手帳『FOREX NOTE 2017』(5万通貨以上の取引で)

    ・岡三オンライン証券[岡三アクティブFX](12月30日まで)

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+3,000円キャッシュバック(トレードコレクターのプレイヤー登録後、トレードコレクターにて1回以上の取引で)

    ・YJFX![外貨ex](12月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック

    ・外為ジャパンFX(1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★2,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規または決済取引で)+為替手帳『FOREX NOTE 2017』(5万通貨以上の取引で)

    ・岡三オンライン証券(くりっく365)(12月30日まで)

  • ★ザイFX!独自★2,000円キャッシュバック+書籍『世界一わかりやすい!FXチャート実践帳』(今井雅人著)(FXTFMT4で5万通貨以上の往復取引で)+3,000円キャッシュバック(FXTFMT4で10万通貨以上の新規取引で)

    ・FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1000通貨コース](12月30日まで)
    ・FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1万通貨コース](12月30日まで)

  • ★ザイFX!独自★3,000円分QUOカード+2,000円キャッシュバック(入金で)

    ・FXブロードネット[ブロードライトコース](終了日時未定)
    ・FXブロードネット[ブロードコース](終了日時未定)

  • 5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)

    ・トレイダーズ証券[みんなのシストレ/シストレ口座](12月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム






 
12月05日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門