為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

トランプリスク後退を察知!? リトマス試験紙
「メキシコペソ」は事前に上昇していた!

2016年11月07日(月)東京時間 12:46

■米大統領選で注目! メキシコペソ/円キャンペーン延長!

 以前、当コーナーでも紹介した外為どっとコムメキシコペソ/円(MXN/JPY)スプレッド縮小およびスワップ金利固定キャンペーン実施期間が、12月1日(木)まで延長されました。

【参考記事】
4.75%の高金利! カギはトランプ氏が握る!? 今、メキシコペソが注目されるのはなぜ?

外為どっとコムのウェブサイト
外為どっとコムのウェブサイト

 期間中、外為どっとコム[外貨ネクストネオ]メキシコペソ/円スプレッドは1.5銭原則固定、スワップ金利は1万通貨あたり6円固定で提供されます。

 メキシコペソ/円を取り扱っているFX会社は、そんなに数は多くないものの外為どっとコムのほか、主要どころだとヒロセ通商上田ハーローなどがありますが、それらのFX会社と比較しても、このキャンペーンスプレッドとスワップ金利は業界最高水準です。

 それにしても、なぜ外為どっとコムは、キャンペーンを延長するほどにメキシコペソ/円に注目しているのでしょうか? こう言ってはなんですが、メキシコペソなんて、普段だとさほど注目されることもないマイナー通貨ですよね?

 前回、このキャンペーンを紹介した記事でも触れましたが、実はメキシコペソ、米大統領選の動向に振り回される格好で、ここのところアクティブに動いているのです。それを知っていれば、このタイミングでメキシコペソに注目したくなる気持ちもわかります。

【参考記事】
4.75%の高金利! カギはトランプ氏が握る!? 今、メキシコペソが注目されるのはなぜ?

メキシコペソ/円 日足
メキシコペソ/円 日足

(出所:CQG)

■トランプリスクの警戒レベルが上がると、メキシコペソは?

 米大統領選の何がメキシコペソに影響を与えているのか? そのカギは、共和党候補であるドナルド・トランプ氏が握っています。

 これまでもトランプ氏は、過激な発言で幾度となく物議を醸してきましたが、数ある過激発言の中には、「不法移民の流入を防ぐため、メキシコとの国境に壁を作る必要がある」というものや「米国から雇用を奪うNAFTA(北米自由貿易協定)の再交渉を。ダメなら脱退する」というように、もろにメキシコに影響がありそうなものもあります…。

共和党候補のドナルド・トランプ氏

過激な発言でたびたび物議を醸すトランプ氏。「トランプリスク」への警戒感でマーケットは右往左往。大統領になったら本当に「国境に壁を作る」とか言い出しそう…
(C)Chip Somodevilla/Getty Images

 メキシコと米国は隣国ですし、経済的・人的な交流がさかんな国同士。もし、トランプ氏が大統領になり、本当に国境に壁を作ったり、米国がNAFTAから脱退したりしたら、メキシコ経済は大打撃を受けるでしょう。トランプ氏が大統領になったりしたら、メキシコ的には一大事…!

 ということで、ここ最近のメキシコペソは、トランプ氏が大統領選挙戦で優位との情報が流れると「トランプリスク」の高まりから下落、逆にヒラリー・クリントン氏が優勢と報じられると「トランプリスク」が後退して上昇、という傾向が強まっているのです。

 メキシコペソは、一部で、「トランプリスク」を象徴する通貨として注目されているとか…。ある意味、リトマス試験紙(アルカリ性とか酸性とかを判別できる理科の授業で使ったあの紙)的な指標になっているのかもしれません。

 このあたりのメキシコペソと米大統領選の関係性については、外為どっとコムでも「メキシコペソ/円のポイント」というコンテンツの中で、外為どっとコム総合研究所の神田卓也氏がわかりやすくまとめてくれています。興味がある方は、外為どっとコムのウェブサイトをチェックしてみてください。

外為どっとコムの「メキシコペソ/円のポイント」
外為どっとコムの「メキシコペソ/円のポイント」

■私的メール問題で、ヒラリー・クリントン氏がピンチ?

 さて、いよいよ米大統領選の本投票日、11月8日(火)が迫ってきましたが、10月28日(金)には「FBIがヒラリー・クリントン氏の私的メール問題について再捜査に乗り出した」などというニュースも飛び込んできたりして、大統領選の先行き不透明感はハンパない状況に陥っています。

 実際、この報道が米世論に与える影響は大きかったようで、11月1日(火)に公開された米ABCニュースとワシントン・ポスト紙の支持率調査によると、トランプ氏がクリントン氏をリードしたとの結果が報じられました。

 発表された支持率は、トランプ氏が46%でクリントン氏が45%と僅差ではあるものの、長らく大統領選を優位に進めていると見られていたクリントン氏が、本投票直前で苦戦を強いられているのかも…との憶測が飛び交いましたね。

 一連の報道を受けて…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 66532人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定キャンペーン実施中!

YJFX![外貨ex]

取引でTポイントが貯まる。今ならザイFX!限定3000円がもらえるキャンペーン中!

link

ザイFX!限定5000円!

サクソバンク証券

月曜早朝3時から取引可能!週末ニュースを収益チャンスに

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.21113.06

USDJPY

ユーロ/円+0.35120.11

EURJPY

英ポンド/円+0.92141.03

GBPJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム

 
02月20日更新









ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門