為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

マイナンバーによる本人確認が超簡単に!
最大2万8000円キャッシュバックも実施中

2016年12月06日(火)東京時間 14:42

 2016年1月のマイナンバー制度開始から1年が経とうとしています。まだ個人番号カード(マイナンバーカード)を取得していない人でも、マイナンバーが書かれた通知カードは受け取っているはずですよね。

 このマイナンバー、FX取引をする際にも関係してきます。2016年1月以降、FX会社が税務署へ提出する支払調書に顧客のマイナンバーを記載することが義務づけられ、口座を開設する際には、マイナンバーをFX会社に通知しなければ取引を始められなくなったからです。

【参考記事】
FXとマイナンバー(1) 心配無用! FX会社はマイナンバーを何に使うの?
FXとマイナンバー(2) 会社によって違う!? いつ、どうやってマイナンバーを通知する?
FXとマイナンバー(3) ついに発見! マイナンバー確認書類提出が不要な会社

 マイナンバーの提出になんとなく面倒くささを感じて、口座開設をためらっている人もいるかもしれませんが、そんな中、GMOクリック証券から「マイナンバー制度対応オンライン本人確認サービス」というちょっと気になるサービス開始のニュースが発表されました。

「マイナンバー制度対応オンライン本人確認サービス」のプレスリリース

 今回のザイスポFX!はこのニュースを中心にお届けします。

■個人番号カードでFX口座開設が簡単になる

GMOクリック証券のリリース内容を紹介する前に、マイナンバー制度の基本をおさらいしておきましょう。

 マイナンバーで混同しがちなのが、「通知カード」と「個人番号カード」です。

通知カード(左)と個人番号カード(右)
通知カード(左)と個人番号カード(右)


(出所:総務省ホームページ)

 キャプチャ左の薄い緑色のカードが通知カードで、住民票を持っている人には必ず送付されています。ここに記載されている12桁の数字がマイナンバー。番号の確認はこの通知カードでもできますが、身分証明書としては使えません。

 一方、キャプチャ右の個人番号カードは、通知カードを受け取ったあと、申請して発行してもらうカードです。こちらは裏面にマイナンバーも記載されていて、写真つき身分証明書としても利用できます。

 FX会社では、口座開設の際に、必ず本人確認が必要になります。GMOクリック証券でも、12桁のマイナンバーと本人確認書類(写真ありの場合は1点、写真なしの場合は2点)の提出が義務付けられています。

本人確認に必要な書類
本人確認に必要な書類

 しかし、個人番号カードがあれば、表面が写真ありの身分証明書になっており、裏面にはマイナンバーが記載してあるので、この1枚で本人確認が済んでしまうのです。上の表を見ると、本人確認は個人番号カードの表面、マイナンバー確認は個人番号カードの裏面になっているのがわかると思います。

■口座開設とほぼ同時にサービス利用が可能に

 では今回、GMOクリック証券が始めたという「マイナンバー制度対応オンライン本人確認サービス」というのはどのようなものなのでしょうか?

 一言でいえば、個人番号カードを持っていれば、ICカードリーダーにかざすことで面倒なスキャン作業やメールでのやり取りなしにFX口座がつくれるようになるというサービスです。

「マイナンバー制度対応オンライン本人確認サービス」のフロー図

 これまでも郵送に加え、メール送信やウェブ経由のアップロードという方法は用意されていましたが、メールにしろアップロードにしろ、デジカメでの撮影やスキャンが必要といった手間がかかりました。

 デジカメでの撮影で写真が反射して見にくかったり、スキャンが薄くて字が読み取れなかったりすると、再送しなければいけなくなることもあります。

 今回のGMOクリック証券の新サービスは、ICカードリーダーに個人番号カードをかざすだけで、電子データとして本人確認が完了するため、口座開設手続きをオンライン上のみで完結させることができます。これにより、ユーザーは口座開設とほぼ同時にサービスの利用が可能になるわけです。これは証券業界初!だそうです。

 ちなみに、2015年末時点でFX口座を持っていた人は、2018年末まで3年間の猶予期間が設けられていて、当面はそのまま取引を続けられますが、いずれにしても2年後までにはマイナンバーをFX会社に告知する必要が出てきます。

【参考記事】
マイナンバーとFX、税金絡みで関係アリ!? 2015年内に口座開設した方が良い理由は?

 やはり何らかの方法で、マイナンバーを使った本人確認の方法は確保しておくほうがよさそうですね。

■意外とお手頃価格のICカードリーダー

 個人番号カードをかざすだけで本人確認が終わるということで、口座開設にかかる時間を劇的に短縮できるこのサービスですが、唯一のネックといえるのが、ICカードリーダーを自前で用意する必要があることです。

 確定申告でe-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用している人なら、すでにICカードリーダーを持っていると思いますが、そうでない場合、「わざわざICカードリーダーを購入するのはコストもかかるし面倒だ」と思う人がいるかもしれません。

 けれども、インターネット通販サイトなどで調べてみると、マイナンバー対応で非接触型のICカードリーダー・ライターは3000円から5000円程度と、意外とお手頃価格であることがわかりました。安価なものでは2000円台半ばの機種も……。

 ICカードリーダーは、SuicaやnanacoといったICカードの残高を確認することができたり、履歴を保存できたり、対応機種によっては自宅でクレジットカードからICカードにチャージできたりと、あればあったで便利に活用できます。

 また、今後、マイナンバーによる本人確認が定着していけば、活用できる場面が増えることも考えられます。この機会に購入を検討してみてもいいのではないでしょうか。

 せっかくなので、GMOクリック証券の最近のトピックとキャンペーンにも…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 69277人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
DMM.com証券[DMM FX]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.34111.90

USDJPY

豪ドル/円-0.0983.57

AUDJPY

トルコリラ/円+0.0031.27

TRYJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム







 
05月22日更新



ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門