FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

社名変更でイメージ一新! スプレッドも
業界トップタイ。ザイFX!限定特典も強化!

2016年12月08日(木)東京時間 14:21

 FXトレーディングシステムズ(略称:FXTS)が2016年12月1日(木)付けで社名を変更しました。新社名はFXブロードネットFXブロードネットというのは、FXトレーディングシステムズが提供しているFXサービスの名前でした。

【参考記事】
検証:FXTSは想像以上に1000通貨取引が低コストだった。図書カード3000円分も魅力

 もともとサービス名の「FXブロードネット」が会社名のようだったのでそのまま会社名にした……のかどうか定かではありませんが、社名変更前はザイFX!では「FXブロードネット・ブロードライトコース」と「FXブロードネット・ブロードコース」と記していた口座名は、社名変更に伴い[ブロードライトコース][ブロードコース]というふうにシンプルになり、覚えやすくなりました。

 今回のザイスポFX!はこの社名変更に関連した話題を中心にお届けします。

■社名変更を機にサイトリニューアル

 社名変更に伴って変わったものといえば、まずはウェブサイトです。こちらが、FXトレーディングシステムズ時代のトップページです。

社名変更前のウェブサイト
社名変更前のウェブサイト

 よくいえば安定感がありますが、若干オーソドックスでインパクトが足りないという印象も……。一方、社名変更でリニューアルしたウェブサイトのトップページがこちら。

社名変更後のウェブサイト
社名変更後のウェブサイト

 かなりすっきりとしたスタイリッシュなデザインになりました。全体的に明るくなり、画像やビジュアル要素が大きくなって、初心者でも親しみやすい雰囲気が出たように感じます。

 リニューアルといえば、7月にはYJFX!のウェブサイトがリニューアルして、やはりスタイリッシュに生まれ変わったのをご記憶の読者もいると思います。

【参考記事】
「課題解決型FX宣言」でアカデミー開校!? ボーナスキャンペーンも始めたFX会社は…

 FX各社とも、新規顧客獲得のために親しみやすさを重視するようになってきているのかもしれませんね。

■業界最狭クラスのスプレッドが魅力

 親しみやすさという点で、FXブロードネットの売りになっているのがスプレッドの狭さです。

 以前は米ドル/円以外のスプレッドは狭いという印象がなかったFXブロードネットですが、社名変更前の2016年9月5日(月)に大幅なスプレッド縮小を実施しています。

【参考記事】
スプレッドが6分の1に縮小したって本当? あのFX会社の大幅スプレッド縮小に2つの謎

 このときスプレッドが縮小されたのは、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、ユーロ/米ドルの5通貨ペアでした。これらの通貨ペアの現在のスプレッドは以下のとおりです。

FXブロードネットの取扱通貨ペアで縮小されたスプレッド

 実際にFXブロードネットがどのくらいの位置にランクしているのか、最新の数値を比較してみます。まずはユーロ/円から。

業界トップ水準の「ユーロ/円」スプレッド比較(2016年12月8日現在)
業界トップ水準の「ユーロ/円」スプレッド比較(2016年12月8日現在)

(※)スプレッドはすべて例外あり。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:ユーロ/円が取引できるFX会社はここだ![ユーロ/円スプレッドの狭い順]

原則固定がついていないだけで、0.5銭は業界最狭クラスです。

 次に英ポンド/円です。

業界トップ水準の「英ポンド/円」スプレッド比較(2016年12月8日現在)
業界トップ水準の「英ポンド/円」スプレッド比較(2016年12月8日現在)

(※)スプレッドはすべて例外あり。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:英ポンド/円が取引できるFX会社はここだ![英ポンド/円スプレッドの狭い順]

 こちらもトップ水準で、違いは原則固定のあるなしだけですね。

 続いて豪ドル/円はどうでしょうか。

業界トップ水準の「豪ドル/円」スプレッド比較(2016年12月8日現在)
業界トップ水準の「豪ドル/円」スプレッド比較(2016年12月8日現在)

(※)スプレッドはすべて例外あり。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:豪ドル/円が取引できるFX会社はここだ![豪ドル/円スプレッドの狭い順]

インヴァスト証券[トライオートFX]の強さが目立ちますが、FXブロードネットの両口座もやはり原則固定ではないもののトップと並ぶ数字です。

 次はNZドル/円です。

業界トップ水準の「NZドル/円」スプレッド比較(2016年12月8日現在)
業界トップ水準の「NZドル/円」スプレッド比較(2016年12月8日現在)

(※)スプレッドはすべて例外あり。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:NZドル/円が取引できるFX会社はここだ![NZドル/円スプレッドの狭い順]

インヴァスト証券[トライオートFX]に代わって、ヒロセ通商[LION FX]JFX[MATRIX TRADER]が台頭していますが、FXブロードネットの両口座はここでも原則固定ではないもののトップタイに入っています。

 最後はユーロ/米ドルです。

業界トップ水準の「ユーロ/米ドル」スプレッド比較(2016年12月8日現在)
業界トップ水準の「ユーロ/米ドル」スプレッド比較(2016年12月8日現在)

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:ユーロ/米ドルが取引できるFX会社はここだ![ユーロ/米ドルスプレッドの狭い順]

 こうして見てくると、原則固定ではないものの、スプレッドを縮小したすべての通貨ペアで、FXブロードネットがトップタイになっていることがわかります。

 一新したサイトデザインだけでなく、スプレッドも初心者にとっては大きな魅力と言えそうですね。

 もうひとつ、FXブロードネットの特徴として挙げられるのが…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 71967人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定キャンペーン実施中!

YJFX![外貨ex]

取引でTポイントが貯まる。今ならザイFX!限定3000円がもらえるキャンペーン中!

link

1万円+限定5000円がもらえる!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.14109.28

USDJPY

ユーロ/円+0.12128.43

EURJPY

英ポンド/円-0.13140.69

GBPJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム






 
08月14日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門