FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

11月は恐怖の絶頂だった!? 株も為替も
大きく動いている今こそCFDに大チャンス!?

2016年12月15日(木)東京時間 14:14

■国内CFDシェアNo.1のGMOクリック証券

 FX取引の要領で、原油や金といった商品から、米国株、中国株といった外国株、各国株価指数などを取引できるCFD

【参考コンテンツ】
NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較! 

 国内CFD取引シェアNo.1のGMOクリック証券では、この1年で取扱銘柄を約40銘柄も増やすなど、このところますます、CFDに力を入れているようです。

【参考記事】
わずか1050円で商品投資が可能! 下落を続ける天然ガス相場で儲ける方法
原油レバ3倍ETNは1カ月で153%も上昇!! おもしろいCFDが34銘柄も一挙に増えた!
5341ドルから16ドル台まで約2年で暴落!? CFDの新銘柄がとんでもない件について 

GMOクリック証券CFD・国内シェアNo.1

 GMOクリック証券のCFDは、値動きの元となる参照原資産によって、株価指数CFD商品CFDバラエティCFD株式CFDの4種類に分類されています。

 参照原資産をもう少し詳しく紹介すると、株価指数CFDは日経平均やNYダウといった株価指数先物や、株価指数連動型ETF(上場投資信託)、商品CFDは原油や金、大豆といった商品現物や商品先物、バラエティCFDはハイレバレッジ型ETFやETN(上場投資証券)、REIT型ETF、その他指数先物、そして、株式CFDは米国株と中国株が、それぞれ参照原資産となっています。 

GMOクリック証券・CFDの種類(参照原資産とレバレッジ)
GMOクリック証券・CFDの種類(参照原資産とレバレッジ)

■11月のCFD売買代金ランキング発表!

 2016年12月中旬現在、GMOクリック証券では137銘柄のCFDを取り扱っていますが、どんな銘柄が活発に売買されているのか、毎月売買代金ランキングを発表してくれています。

 せっかくですから、2016年11月のCFD売買代金ランキングはどのようになっているのか、チェックしてみましょう。

GMOクリック証券CFD・2016年11月売買代金ランキング
GMOクリック証券CFD・2016年11月売買代金ランキング

 まずは、全取扱CFD銘柄の総合ランキングを見てみると、1位・日本225、2位・原油、3位・米国30となっています。

 おおむね毎月の上位3銘柄をこの順位でこの3銘柄が占めているのですが、9月と10月の首位は「原油」だったんです。実は、日経平均に連動する銘柄である「日本225」が、売買代金ランキングで首位を明け渡したのは、2014年12月にランキング公開が始まって以来初めてのことです。

【参考記事】
CFD国内シェアNo.1の会社で総額100万円相当のCFD銘柄関連賞品がもらえる!

■9月、10月は「原油」に何があった?

 9月と10月の「原油」に、いったい何があったのでしょう。GMOクリック証券・CFDのチャートを見てみましょう。

GMOクリック証券・原油CFD 日足
GMOクリック証券・原油CFD 日足

 チャートの背景が水色の部分が9月、オレンジの部分が10月になります。値動き自体は、確かに上下しているものの、その前の6月や7月に比べて大きく動いているようには見えません。しかし、OPEC(石油輸出国機構)の減産の有無をめぐる報道が何度もありましたので、そういったニュースを踏まえて、活発に売買がなされたのかもしれませんね。

 原油は個人投資家が取引する手段がそれほど多くありません。原油先物を取引できる会社もありますが、GMOクリック証券が以下の表で比較しているとおり、先物は取引単位がかなり大きく、手軽な感じではありません。

GMOクリック証券CFD・先物取引との比較

 上表の東京原油先物は、相場関連のニュースによく出てくるWTI原油先物ではなく、円建てですし、単位が「バレル」ではなく、「キロリットル」。東京原油先物の価格がいくらと聞いても多くの人はピンとこないのではないでしょうか。

 また、東京証券取引所には原油のETFが上場されており、WTI原油ETF(1671)という銘柄もあります。しかし、これも円建てであるため、米ドル/円相場の影響を受けてしまい、多くの人が知っているWTI原油先物の値動きとは異なっているのです。

 その点、GMOクリック証券・CFDの原油は参照原資産がWTI原油先物ですから、多くの人が慣れ親しんでいる価格と値動きです。取引単位もそれほど大きくありません。そんなこんなで、原油のニュースを聞いたトレーダーが手軽に原油を取引する手段として、CFDはピッタリなのかもしれませんね。

 ちなみに、先のチャートにも表示しましたが、12月10日(土)にはOPECで15年ぶりに協調減産が合意に達し、それを受けて原油価格が急騰しました。

GMOクリック証券・原油CFD 日足(再掲載)
GMOクリック証券・原油CFD 日足

 11月には米大統領選の影響による株価高騰で、「日本225」CFDに売買代金首位の座を奪還されてしまった「原油」ですが、12月にはまた一矢報いるのでしょうか?

GMOクリック証券CFD・日本225 日足
GMOクリック証券CFD・日本225 日足

■原油価格の2倍動くCFD銘柄って!?

 また、GMOクリック証券には、商品CFD以外にも原油関連の銘柄が用意されています。バラエティCFDに分類される「原油ブル2倍ETF」「原油ベア2倍ETF」です。

 ちなみに以前は「原油ブル3倍ETN」と「原油ベア3倍ETN」という銘柄も扱っており、11月の売買代金ランキングではバラエティCFD部門で5位と6位になるほど活発に取引されていたのですが、12月7日(水)をもって廃止となってしまいました。

GMOクリック証券CFD・「原油ブル3倍ETN」と「原油ベア3倍ETN」廃止のお知らせ

 「原油ブル2倍ETF」や「原油ベア2倍ETF」はレバレッジETFを参照原資産としたCFD。レバレッジETFとは、ベンチマークとなる株価指数や商品などの1日の値動きに対して、レバレッジ倍率に応じたパフォーマンスを目指して運用されるETFです。

 よって、「原油ブル2倍ETF」であれば、「原油価格の1日の値動きに対してて2倍の値動きを目標」とし、「原油ベア2倍ETF」であれば、「原油価格の1日の値動きに対して-2倍の値動きを目標」にする、というわけです。

 ですから当然、上昇局面であれば「ブル」銘柄が有利、下落局面であれば「ベア」銘柄が有利になります。もっとも、CFDの場合は「売り」から取引することもできますので、下落局面でも「ブル」銘柄を売っていれば、問題ないとも言えますが…。

 では、「原油」と「原油ブル2倍ETF」では、実際にどのくらい値動きが変わってくるのでしょう。GMOクリック証券の集計によると、2012年2月9日~2016年3月4日の約4年1カ月のうち、価格の前日比変化率を、6段階で示したものがこちらのグラフ。 

GMOクリック証券CFD・前日比変化率の分布
GMOクリック証券CFD・前日比変化率の分布

 参考までにすでに廃止となってしまった「原油ブル3倍ETN」も入っていますが…。「原油」に比べて「原油ブル2倍ETF」は前日比で5%以上価格が上下した日の割合が、約3.8倍となっています。これを見ただけでも、値動きの大きさがよくわかりますね。

 ここぞというタイミングのときに取引できれば、短期間で大きな利益を得られる可能性もある!? 「原油ブル3倍ETN」、「原油ベア3倍ETN」なき今、「原油ブル2倍ETF」、「原油ベア2倍ETF」への注目度がアップしそうですよね!?

■11月は恐怖の絶頂だった!? 「米国VI」って何?

 さて、11月の売買代金ランキングに戻りましょう。続いてバラエティ部門のランキングをチェックしてみると、首位だったのは、「米国VI」CFDでした。

 「米国VI」はVIX先物、つまりボラティリティ指数を参照原資産としたCFDです。ボラティリティ指数は株式市場が不安定な時ほど高くなる、別名「恐怖指数」と呼ばれるもの。言われてみれば、11月の米大統領選は、市場を恐怖に陥らせたというイメージが…。「米国VI」CFDの値動きは、どんなものだったのでしょうか。 

GMOクリック証券・「米国VI」CFD 日足
GMOクリック証券・「米国VI」CFD 日足

 まさに、米大統領選開票日は恐怖の絶頂!という感じになっていますが、その前から大統領選をめぐる攻防で、かなり上下していますね。活発に売買されたことがうかがえます。

■Apple社のCFDがランキング首位に返り咲いた理由は?

 そして最後は、外国株CFD部門のランキングです。ここでは米Apple社が、4カ月ぶりに首位に返り咲きました。「Apple」CFDのチャートはこんな感じ。 

GMOクリック証券・「Apple」CFD 日足
GMOクリック証券・「Apple」CFD 日足

 トランプ氏の当選でIT産業の前途が危ぶまれたこともあり、Appleの株価自体は決して芳しくなかったようです。しかし、10月下旬から日本でも電子決済「Apple Pay」のサービスが始まったこともあり、話題性の高さによって、GMOクリック証券・CFDトレーダーの間では、盛んに売買されたのかもしれませんね。

 「買い」からも「売り」からも取引できるCFDのメリットを生かし、下落局面で外国株を「売る」という戦略も取れますので、トレードの幅がグッと広がりますよ。

■最大1万円がキャッシュバックされるキャンペーンも!

 CFD、なんだかおもしろそうだな~、と思った方、今ならGMOクリック証券では、CFD口座の新規開設+条件達成で、最大1万円がキャッシュバックされるキャンペーンも実施しています! 

GMOクリック証券CFD・1万円キャッシュバックキャンペーン

 2017年2月28日(火)までにGMOクリック証券のCFD口座を新規開設し、証券CFD銘柄と賞品CFD銘柄をそれぞれ1回以上取引すると、もれなく1000円がもらえます。

 さらに、新規取引の回数が5回以上になれば、キャッシュバックが2000円に、10回以上になると3000円にアップ! 

GMOクリック証券CFD・キャッシュバックキャンペーン条件
GMOクリック証券CFD・キャッシュバックキャンペーン条件

 また、ここまでの条件をクリアした人の中から、抽選で100名に、さらに7000円がキャッシュバックされ、合計で最大1万円がもらえます!

GMOクリック証券CFD・抽選で100名に7000円プレゼント

 抽選で100名って、どんなもんなのでしょう…。参考までに、CFD口座を新規開設する人がどれくらいいるのか、日本証券業協会のデータから推測してみたいと思います。

 日本証券業業界の「店頭CFD取引状況」のデータで、2016年3月末と9月末のCFD口座数を比較すると、約7000口座増加しています。もちろん、純粋にこの数字が新規口座開設数を表しているわけではありませんが、キャンペーン期間と同じ3カ月間に、3500口座くらいCFD口座が新規開設されるというイメージでしょうか。

 ただし、3500口座すべてがGMOクリック証券ではないでしょうし、GMOクリック証券の口座開設は、CFD口座だけでなく、FX口座や証券口座その他も同時に開設できるため、CFDをやるつもりがなくてもCFD口座の開設をしてしまう方もいるでしょう。

 となると、抽選で100名というのはもしかすると、意外と高倍率なのかも…? チャレンジできそうな方はぜひ、10回以上の取引で、チャンスを広げてみてはいかがでしょうか。

 今後、トランプ政権が開始するにあたって、株も為替もまだまだ動きそうであると、ザイFX!のコラムでも日々連載されています。

【参考記事】
米国株の過熱感はリーマン前と同レベル!今後、「トランプ大恐慌」が来る可能性大!(2016年12月14日、陳満咲杜)
「トランプラリー終焉」との表現に違和感。 NYダウは2万ドル、ドル/円は120円へ上昇!(2016年12月8日、西原宏一)
米長期金利上昇の背景に国債の投売り!米ドル/円が、著しく上昇したのはなぜ?(2016年12月8日、今井雅人)

 今こそ、FXだけでなく、CFDにも目を向けてみるチャンスかもしれませんよ!?

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、GMOクリック証券のウェブサイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

>>>GMOクリック証券・CFD口座の最新スペック詳細はこちら

(ザイFX!編集部・上岡由布子)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 72054人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.05109.63

USDJPY

豪ドル/円-0.1686.55

AUDJPY

NZドル/円-0.3679.41

NZDJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
08月21日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門