為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

トランプ氏の記者会見で何かわかる!?5円
以内の下落ならドル/円のトレンド変わらず

2017年01月11日(水)東京時間 15:14

■少しサポートラインを割り込んでも「売りシグナル」ではない

 トランプ新大統領決定後の値動きで、米ドル/円は、大きく上昇している。ボックス相場「緑の破線」を上抜けして「買いシグナル」を発し、急騰している。

 4時間足チャートを見ると、トランプ新大統領決定後の急上昇の過程では、新高値を更新するたびに、「買いシグナル」を発しながら、上昇している。 

米ドル/円 4時間足(再掲載、クリックで拡大)
米ドル/円 4時間足

(出所:ヒロセ通商

 調整の下落で、例えば、114.00円近辺から111.50円近辺まで、大きく急落するような場面もあったのだが、俯瞰して見ると、一本調子で上昇を続けている

 この上昇は、当初は、4時間足チャートに示したサポート・ライン(1)「ピンクの破線」に従っていた、と考える。

 このサポート・ライン(1)「ピンクの破線」を割り込んだのだが、それをもってすぐに「売りシグナル」とは判断できない、と考えた。

 このサポート・ラインの傾きを緩やかに修正することで、「売りシグナル」が発生しない可能性がある、と考えたからだ。

 その後の実際の相場を見ると、事前に想定したように、サポート・ラインの傾きを徐々に、緩やかに修正する必要がある、と考える。

 今回の4時間足チャートには、サポート・ライン(1)「ピンクの破線」と、その後に修正したサポート・ライン(2)「ピンクの破線」、さらに修正したサポート・ライン(3)「ピンクの破線」そして、さらに修正したサポート・ライン(4)「ピンクの破線」を表示している。

 その後の相場が、大きく急落しない場合は、再度、その傾きを緩やかにして、修正することになる。

 つまり、少しくらいこのサポート・ライン「ピンクの破線」を割り込んでも、それがすぐに「売りシグナル」と判断できない、ということだ。

■時間がたてば急騰の原因が判明するのではないか

 もう少し説明を加える。

 今後、しばらくの期間は、このようにサポート・ラインの傾きを修正するケースが続く可能性がある。

 当面のところ、米ドル/円が驚くほど大きく下落する場合は、サポート・ラインを割り込んでの「売りシグナル」と判断するべきだが、それ程大きくない下落の場合は、サポート・ラインの傾きを緩やかに修正するだけで、「売りシグナル」ではない、と考える。

 つまり、今のところ、米ドル/円の上昇が持続している状態・状況、と考える。

 驚くほど大きく下落する場合とは、「明白に、このサポート・ラインを割り込んだ」と、判断できるような値動きを指す。

 そう考えると、現在の値動きの場合は、3円以上、もしくは、5円以上の急落を意味することになりそうだ。

 今のところ、高値は118円台を付けている。

 今回の101円台から118円台への急上昇は、通常の相場の説明では、何が起こっているのか、解説しきれない、と考える。

 しかし、理由は何であれ、17円以上も短時間で急騰しているのだから、時間が経過すれば、相応の原因が判明するのではないか、と考えている。

■トランプ新大統領の政策は理屈では米ドル安・円高だが…

 トランプ新大統領が、どういった政策を採るのか、また、実際に混乱が起こるのか、今のところは不透明だ。

 それは、実際にトランプ大統領が就任してからでないと、誰にもわからない事柄だ、と考える。

 ただ、トランプ候補が、その政策に挙げていたのは、保護主義的な政策であり、そう考えると理屈では、外国為替に関して米ドル安・円高政策の可能性が高い、と考える。

 ごく目先は、米国大統領選挙の後で、思惑ばかりが先行している。

 金融市場は、そういった思惑に振り回されて、混乱している様子が伺える。慎重に、臨む必要を感じている。

■2016年12月FOMC結果を材料に一段と「米ドル買い」に

 先月(2016年12月13日、14日)のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、事前予想で、0.25%の利上げが確実視されていた。

 事前予想どおりに、利上げが実施された。

 マーケットには、「今回のFOMCで0.25%の利上げが実施されてから、来年(2017年)も、断続的に利上げが実施されるだろう」といったコンセンサスがあった。

 「その利上げのスピードがどの位になるのか?」言い換えれば、「1回の利上げが0.25%と仮定して、来年(2017年)は、何回利上げするのか?」が、注目点になっていた。

 先月(2016年12月13日、14日)のFOMC直前の予想では、今年(2017年)の利上げを、2回とする向きが主流だった。

 つまり、今年(2017年)の利上げは、0.5%程度と考える市場参加者が多かった訳だ。

 今回のFOMCを経て、「今年(2017年)の利上げは、3回」がコンセンサスになった。

 つまり、今年(2017年)に、0.75%の利上げが実施されるだろう、と考える向きが主流になった。

 今回のFOMC前の予想よりも、今年(2017年)に想定される利上げ幅が、0.25%大きくなったことになる。

 このことを材料に、一段と「米ドル買い」が進んだ。

■調整の下落を狙っての米ドル/円売りは避けるべき

 米国大統領選挙後は、米ドル/円の上昇が激しいのだが、その勢いは、まだ、収まっていない、と考える。

 101円台から、118円台にまで急騰したのだから、今後、相応の調整局面を迎える時が来ることは、間違いないのだが、「その調整局面が、いつ来るのか?」は、事前には、誰にもわからない。

 また、その調整の値幅(=どれ位の調整下落になるのか?)は、事前には、誰にもわからない。

 そういった調整を狙っての「米ドル売り・円買い」は、忌避するところだ。

 どうしても、何かするのならば、ストップ・ロス・オーダーを付けての「米ドル買い・円売り」と考える。

■本日のトランプ氏の記者会見で何かわかるかも?

 いよいよ、待ちに待った(?)「トランプ新政権」への記者会見が、今日(1月11日)行われる。

 「待ちに待った」と書いたのは、トランプ氏に期待しているのではなく、トランプ氏の描いている新政権の政策について、「少しはわかるところがあるのではないか?」と期待しているのだ。

 本当に、メキシコと米国の国境に「万里の長城」を築くつもりなのか? トランプ氏の発言は、冗談なのか本気なのか、わからないところがたくさんある。

 米女優のメリル・ストリープ氏が、トランプ氏を名指ししないまでも、暗に示唆して、トランプ氏の言動を批判した。

 メリル・ストリープ氏の発言は、最も至極である。

 米国を代表する政治家(人々への影響力がある次期大統領)が、肢体不自由の人(ハンデキャップのある人)のまねをして、揶揄(やゆ)することは、間違っている。そういった、いわゆる「偉い人」が、そのような行動をすると、「そのような態度を取っても良いのだ」と、「お墨付き」を与えてしまうことが困るのだ、と述べている。

 トランプ氏は言い訳のような反論をしているが、メリル・ストリープ氏の言うとおりで、トランプ氏は、さっさと謝罪する方が得策だろう。

 間違った場合に間違いを認める方が、ポピュリズムにかなうからだ。
今の日本を見ても、同じことが起きている、と感じる。

 いわゆる「日本の偉い人」は、責任を取らない。間違っても、知らぬ存ぜぬで、責任の所在すら不明確だ。現在の日本の国政を見てもしかり、都政を見てもしかり、と感じてならない。

 閑話休題。トランプ新政権の話題に戻す。

 トランプ新政権の発足は1月20日(金)だが、今日(1月11日)に、トランプ次期大統領の記者会見がある。

「トランプ次期大統領が、どの程度、具体的な内容を発言するのか?」「次期政権の政策が、どのようなものになるのか、何かしらのヒントがあるのではないか?」

 そういった期待感がある。

今日(1月11日)のトランプ次期大統領の記者会見は、注目度大だ。

(2017年1月11日 東京時間11:00記述)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 68626人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](4月30日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](4月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+最大10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](5月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](6月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[ウルトラFX](6月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](5月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](4月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](4月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引で+1,000円、10万通貨以上の新規取引で+1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で+1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](5月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.16111.41

USDJPY

豪ドル/円+0.3483.42

AUDJPY

トルコリラ/円+0.1431.33

TRYJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム






 
04月24日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門