FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

陳満咲杜氏監修、欧米流プライスアクション
がMT4チャート上へ表示できるように!

2017年05月02日(火)東京時間 13:20

■[FXTF MT4]とザイFX!の共通点がまた1つ増えた!?

FXトレード・フィナンシャルと言えば、以前は2種類あった裁量取引口座を、2016年7月にMT4(メタトレーダー)口座の[FXTF MT4]に一本化。

【参考記事】
こじるり起用から矢継ぎ早に改革進行中! 10通貨ペア追加で裁量口座はMT4一本化

[FXTF MT4]に狭スプレッドで10通貨ペア追加! トレードバトルでは“まさと”が再び…

 また、2016年11月にはミラートレーダー口座もサービス終了し、システムトレードができる口座も[FXTF MT4]に一本化、ということになりました。

【参考記事】
相次ぐミラートレーダー廃止の裏に何が? ミラトレ難民を救ってくれるFX会社はどこ?

 それもこれも、MT4口座のサービス向上に注力するため。ですから、通貨ペアの追加や、1000通貨単位取引の[FXTF MT4・1000通貨コース]主要通貨ペアのスプレッド縮小キャンペーンなど、次々と改善を行ってきました。

 そして、何よりチカラを入れてきたのはオリジナルインディケーターのリリースです。中には、元ディーラーで衆議院議員の今井雅人さんや、脱サラスイングトレーダーのひろぴーさん、そして、カリスマ個人トレーダーのボリ平さんなど、ザイFX!でもおなじみの面々が監修したインディケーターも!

【参考記事】
MT4にボリ平ドラゴン式チャートを導入! 米ドル/円も0.3銭原則固定のトップ水準!
「ひろぴー式MT4チャート」とRCIを導入! FXTFのMT4はオリジナルインジが魅力!
FXで5000万円以上儲けた今井雅人氏のリアルタイムの相場観をMT4へ表示できる!
アタック25形式(?)で通貨ペアの相関が一目瞭然! 米ドル/円と高い相関があるのは?
通貨の強弱がひとめでわかる!  FXTFがまたまたMT4オリジナルツールを導入!
超充実のインディケーターやツールでFXTFのMT4がさらに使いやすくなった!

 ここまででも、ザイFX!でおなじみのトレーダーと、[FXTF MT4]オリジナルインディケーター監修者のリンク率がかなり高かったと思うのですが、今月(2017年4月)、さらにもう1人、ザイFX!に連載中の方が[FXTF MT4]インディケーター監修者となりましたよ!

 毎週金曜日にコラムを執筆してくださっている、陳満咲杜さんです!

FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]・陳満咲杜氏セミナー資料

 陳さんが監修した[FXTF MT4]オリジナルインディケーターは、「FXTF Price Action」ザイFX!のコラムでもいつも、「相場のことは相場に聞け!」を提唱している陳さんですから、この「FXTF Price Action」も相場の声を聞くためのヒントとなるサインを示してくれるインディケーターになっています。

 なお、「プライス・アクション」という言葉は、プライスボードの値動きを見ながらトレード判断を行う手法において「プライス・アクションを見る」というように使われたりすることもありますが、今回の「FXTF Price Action」は複数のローソク足、またはトレンドの中で一定の形状となったローソク足が示すサインのことを指しています。

■重要なのは“欧米流”のテクニカル分析!

 「FXTF Price Action」のリリースにともない、FXトレード・フィナンシャルのウェブサイトでは、陳さんの動画セミナー「FXプライス・アクション理論」が公開されています。

 この動画セミナーで陳さんが解説しているのは、「欧米流プライスアクション理論」。「FXTF Price Action」は、この「欧米流プライスアクション理論」に基づいたサインがチャート上に表示されるインディケーターです。

 日本でももちろんFXトレードは盛んですが、やっぱり市場の中心はまだまだ欧米。1年前のデータになりますが、国際決済銀行の資料によると、2016年4月の1日当たりの外国為替の平均取引高の国別ランキングは、1位が英国で2兆4060億ドル、2位が米国で1兆2720億ドル日本は5位ですが、3990億ドルと、英国、米国とは大差がついています。

 ですから、欧米流のチャート分析を学ぶことは、世界基準の手法を身につける、ということになるんですね。

 動画の説明によると、「日本の罫線分析と欧米流プライスアクション理論は、本質的には違いはないが、日本生まれの罫線分析が『いろんなパターンをあらかじめ抽出してルーティン化したもの、つまり終値と始値との関係、そして前後の特定の罫線の組み合わせでパターン化されたもの』であるのに対し、欧米流プライスアクションは『終値と始値の関係よりも、前後の流れや高値・安値の更新力を重視したもの』」と言えるそうです。

[FXTF MT4]陳氏動画セミナー「FXプライス・アクション理論」資料より、欧米流と日本流の違い
[FXTF MT4]陳氏動画セミナー「FXプライス・アクション理論」資料より、欧米流と日本流の違い

■「FXTF Price Action」では何が表示される?

FXトレード・フィナンシャルの「FXTF Price Action」インディケーターで表示されるサインは、

・スラストアップ、スラストダウン
・ランウェイアップ、ランウェイダウン
・スパイクハイ、スパイクロー
・リバーサルハイ、リバーサルロー
・インサイド、アウトサイド

 の10種類。陳さんの動画セミナーでは、この10種類のサインについての詳細や、サインを利用したトレード方法について解説されています。せっかくなのでここでも簡単に紹介しておきましょう。

■「スラスト」と「ランウェイ」はトレンド継続のサイン

 まず、「スラストアップ」「スラストダウン」ですが、「スラストアップ」は前日の高値より当日の終値が高い状態、「スラストダウン」は前日の安値より当日の終値が低い状態を指します。

FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「スラストアップ&スラストダウン」
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「スラストアップ&スラストダウン」

スラストアップが連続して発生することは、上昇トレンドの継続を示唆、スラストダウンが連続して発生することは、下降トレンドの継続を示唆しています。

FXトレード・フィナンシャルウェブサイトより「連続スラストアップ&連続スラストダウン」
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「連続スラストアップ&連続スラストダウン」

 次に、「ランウェイアップ」「ランウェイダウン」です。

 「ランウェイアップ」は、当日の高値が過去〇日間の高値より高く、当日の安値がその後の〇日間の安値より低い状態を指します。この〇日というのは任意の日数になりますが、「FXTF Price Action」では5日に設定されています。

 そして「ランウェイダウン」は、当日の安値が過去〇日間、つまり、「FXTF Price Action」では過去5日間の安値より低く、当日の高値がその後の5日間の高値より高い状態を指します。

FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「ランウェイアップ&ランウェイダウン」
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「ランウェイアップ&ランウェイダウン」

 そして、「ランウェイアップ」、「ランウェイダウン」のサインから、トレンドの強さや継続性を測ることができるということなのです。

■「スパイク」と「リバーサル」はトレンド転換を示唆

 続いては、「スパイクハイ」「スパイクロー」です。

 「スパイクハイ」は高値が前後数日の高値より明確に高く、終値が安値に近い、「スパイクロー」は安値が前後数日の安値より明確に安く、終値が高値に近い、つまり形としては、いわゆる「上ヒゲが長い足」「下ヒゲが長い足」になります。

FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「スパイクハイ&スパイクロー」
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「スパイクハイ&スパイクロー」

 そして重要なのが、「スパイクハイ」の前は上昇トレンド、「スパイクロー」の前は下降トレンドであるということ。トレンド中に「スパイク」のサインが現れたら、トレンド転換する可能性が高いということです。

 2016年は米ドル/円相場で「スパイクロー」の好例が2つも見られたと、動画の中で紹介されていますが、その資料はこちら。

[FXTF MT4]陳氏動画セミナー「FXプライス・アクション理論」資料より「スパイクロー」の例
[FXTF MT4]陳氏動画セミナー「FXプライス・アクション理論」資料より「スパイクロー」の例

 左の「スパイクロー」は英国EU離脱が決定した国民投票の際の値動き、そして、右の「スパイクロー」はトランプ氏が当選した米大統領選挙の際の値動きです。

 そのままトレンド転換しているお手本のような事例の右の「スパイクロー」に比べて左側はトレンド転換しかけたもののまた元のトレンドに戻りかけていますが、陳さんの解説によると、ポイントは「スパイクロー」の際の安値を更新できていないことだそうです。

 そして、もう1つのトレンド転換を示唆するサインは、「リバーサルハイ」「リバーサルロー」

FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「リバーサルハイ&リバーサルロー」
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「リバーサルハイ&リバーサルロー」

 「リバーサルハイ」は、上昇トレンドにおいて高値更新したものの、前日の終値もしくは安値より低く大引けした状態、反対に「リバーサルロー」は、下降トレンドにおいて安値更新したものの、前日の終値や高値より高く大引けした状態です。

■エントリータイミングを計れる「インサイド」と「アウトサイド」

 最後に紹介する、「FXTF Price Action」インディケーターで表示されるサインは、「インサイド」「アウトサイド」です。

 「インサイド」はいわゆる「はらみ線」、「アウトサイド」は「かぶせ線」のこと。「インサイド」は当日の高値・安値が前日の高値・安値の中にすっぽり収まっている状態、「アウトサイド」は当日の高値・安値が前日の高値・安値からはみ出している状態です。

 日本のチャート分析と異なる点は、前日と当日の足が陰線か陽線かということは関係なく、単純に収まっているか、もしくはみ出しているかだけを見るということだそうです。

 そして、この「インサイド」と「アウトサイド」はトレンドフォローにおいてエントリーのタイミングを計るのに使えるそうです。詳しくは、陳さんのセミナー動画で解説されていますので、知りたい方はFXトレード・フィナンシャルのウェブサイトをチェックしてみてくださいね。

 それでは、ここまでに紹介したサインが…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75212人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で3000円!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

イメージキャラクター深田恭子さん! 無料オンラインセミナーは初心者に人気!

link

ザイFX!限定キャンペーン実施中!

YJFX![外貨ex]

取引でTポイントが貯まる。今ならザイFX!限定3000円がもらえるキャンペーン中!

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.29111.49

USDJPY

ユーロ/円+0.49132.28

EURJPY

ユーロ/米ドル+0.00141.1864

EURUSD
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム







 
11月20日更新

 
11月17日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門